企画職への転職を成功させる志望動機の考え方・伝え方とは?

企画職への転職を成功させる志望動機の考え方・伝え方
スポンサードリンク

企画職への転職を考えている方の中には、面接時や選考で必要な志望動機に関して、「どう考えれば良いのかがわからない」と言うか台を抱えている方も多いのではないでしょうか。

志望動機は人それぞれですが、ポイントをおさえつつ自分自身に向き合うことでカンタンに導き出すことができます。そのためのポイントを考え方・伝え方としてご紹介しています。

今回の記事を読むことで、転職を成功させるための志望動機を考えることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

企画職への転職はやるべきことが3つある

企画職へ転職をするにあたっては、大まかに3つすべきことがあります。転職活動で知っておくべき基本の3項目をおさらいしておきましょう。志望動機を明確にする前に、転職準備として下記の3つが明確になっているかどうかを確認してみてくださいね。

転職に必要なことはこの3つです。順に解説していきます。

1 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。

比較的余裕ができてきてからいざ自分自身のスキルを振り返ろうと思ってもなかなかできることではありませんし、転職を機会として自分を見つめ直さなければ、この棚卸しをするタイミングはほとんどありません。これを機に、自分の「経験・スキル」を過去の具体的な仕事内容とともに書き出しておきましょう。

未経験の場合は、他の業種・職種で学んだことをもう一度洗い出し、整理してみることが大切です。

関連記事:未経験から企画職へ!転職を成功させるための5つのポイント

2 転職する理由

転職することを考えている以上は、何らかの「理由」があるでしょう。理由のない転職はない、それは当然のことですが、実はあまり深く転職する理由が固まっていないという可能性もあるのです。

「自分は何を要因として転職を考えているのか?」を今一度明確にして書き出してみましょう。それは給与・待遇面でしょうか? 仕事内容でしょうか? 求める人間関係・チームでしょうか?

3 具体的な企業

自身の経験と転職理由をハッキリさせたあとは、具体的に「ここで働きたい」と思える企業を探す必要があります。具体的に企業を見ていくためには、業界に数多存在する企業をひとつひとつ調べるのではなく、「事業の内容」「商品・サービスの内容」などを区別して、自身の求める条件や「やりたいこと」に照らして選んでいく必要があります。

異業種への転職の場合は、具体的にどんな仕事があるのかについて詳しく知らない方がほとんどでしょう。その場合は、「実際どうなの?」はさておき、とにかく自分が「やりたい!」と思う仕事内容や、企業の提供するサービスを事前にリサーチしておくことが大切です。

企画職に求められる人材と仕事は?

企画職に求められる人材と仕事は?

志望動機を伝える前提条件として、企画職で求められる人材・仕事を整理しておきましょう。この点について理解しておくことで、自身が面接時に伝えるべき志望動機の内容をより具体的にしていくことができます。

1 求められる人材

企画職は、総じて「発想力」「分析力」「コミュニケーションスキル」が重要になります。

企画においては、市場や消費者のニーズを分析するスキルや、その分析したデータをもとに新たな商品企画を行う発想力、企画したものを他部署の連携を通じて形にするためのコミュニケーションスキルが求められます。

2 求められる仕事

企画の仕事は、下記2つの仕事に大別されます。

商品企画

商品企画の仕事は、市場調査に基づいて会社の商品・サービスを企画する業務を行うことです。また、既存の商品のリニューアル等も担当します。商品を様々なデータや仮説に基づいてアイディアを出し、検証する発想力や実行力、製造や流通部門とのコミュニケーションスキルが必要とされます。

営業企画

営業企画は、商品企画とは異なり、作った商品・サービスが売れる仕組みを考え構築していく仕事になります。具体的な販売戦略として、販促物や営業資料、キャンペーンなどのプランニングをしていくことになります。

どちらも、他部門との連携が密に必要になる職種です。具体的な仕事の中でスキルや経験を磨いていく点も共通しています。

企画職へ転職するための「志望動機」の考え方と伝え方

企画職へ転職するための「志望動機」の考え方と伝え方

では、企画職へ転職するために必要な志望動機・志望理由を考えて面接などで明確に伝えることができるためのポイントをご紹介していきます。このポイントを参考にして、ご自身のスキルや経験を明確に伝えられる志望動機を作っていきましょう。

1 「なぜ企画職に転職したいのか?」を明確にする

「なぜ企画職に転職したいのか?」は、他のどんな要素よりも重要であるといえます。なぜなら、あなたの仕事をする上でのモチベーションが「企画職でなければならないのかどうか?」がハッキリしていると、それだけで企業側はあなたの採用するメリットを理解することができるからです。

「企画職にどうして転職したいのか?」を考える際には、「給与」などの労働条件以外の志望理由を明確にしていくことが大切です。たとえば、営業職での経験で、「お客様に商品を届ける役割ではなく、実際に市場のニーズをつかみ商品を考案したいと考えるようになった」などといった、仕事をする上でのモチベーションとして説明できることが、伝えるべき志望動機になるでしょう。

2 マッチするスキルや実績をアピールする

企画職では、データにもとづいて適切な企画を行うためのスキルや、他部署、他部門とのコミュニケーションスキルが必要になります。しかし、企画職に限らずビジネススキルや経験がある方は多いことでしょう。

企画職でも活用できるあなたのこれまでのスキルや経験を書き出し、具体的にどんな場面でそのスキルや経験が活用できるかを明確にすることで、採用担当者に明確に伝わる自己PRに繋げることができます。

3 応募先企業の事業内容を理解し魅力に思ったことを伝える

1では企画職の魅力を深掘りしていき、企画職を志望する理由を考える段階でした。また、アピールするスキルも明確になっています。その後にすべきは、応募先の企業の事業内容を理解し、「どの点が魅力なのか?」を言葉にしていくことです。

応募先企業だけが行っている事業・取り組み・考え方に共感したうえで採用に応募した旨を言葉にして伝えることが大切です。

4 トレンドを追う

市場の動向や消費者のニーズを的確に理解し商品・サービスを考案する企画職は、ビジネスパーソンの中でも特に世の中のトレンドを収集し理解しておくことが大切です。そしてこのトレンドを追う能力は、企画職として実際に働くようになってからも継続して必要なスキルでしょう。

面接には様々な質問がされますが、「これから企画職としてどのように働いていきたいか?」を聞かれることも多いです。その中で、転職したい企業や競合他社の商品・サービスの特徴について理解しておき、それを引き合いに出しながら「こういう仕事がしたい」と説明できることはあなたの考えていること、仕事への考え方を伝える上で重要なポイントです。

5 自分に合った求人を探す(志望動機の前提になります)

1〜4をもとに細かく志望動機を言葉にしていくことで、志望動機を考えて実際に採用企業にあなたの考えと熱意を具体的に示すことができます。しかしそれだけではなく、自分の求める条件にあう企業を探すことも重要です。

その際におすすめなのは、手厚く転職サポートを行ってくれる転職サービスを通して転職活動を進めていく方法です。下記では企画職へ転職する際におすすめの転職サービスをご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

企画職への転職でおすすめの転職サービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

非公開案件多数!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

他にもおすすめ転職サイトを掲載中!企画職志望向けの転職サービス

【お得な情報見つかる】「企画職」におすすめの転職サイトTOP5

2017.05.06

あなたのスキルを企画職で活かそう

あなたのスキルを企画職で活かそう

今回は、企画職への転職を検討している方に向けて、企画職志望の方の面接時に必要な志望動機の伝え方・考え方についてポイントを解説しました。また、志望動機を固めつつ、転職活動をより有利にしていくための転職サイトもご紹介しています。

志望動機は明確にすればするほど志望する企業への転職を成功させることに繋がります。また、自分にあった条件の企業を探すにあたり、自分がどのような考えや思いで企画職を志望しているのかを改めて言葉にしておくことも重要です。

今回の記事内容をぜひ参考にして頂き、転職を成功させてくださいね。

スポンサードリンク