おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ
スポンサードリンク

今の職場から転職したいと考えている方の中には、転職エージェントを利用して転職先を見つけたいという方も多いのではないでしょうか。

一般の転職サイトとは異なり、自分の経験・スキル、適性に合わせて求人を紹介してくれる転職エージェントは魅力的ですよね。

しかし、ご存じのように転職エージェントには様々な会社・種類があるため、自分一人でエージェントを選ぶことが難しいと感じている人も多いでしょう。

そこで今回は、転職エージェントのうち、最も最適で自分に合った転職エージェントを見つけるためのポイントや、転職エージェントを利用する際の基礎知識を解説しています。

この記事を読むことで、実際に転職エージェントを通して転職活動を始めることができます。悩んでいる人は、ぜひ活用してください。

ぼっち

ボク、転職エージェントを利用して転職先を見つけたいんだよね。

でも、結構種類多くて…何を選べばよいかわからないや。

はかせ

ぼっちよ、転職エージェントを選ぶポイントって、なんだと思う??

ぼっち

だから、そういうのいいって言ってるだろ!!!

 

この記事では転職エージェントをご紹介します!

この記事では、一般的な転職求人が掲載されている転職サイトをご紹介していません。転職エージェントではなく、転職サイトランキングをご覧になりたい方は、下記記事をぜひ参考にしてください。

>>おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

また、転職活動のやり方や転職エージェント自体がまだよく分かっていないという方は、下記記事を最初に読むことをおすすめします。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

INDEX

転職エージェント選びのポイント|総合型・特化型の違い

転職エージェント選びのポイント|総合型・特化型の違い
はかせ

転職エージェントには、総合型エージェントと特化型エージェントの2つの種類があるんじゃ。

それぞれ使い方やメリットが異なるのじゃが、同時に使うことがイチバンおすすめじゃぞ。

ぼっち

転職エージェントといっても、掲載している企業や業界はぜんぜん違うんだね。

転職エージェントを利用する人が最初におさえておくべきポイントは、「転職エージェントの種類は2つある」ということです。

転職エージェントは、総合型転職エージェントと、特化型転職エージェントに分類することができます。そして、これから転職活動を始める人は、この総合型と特化型、両方のエージェントを活用することが必要です。

総合型転職エージェントと、特化型転職エージェントの特徴を見ていきましょう。

 

総合型転職エージェントとは?

総合型転職エージェントとは、「すべての業界・職種・業種」に関して多くの求人を掲載している転職エージェントのことです。

総合型転職エージェントは、営業職や企画職、事務職などの一般的な職種のほか、資格を活かした転職活動をする転職者でも登録するべきものです。

総合型転職エージェントのメリット

  • 業界に限らず大量の求人を掲載している。
  • 現職の業界以外の転職先も提案してくれる。

 

総合型転職エージェントのデメリット

  • 特定の業界に関する深い知識が足りない場合がある。

 

できるだけ多くの求人を見たほうが良い条件の求人が見つかる可能性が高くなるため、特殊な業界の転職者でも、総合型への登録は必ずしておきましょう。

 

総合型転職エージェントの選び方

総合型転職エージェントの選び方は、とにかく複数の転職エージェントを活用することと、大手で掲載求人数の多い転職エージェントに登録することが大切です。

また、総合型でも利用者としているターゲット層が少しずつ異なるため、自分の現状の年収や役職に合わせて、利用する転職エージェントを変えることも必要です。

ただし、通常はこの記事でご紹介している総合型転職エージェントのうち、4社に登録しておけば問題ないでしょう。

 

特化型転職エージェントとは?

特化型転職エージェントとは、業界や年齢、職種・業種などの属性ごとに登録すべき転職者が分かれる転職エージェントのことです。

総合型と比較して、掲載する求人数は負けますが、その分特定業界での転職を考えている人にとっては、効率的に希望する転職先を見つけることができることが特徴です。

総合型転職エージェントと同時に登録しておくことが、最も効果の高い使い方でしょう。

特化型転職エージェントのメリット

  • 業界ごとの動向に詳しいエージェントが相談にのってくれる
  • 業界ごとに特有の選考方法や面接対策をサポートしてくれる

 

特化型転職エージェントのデメリット

  • 案件数が総合型に比べてかなり少ない
  • 案件数が少ないため、担当エージェントが強く求人を進めてくるケースがある

 

特化型転職エージェントへ登録しておけば、転職したい業界や職種・業種が決まっている人が効率的に好条件の求人を見つけることができます。

総合型と併用する場合にも、同じ時期に紹介された求人を比較することができるため、より自分の希望に沿った求人を見つけるヒントになるでしょう。

 

特化型転職エージェントの選び方

各業界・業種・職種ごとに、利用できる特化型転職エージェントは限られます。総合型と比べ、それぞれの業界に特化したエージェントは少ないため、1社〜2社程度にしぼって登録することをおすすめします。

各業界・業種のおすすめ転職エージェントは、TOPページより見つけることができます。

あなたが転職を考えている業界で登録すべき転職エージェントを見つけましょう。


転職エージェントは、総合型を使う場合でも特化型を使う場合でも、2つ以上を並行して使うことが最も効率的です。

総合型で多くの求人候補を紹介してもらいつつ、業界特化の求人も調べることが、転職成功の最大のおポイントになります。

 

転職エージェントを最大限活用するための方法

転職エージェントを最大限活用するための方法
はかせ

転職エージェントを利用するときでも、自分で準備しないといけないことがたくさんあるんじゃ。

転職エージェントを最大限活用するための方法を学ぼう!

ぼっち

ただ受け身なだけだと、せっかく登録しても転職はうまくいかないんだね。

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントを平行して使うことが転職成功の最大のポイントであることは、先ほど述べた通りです。

しかし、転職エージェントのそもそもの使い方・流れが分からなかったり、有効に活用したりするノウハウを知ることも、スムーズに転職活動を進めるために重要なポイントです。

ここでは、転職エージェントを使う際に欠かせない「活用するための方法」を見ていきましょう。

 

1 転職エージェントの登録後の流れを知る

「転職エージェントを使うと、どのように転職活動が進むのか?」を頭の中で理解しておくだけで、計画性が高まり転職活動のモチベーションもアップします。まずは、転職エージェントを利用した転職活動の流れを知りましょう。

転職エージェント登録後〜内定までの流れ

  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 登録後、それぞれの転職エージェントの担当者から連絡が来る
  3. 担当エージェントに、いまのあなたの仕事と経歴、希望を伝える
  4. エージェントと面談し、転職の希望条件を話す
  5. 求人を紹介してもらい日程調整
  6. 一次・二次面接後にフィードバック(どの点が良かったか?悪かったか?の明確化)
  7. 最終面接で給与交渉をしてもらう
  8. 内定が出る(出なかった場合4に戻る)

転職活動の期間は、ほとんどの場合2ヶ月〜6ヶ月のスケジュールになります。エージェントとの面談も含めて、転職活動用のスケジュール帳を用意すると良いでしょう。

 

2 転職エージェントに相談する方法を知る

転職エージェントに相談できる内容は各種エージェントによって様々なものがありますが、基本的に転職時の悩みには親身になって相談にのってもらえることができます。

転職エージェントに相談するためには、エージェントの連絡先に連絡を入れるほか、登録後すぐに行われる電話・直接の面談で相談することもできます。

 

3 最初の転職面談で話すことを決めておく

登録後、あなたの経歴やスキルを知り、希望条件を把握するために担当のエージェントと転職面談が行われます。この際は、「お客さん」として臨むのではなく、「相談にのってもらう」という感覚で面談に望みましょう。

転職面談では、あなたの希望する条件を現実的に伝える必要があります。そのため、エージェントとの面談前に、下記の項目について事前に連絡をしておきましょう。

担当エージェントに送るあなたの情報

  • 会社名・部署名・役職
  • 業務内容
  • 経験・スキル
  • 希望勤務地
  • 希望する仕事内容
  • 希望年収
  • その他休日などの労働条件

エージェントは、あなたの経歴やスキルを元に、イチバン最適な求人を選んでくれます。そのため、できる限り細かくあなたの情報を教えておくことが大切です。

 

4 転職エージェントを複数活用する

この記事でも何度か説明している通り、転職エージェントを複数活用することが重要です。複数活用するべき理由は、下記の通りです。

転職エージェントを複数活用すべき理由

  • 転職エージェントによって掲載する企業の種類が異なる。
  • 担当者によって対応の質にバラつきがある。
  • 総合型・特化型の両方を利用できる。
  • 参考にできる求人が増えるので、その分希望する求人が見つかる確率が高くなる。

転職エージェントを複数活用したとしても、強制的に面談スケジュールを入れられることはありませんし、転職で不利になることもありません。

転職成功の確率を少しでもアップさせるために、転職エージェントの複数活用を徹底しましょう。

 

5 担当者の質に差があるので違和感を感じたら交代してもらう

転職エージェントの最大のデメリットは、「担当してくれるエージェントの質に差がある」ということ。同じ会社の営業職でも実力に差があるように、同じ転職エージェント会社でも人材に差があります。

もし、対応の態度や連絡の頻度に違和感を感じるのであれば、担当者を交代してもらう旨を連絡したり、ほかの転職エージェントを使ったり…といった対応が必要です。

こちらも人生を左右する決定をするわけですから、遠慮する必要はありません。

しかし、転職エージェントは「転職意欲の高い人」を優先的に対応することを忘れてはなりません。こちらから連絡を返していない場合には、定期的に連絡を入れるなど、ビジネスマナーを徹底しましょう。


転職エージェントを上手に活用するためには、転職活動の全体の流れをよく知ることと、担当者に相談する内容を細かく準備しておくこと。

転職エージェント側も、転職自体に前向きで情報を共有してくれる転職者を優先します。希望する条件の求人を紹介してもらうために、ご紹介した活用法を実践してみてくださいね。

 

総合型転職エージェントおすすめランキング

はかせ

総合型転職エージェントのおすすめは下記のとおりじゃ!

  1. ランキング中から、自分に合った総合型エージェントを2〜3つ選ぶ。
  2. 特化型エージェントに1〜2社登録する。

この2つができれば、転職成功の確率がグッと高まるぞ!

ぼっち

特徴や使うべき人を参考にすれば、何が最適なのか分かるね。

じっくり読んでみよっと。

総合型転職エージェントには、どんな業界・職種・業種に転職する人であっても登録が”必須”です。ここでは、合計8つの総合型転職エージェントをご紹介しています。

最低でも、2つ以上のエージェントを選び、転職活動を有利に進めていきましょう。

 

1位 リクルートエージェント|イチバン最初に登録しておくべき転職エージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

 

2位 DODA|転職を何から始めるべきかがわからない人向け!

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

出典:https://doda.jp/

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。

業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

  • キャリアカウンセリングを希望する方。
  • 履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。
  • 自分にあった企業がなかなか分からない方。

 

3位 パソナキャリア|求人数の多いエージェントに登録しておきたい人向け!

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/

『パソナキャリア』の特徴

パソナキャリアは、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。パソナキャリアであれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動に不安や漠然とした心配がある方。
  • キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。
  • 信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

 

4位 ワークポート|転職相談をしっかりしながら転職したい人向け!

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

ワークポートの特徴

25歳〜29歳の転職者に特に利用されている転職サービス『ワークポート」の特徴は、転職相談をしてくれるエージェントの質の高さにあります。年収300万円の方々の利用者が60%を超えており、親身に転職に関する相談にのってくれます。

登録後、面接の日程等を調整し面談。その後は、面談の内容をもとに求人の案件を紹介してもらえます。(面談は電話でも可能です)『ワークポート」を活用すれば、多少転職に不安があっても安心です。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動に不安がある転職希望者の方。
  • 年収があまり高くないが、信頼感のある転職サービスを活用したい方。

 

5位 マイナビエージェント|20代におすすめ!

マイナビエージェント

引用:マイナビエージェント

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

 

6位 BIZREACH(ビズリーチ)|年収600万以上の転職者向け!

https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0AFLB0000003_PC_&utm_source=aflb&utm_medium=affiliate&utm_campaign=aflb&utm_content=bizreach-07&trflg=1

出典:https://www.bizreach.jp/ 

『ビズリーチ』の特徴

『ビズリーチ』は人材紹介型の転職サービス。転職エージェントによるサポートを基本として、転職活動→採用を進めていくことができます。

年収600万円以上のキャリア・経験がある方であれば、ヘッドハンターや転職のコンサルタントから好条件の求人を紹介してもらうことができます。

どんな人にオススメ?

  • 年収600万円以上でキャリアを再開したいビジネスパーソン。
  • 厳選された求人やヘッドハンティングによる求人を受けたい方。
  • 自分の専門分野を活かし、転職先には好条件のキャリアを求める方。

 

7位 JACリクルートメント|外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職向け!

JACリクルートメント

http://www.jac-recruitment.jp/

『JACリクルートメント』の特徴

ミドル世代(30〜40代)の転職者へのサポートに強いのが特徴。さらにグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数掲載されています。管理職・営業・ITエンジニアなどの専門職の求人が特に多いです。転職コンサルタントが無料でしっかり求人探し・面接等のサポートしてくれます。

どんな人にオススメ?

  1. 海外勤務や外資系企業への転職を希望している方。
  2. 管理職などのハイキャリア転職を希望している方。
  3. 自分の専門分野を活かし、転職先には好条件のキャリアを求める方。

 

8位 ハタラクティブ|東京近郊の20代向け!

https://hataractive.jp/lp/120aa/00/00/00/?a=b007

出典:https://hataractive.jp/

『ハタラクティブ』の特徴

『ハタラクティブ』は、東京近郊の求人案件を多数掲載している転職サービス。対象エリアは、東京、埼玉、神奈川、千葉。首都圏近郊で正社員求人をお探しの転職者が活用できます。

『ハタラクティブ』の最大の特徴は、フリーターの方や既卒の方、その他理由により離職していたり、職歴のなかったりする方でも求人相談ができるところ。自身の履歴に不安がある方でも、多数の案件を紹介してもらえるでしょう。

どんな人にオススメ?

  • フリーターや既卒、離職中や職歴なしなどの方。
  • 首都圏での正社員求人を探している方。
  • 職歴や条件に不安があり、相談しながら転職活動をしたい方。

 

おわりに|自分に合った転職エージェントを見つけよう

おわりに|自分に合った転職エージェントを見つけよう
はかせ

使い方を知り、最適な転職エージェントを選ぶことが転職成功のカギじゃ!

ぼっち

はかせ、ありがとう!

おかげで転職活動が始められそうだよ!

はかせ

ところで、うちのラボで働かない?

ぼっち

お断りします。

今回は、転職エージェントのうち、最も最適で自分に合った転職エージェントを見つけるためのポイントや、転職エージェントを利用する際の基礎知識を解説してきました。

転職エージェントは、一般的な転職サイトとは異なり、転職者であるあなたをサポートしてくれる味方になってくれます。しかし、ただ受身の姿勢では転職活動を成功させることができません。

今回の記事を参考にして頂き、最大限転職エージェントを活用できるように準備しましょう。

スポンサードリンク