ビズリーチの特徴口コミ・評判は?利用できる転職者の条件・年収

ビズリーチの特徴口コミ・評判は?利用できる転職者の条件・年収
スポンサードリンク

「ビズリーチ」を活用して転職活動を始めようと考えている方へ向けて、このページではビズリーチに関する口コミや評判のほか、具体的なサービスの特徴やサポート内容を分かりやすく解説しています。

転職は、一人で始めようとするととても不安になります。しかし、自分が使うエージェントの内容をよく知った上で有効活用することができれば、心強い味方になります。

転職者の方が少しでも気楽に、確実に転職活動を進めることができるよう、「必要な情報」「知りたい情報」に絞って「ビズリーチ」の解説記事をご用意しました。

この記事を参考に、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

この記事では、転職スカウトサービス「ビズリーチ」の特徴と口コミを解説していますが、「そもそも転職活動ってどうやるの?」という悩みを抱えている方は、下記記事を参考に転職活動の準備を始めてみましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25
ぼっち

はかせ、転職エージェントの「ビズリーチ」って、どんな特徴があるの??

はかせ

ぼっちよ、これから登録するつもりなのか!

では、登録してから困らぬよう、ビズリーチについて必要な情報を詳しく解説していくぞ!

必要な情報だけを読んでいってもよい。この記事を最大限活用してみるんじゃ!

「ビズリーチ」の特徴は優良企業に特化したスカウトサービス

ビズリーチ

引用:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチの特徴・総評

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。

また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

自分で求人を探すことはできませんが、ヘッドハンターへの相談などを含めて、希望条件の求人が見つかるまでサポートをしてもらうことができます。

在職しながら転職活動をしたいが仕事が忙しい人や、年収アップ転職のためにできる限り効率的に転職活動を進めたい方が登録すべきスカウトサービスです。

評価内容
運営会社 株式会社ビズリーチ
掲載求人数 非公開求人:約38,000件
スカウト・オファー機能 即戦力を求める企業からのオファーを受けることができる機能アリ
サポート内容 ・年収600万円以上の転職者向けのハイキャリア専用のスカウトサービス
・スカウト機能で好条件の求人がメールで送られてくる。
・ヘッドハンターに相談し高条件求人を紹介してもらえる
・無料会員・有料会員があるが、無料で利用することが可能
・管理職・エグゼクティブ向けの良質求人を見つけることが可能
はかせ

「はかせのワンポイントアドバイス」!

ビズリーチは年収600万円以上の管理職・エグゼクティブ人材向けの会員制スカウトサービスなんじゃ。

ほかの転職エージェントや転職サイトでは見つけることができない、高待遇・好条件の求人を紹介してもらうことができるぞ!

ヘットハンターとのやり取りに制限はないため、自分が満足の行く求人が見つかるまで利用することが可能なんじゃ。

ぼっち

「ワンポイントアドバイス」って、自分で言うのか。。。(呆然)

…あ、今すぐ登録したい人は、下のボタンから登録できるよ!

「ビズリーチ」はどの地域で使える?

「ビズリーチ」はどの地域で使える?
ぼっち

年収600万円以上のある程度キャリアを積んだ転職者が活用すべき転職サービスなんだね。

でも、自分の地域で使うことはできるのかな??

はかせ

ビズリーチが転職求人を紹介できる地域は下記のとおりじゃ!

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する転職スカウトサービス。

高年収向けに特化した会員制サービスであるため、少々使うのにハードルが高いと感じるかもしれませんが、「無料会員」でも求人を紹介してもらったり、求人に応募したりすることが可能です。

また、各都道府県ごとにハイキャリア向けの求人を揃えているため、どの地域でも求人を見つけることが可能です。

ビズリーチでは、唯一無二の高い技術力・製品力を持つ地方企業や地方での新しい働き方を生み出す自治体、地域復興に熱意を傾けるNPO法人などの人材採用をサポートしております。ご自身がお持ちの経験やスキルを存分に発揮できる場所を見つけ出すためにも、一度、地方の企業や自治体等の求人もご覧いただければと存じます。

出典:7割が「やりがいがあれば、別地域での勤務になっても転職を前向きに検討」/ニューリーのスキャナー技術が世界を変える(BizReach Regional)- BIZREACH

地域によって求人数には差がありますが、ほかの転職エージェント・サイトと併用して活用すれば、「転職先が見つからない」ということはまずあり得ないでしょう。

ビズリーチの対象地域一覧

■北海道地方

北海道

■東北地方

青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

■関東地方

茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県

■中部地方

新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

■近畿地方

三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県

■中国地方

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

■四国地方

徳島県・香川県・愛媛県・高知県

■九州地方

福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

■その他

海外求人も取り扱われています。

すべての地域で利用できます!すぐに登録したい方は下のボタンをクリック&タップ!

 

口コミから学ぶ「ビズリーチ」のメリット・デメリット

「ビズリーチ」のメリット・デメリット
ぼっち

でも、やっぱりどんな転職サービスにもメリット・デメリットがあるはずだよね。

はかせ

それは確かにその通りじゃ!

では、メリットとデメリットに分けて、「ビズリーチ」の特徴を見ていこう!

ここでは、ビズリーチを転職活動で活用することのメリット・デメリットを解説していきます。

スカウトサービスであるビズリーチは、一般の転職サイトやほかの転職エージェントと比べて、仕組みや活用法が細かな部分で異なります。

まずは、ビズリーチの良い点・悪い点を冷静におさえていきましょう。

ビズリーチのメリット

ビズリーチのメリットは下記の通りです。

1 高年収を目指す人が活用しやすいシステム

ビズリーチはCMやニュース、Web広告で「高年収向け」をうたっているスカウトサービスです。そのため、掲載している求人や転職支援をおこなうヘッドハンターのレベルが高いことが特徴のひとつ。

スカウトだけではなく、登録者から連絡できるヘッドハンターの質も実績や評判が明らかになっている状態で活動しているため、求人の質がとても高いです。

2 外資系・海外系の求人が豊富である

外資・海外系の求人が豊富である点も、ビズリーチの大きな魅力になります。

外資系は「即戦力を求めている」というイメージをお持ちの方は結構多いと思いますが、そのイメージ通り、外資・海外系企業は即戦力人材を求めています。

そのため、あなたが記入した職務経歴書&スキル欄を見て、正式なスカウトを外資・海外系の企業から受け取ることが可能です。

また、一般求人情報サイトでは公開されない「非公開求人」も豊富にあるため、入り口が狭く転職者にとって魅力的な条件の求人を焦らずに見つけることが可能です。

3 有料会員で多くのハイキャリア求人のスカウトを受け取れる

会員登録自体は無料でおこなうことができ、求人情報を見たりスカウトの確認をすることができます。

ただし、余裕があるのであれば有料会員登録をすることで、より多くの機能を使うことが可能です。

また、有料にすることができている分、ヘッドハンターと転職者の両方にメリットのある転職が可能になっています。

有料会員は「タレント会員」「ハイクラス会員」に年収別で分かれており、30日間でそれぞれ「2,980円(税抜)」「4,980円(税抜)」がかかります。

有料会員になると「プラチナスカウト」と呼ばれる秘匿性の高い求人に自ら応募したり、スカウトを受け取れるようになるため、「できるだけ早く転職活動を成功させたい!」と考えている方は有料会員をおすすめします。

すぐに転職活動を終わらせれば、それほど費用はかかりませんし、ほかの転職サイトの求人に応募して移動費や時間を割く機会費用を考えれば、むしろ安く済むでしょう。

4 スカウト機能で手間を掛けずに求人を見つけることができる

職務敬礼書や希望条件などはあらかじめ会員登録時に記入することになるため、企業側やヘッドハンターがあなたの経歴を知り、そのままスカウトをもらうことができます。

高年収人材であっても、自分を転職市場で売り込むのは個人では不可能に近いです。

しかし、ビズリーチではシステムとして「有能な人材から転職できる」ようになっているため、条件にあった求人を探すことが可能になります。

もちろん、匿名性に関しては心配いりません。

企業やヘッドハンター側は、実際にあなたがアクションを返すまで名前が伏せられますし、あなたが属している企業に名前を見られないように特定の企業から閲覧できないように設定することも可能です。

 

ビズリーチのデメリット

下記では、ビズリーチを利用することのデメリットを解説しています。

1 募集要項で求められるスキルは高い水準である

会員登録自体はそれほど難しいことはありませんが、掲載されている求人は当然ながら高い水準のものが多いです。

登録画面では特に年収額に制限があるわけではないものの、「年収500万円未満」以下の設定はないため、だいたいそのくらいの年収額の方が使うサービスと見て間違いありません。

もちろん、無料会員に登録してみるだけならまったく問題ないので、近い年収の方であれば、一度登録してみることをおすすめします。

自分からガツガツ売り込んでいくサービスではないため、年収アップを目指すなら400万円〜の年収の方でも登録しておくべきでしょう。

2 ヘッドハンターの利用には注意が必要である

ビズリーチには「ヘッドハンター検索」という機能があります。

この機能は、希望条件や経歴を入力すると、その条件に該当するヘッドハンターが一覧で表示される仕組みになっています。

そこから気になるヘッドハンターに連絡を取り、相手が「この人に求人を紹介できる」と判断すれば、そこからほかの転職エージェントと同様に電話及び対面で面談をおこなうことができます。

しかし、ヘッドハンターは有料会員にならなければならないため、コストがかかります。

また、ヘッドハンターは運営会社が抱えている人材ではないため、良い・悪いの見極めが単純にはいかないこともデメリットになります。

ただし、ヘッドハンターには評価・実績の欄があるので、そちらの評価を見ることで対策を立てることができるでしょう。

3 ビズリーチだけでは物足りない場合もある

ビズリーチは各地域の高年収求人を紹介しており、ヘッドハンターやスカウトなどの機能を利用することができるため、ほかの転職サイト・転職エージェントと比べても質が高いといえます。

ただし、もっと幅広く業界を見たい方や、未経験業種への転職を検討する方は、「リクルートエージェント」などの大手転職エージェントを利用したほうが良い場合があります。

おすすめ記事:リクルートエージェントの特徴・口コミ・評判!地方の人でも利用できる?

リクルートエージェントの特徴・口コミ・評判!地方の人でも利用できる?

2018.01.30

 

「ビズリーチ」がおすすめの転職者は?

「ビズリーチ」がおすすめの転職者は?
ぼっち

結局、ビズリーチはどんな転職者が使うべきなんだろうね?

はかせ

まとめると…

  1. 年収アップ転職を考えている人
  2. ほかの転職サイト・エージェントにはない求人を見つけたい人
  3. 経歴(キャリア)に自信がある人

におすすめじゃ!

1 利用できる転職者の年収について

先ほども解説した通り、ビズリーチの会員登録時には年収制限は特にありません。

しかし、実際に求人を覗いてみると、「500万円以下」の求人はほとんどないことがわかります。そのため、利用できる転職者は「年収400万円以上」が最低ラインになるでしょう。

ただし、500万円未満で登録したとしても、それはあなたの今の職場が適正な給与を支払っていないだけかもしれません。

そのため、自分の市場価値を試す意味でも、無料会員に登録してみるだけでメリットがあります。

2 利用できる転職者の地域について

記事冒頭でもご紹介した通り、利用できる転職者に地域の制限はありません。

また、一般的な大企業や外資系企業だけではなく、地方の専門分野に特化した企業や、ほかとは一線を画す取り組みをしている自治体、NPO法人などへの求人もあるため、選べる求人は豊富にあります。

3 利用できる転職者の職種・業種・業界

どんな業界・業種・職種の方であっても、ビズリーチを利用することは可能です。

中には、自治体やNPO法人など、マネジメントスキルや特定業界の深い知識が求められる求人もあるため、「自分のスキルをほかの業界・組織で活かしたい」と考えている方が利用しやすいと思います。

4 利用できる転職者の転職理由

ビズリーチは高年収向け求人を主に紹介しているため、とにかく年収アップを目指す方やキャリアアップを目指す方が使うべきスカウトサービスになります。

転職する理由には様々なものがあると思いますが、「これまでの地位に甘えず新たな一歩を踏み出したい」…そんな前向きなハイキャリア人材が使うべきサービスといえるでしょう。

 

「ビズリーチ」の効果的な活用法

「ビズリーチ」の効果的な活用法
ぼっち

ビズリーチを実際に転職活動で使うときに、注意しなければいけないことってなんだろう?

はかせ

ビズリーチは、しっかり利用しようとするなら「有料会員」で利用するべきかもしれん。

お金をかけずに求人を探したいのであれば、ほかの転職エージェントと併用するのもひとつの方法じゃろう。

ここでは、ビズリーチを転職活動で最大限活用するための注意点や方法について解説していきます。

ビズリーチは、ほかの転職サービスにはないコンセプトをもとに運営されているため、あなた自身の転職目的や条件によっては、ほかのサービスを活用することも検討すべきでしょう。

1 「転職相談」をしたいなら総合型転職エージェントを併用する

ビズリーチでは、ほかの転職エージェントと同様に、ヘッドハンターにサポートしてもらいながら転職活動を進めることができます。

しかし、エージェントサービスではないため、ラフな感覚で転職相談をすることはなかなかできないのも事実です。

もちろん、転職活動は何となくおこなうべきものではありませんが、「キャリア相談も兼ねてエージェントサービスを使いたい」と少しでも思う方は、ほかの転職エージェントと同時に活用するのもひとつの方法になります。

特に、どんな業界へ転職したいかがまだしっかり決まっていない方や、転職に悩みを感じている方は、より幅広く業界を見ることのできる転職エージェントを利用しましょう。

ほかの転職エージェントは、下記記事から比較することができます。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

2 希望条件記入や職務経歴書作成は必ずおこなうこと

ビズリーチは、スカウトサービスの特性上、あなたがしっかり経歴やスキル、希望条件を記入することが前提になります。

中途半端に記入した状態では、いつまでも希望通りのスカウトが来ない可能性があります。

そのため、職務経歴書を書くための自己分析や、作成のための基礎知識は必ずおさえておくことが大切です。

職務経歴書の書き方については、下記記事が参考になります。

おすすめ記事:職務経歴書の書き方と基本ルール!転職で企業に受かるための全知識

職務経歴書の書き方と基本ルール!転職で企業に受かるための全知識

2017.12.30

3 転職サイトを活用して転職求人の相場を知ること

ビズリーチに限った話ではないのですが、転職エージェントやスカウトサービスを利用する際の裏技として、転職サイトを同時に利用する方法があります。

すでに希望する企業や業界が決まっている場合には、大手転職サイトへ登録し自分の希望条件に合った企業を数社見つけておきます。

その後、スカウトサービスやエージェントサービスを利用して、「この企業を紹介できないか?」を打診するのです。

具体的な企業名さえわかっていれば、そういった使い方も可能です。

転職サイトを通して書類選考で落ちた企業に、改めてエージェントを通して応募したら面接まで通過したというケースもあるため、どうしても入りたい企業がある場合にはやってみる価値があります。

下記から、ビズリーチの登録へ進むことができます。

 

リクルートの転職サービス『ビズリーチ』の登録方法

はかせ

今回ご紹介した「ビズリーチ」は下のボタンから登録画面へ進むことができる!

転職に悩んでいる方や、今すぐ転職するわけではない方も、登録は早めにしておくことが大切じゃ!

ビズリーチ

引用:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチへの登録方法・流れ

  1. 会員登録画面でメールアドレス、パスワード、年収額を記載し会員登録
  2. 「職務経歴書」「希望条件」を記入する
  3. 有料会員か無料会員かを選択する
  4. スカウトを待つ
  5. 企業 and ヘッドハンターにコンタクトする
  6. 求人を紹介してもらい面接を行う
  7. 内定
はかせ

また、転職エージェントは、「複数活用」することでより転職成功率が高まるデータがあるんじゃ!

転職エージェントは、「複数活用」することでより転職成功率が高まる

IKIKATA Database調査結果

「ビズリーチ」と同時に登録しておくべきエージェントは下記でご紹介するぞ!

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|「ビズリーチ」で転職活動を成功させよう!

まとめ|「ビズリーチ」で転職活動を成功させよう!
ぼっち

はかせのおかげで、「ビズリーチ」の特徴が詳しくわかったよ!

はかせ

そうか、それは何よりじゃ…。

ところでぼっちよ、わしの就職先も一緒に探してくれんか…??

ぼっち

その風貌で無職かよ!!!

今回は、ビズリーチへ登録し転職活動を始めたいと考えている転職者の方に向けて、活用するにあたって必要な情報を細かく解説してきました。

これから転職活動を始める方は、新しい転職先を探すポジティブな気持ちと、「うまくいくかわからない」という不安な気持ちを同時に抱えるかもしれません。

そんなときは、IKIKATA Databaseの記事をぜひ参考にしてくださいね。

あなたの転職活動の成功を心より願っています。

スポンサードリンク