管理職の転職は難しい?理由と成功させるための解決策とは

管理職の転職が難しいと言われる理由とその解決策とは?
スポンサードリンク

マネージャー、リーダークラスの役職の方の転職は一般的に難しいと言われています。しかし、企業で多数のメンバーを指揮し現場をまとめあげ成果を出す管理職の方の人材価値はとても高いことは当然ですよね。

そこで今回は、管理職の方に向けて転職が難しいと言われる理由とその解決策をご紹介し、管理職の方におすすめできる転職サービスを厳選してご紹介しています。

この記事を参考にすることで、管理職の方が転職に成功するための方法を知ることができます。ぜひ最後までお付き合いください。

管理職とは

どの企業も多くの従業員の集まりという形をとるため、会社の機能を部門・部署ごとに手分けしています。より日常的で小規模な仕事ほど下位のマネージャーに権限委譲して、現場の判断で主体的に進められています。この独自の判断の範囲を決裁権と呼び、決裁権を持つ役職を「管理職」と呼ぶのです。

参考:【管理職とは】管理職の役割と仕事内容│課長・部長の責任と権限 – Star転職

管理職の転職が難しいと言われる理由

管理職の転職が難しいと言われる理由

「管理職の転職は難しい」とよく言われますが、その理由とはどのようなものでしょうか? ここでは3つ整理してご紹介します。

1 通常の転職サイトにはマッチする求人がない

通常の転職サイトで求人を検索しても、見合った求人を探すことが難しいのが管理職。管理職のようなハイクラス求人を探せる転職サイトを通して転職活動をしなければ、納得する条件で転職することは難しいでしょう。

2 経歴・スキル・経験が多く選考で判断しにくい

一つの企業で管理職として活躍されている方は、これまでに数々の役職、部署、経験を培ってきたでしょう。その自負はたしかにあり、一定の環境で成果を出すためのマネジメントを行うスキルもあります。しかしその分、あなたを管理職級でまねこうとする企業がいたとしても、あなたの管理職としての実力を計測できるのは入社後になります。

勤め上げてきた実績がある分、あなたの実績やスキルをすべて通してみるのは通常の面接選考では難しい点は否めません。

3 条件に合った求人を探すことが難しい

転職サイト自体で求人を探すのが難しいことは先程述べたとおりですが、それに加え管理職クラスの方が同じような条件(特に給与など)で再度他の職場で働くためには、当然同じような条件で迎え入れてくれる起業を探す必要があります。この条件面での難しさが、転職の難易度を上げる原因になっています。

管理職の転職を成功させる5つの解決策とは?

管理職の転職を成功させる方法とは?

では、管理職の方が転職に成功するためには、どのような方法があるでしょうか?ここでは5つご紹介していきます。

1 志望理由を明確にする

業界や企業へ転職したい理由を明確にすることが転職では最も重要なことです。管理職として転職したい場合の志望理由・志望動機は、業界への思いと、転職する企業の理念・事業内容への共感が必要不可欠です。

管理職としてのあなたの経験・実績をできる限り伝えるためには、特に「企業の理念に共感できているか?」が重要です。志望理由は具体的に述べられるように準備しておきましょう。

2 求める条件を決めておく

給与条件や就く役職などについて、予め自分の求める条件を決めておくことが転職活動においては重要です。具体的な企業が決まってからではなく、条件を先に決めておくようにしましょう。

3 キャリアの棚卸を行う

キャリアの棚卸とは、これまでの仕事で培ってきた経験やスキルを具体的にしていくことです。自分がこれまでどんな仕事に関わり、その中でどのような成果を残してきたのかを考えて言語化しましょう。経験が多い方であっても、一度整理してみなければ採用担当者に上手に伝えることはできません。

4 志望する企業の情報を調べる

すでに業界内の事情に精通している場合でも、更に志望する企業の情報を調査することは重要です。企業理念、事業内容や、市場での立ち位置や商品・サービスの売れ行きなど様々な観点から志望する企業の情報を収集しましょう。

この情報収集ができていなければ、自分自身がその企業で働くイメージを持つことが難しくなります。管理職の場合、管理能力やスキル面での即戦力を求められますから、情報収集は欠かせません。

5 管理職に強い転職エージェントを活用する

転職サイトといえど、一般向けの転職・求人情報が多いサービスがあれば、そうでないものもあります。下記でご紹介している転職エージェントサイトであれば、管理職の求人案件を多数見つけることができます。また、管理職は一般向けの求人よりも求める人材の内容が細かく、一人では転職活動を進めることが大変です。

手厚いサポートをしてもらいつつ、上手に転職を進めていきたいのなら、お一人ではなく転職エージェントを活用した転職活動をオススメします。

管理職が転職する際に活用すべき転職エージェントは?

はかせ

転職でイチバンおすすめなのはコレじゃ!

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

ぼっち

もし自分自身で求人を探したいなら下記もおすすめなんだね。

管理職向けの転職サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

他にも多数掲載中!管理職にオススメの転職サービス

【お得な情報見つかる】「管理職」におすすめの転職サイトTOP4

2017.05.06

管理職の転職を成功させよう!

管理職の転職を成功させよう!

今回は、管理職の方が転職する難しさの理由と、転職に成功するための解決策をご紹介しました。また、管理職の方の転職の難しさを払拭し転職をスムーズに進めるために活用できる転職サービスも厳選してご紹介してきました。

今回ご紹介した内容を参考に、管理職のあなたがますますご活躍されることを願っています。

スポンサードリンク

業界・職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェントランキングを見よう

IKIKATA Databaseでは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめています。気になる業界・職種がある方はぜひ下ボタンからご覧ください!