広告業界に強い転職エージェントの特徴と成功するための5つのコツ

広告業界に強い転職エージェントの特徴と成功するための5つのコツ
スポンサードリンク

広告業界への転職を考えている方に向けて、転職に成功するためのコツをご紹介するとともに、広告業界への転職に強い転職サービスを厳選し特徴ごとをご紹介しています。

広告業界への転職を成功させるためにはどんなコツがいるのか? 何をすれば良いのか? と課題を抱えているあなたは、ぜひ今回の記事を参考にし、転職を成功させてくださいね。

広告業界への転職で最初にすべき3つのこと

広告業界で転職をするにあたっては、大まかに3つすべきことがあります。転職活動で知っておくべき基本の3項目をおさらいしておきましょう。転職準備として下記の3つが明確になっているかどうかを確認してみてくださいね。

転職に必要なことはこの3つです。順に解説していきます。

1 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。

比較的余裕ができてきてからいざ自分自身のスキルを振り返ろうと思ってもなかなかできることではありませんし、転職を機会として自分を見つめ直さなければ、この棚卸しをするタイミングはほとんどありません。これを機に、自分の「経験・スキル」を過去の具体的な仕事内容とともに書き出しておきましょう。

2 転職する理由

転職することを考えている以上は、何らかの「理由」があるでしょう。理由のない転職はない、それは当然のことですが、実はあまり深く転職する理由が固まっていないという可能性もあるのです。

「自分は何を要因として転職を考えているのか?」を今一度明確にして書き出してみましょう。それは給与・待遇面でしょうか? 仕事内容でしょうか? 求める人間関係・チームでしょうか?

3 具体的な企業

自身の経験と転職理由をハッキリさせたあとは、具体的に「ここで働きたい」と思える企業を探す必要があります。具体的に企業を見ていくためには、業界に数多存在する企業をひとつひとつ調べるのではなく、「事業の内容」「商品・サービスの内容」などを区別して、自身の求める条件や「やりたいこと」に照らして選んでいく必要があります。

異業種からの転職の場合は、広告業界が具体的にどんな仕事なのかについて詳しく知らない方がほとんどでしょう。その場合は、「実際どうなの?」はさておき、とにかく自分が「やりたい!」と思う仕事内容や、企業の提供するサービスを事前にリサーチしておくことが大切です。

広告業界への転職を成功させるための5つのコツ

広告業界への転職を成功させるための5つのコツ

では、広告業界への転職を成功させるためのコツについて5つ業界していきます。どれも基本を抑え転職活動の際に実践していくことで転職を成功させることができるポイントになっていますので、必ず参考にしてくださいね。

1 広告業は「忙しい」ことを前提に検討しよう

広告業は基本的に「激務」と言われます。広告代理店勤務の経験のある方の体験談には、「忙しい」「激務」「過酷」という言葉が並びます。確かに、大手広告代理店でも労働環境の問題が表出していますし、中小の広告業の企業においても、給料に見合う労働ではないなどの意見も多くあります。

そういった「ブラック企業」と言われる労働環境の職場は、しっかりと転職活動の際に見極めをすることができれば選んでしまうことはありません。しかし、大事なのは、広告業界はこれからも市場が伸びる業界であるため、基本的には忙しいといえることを理解しておくことではないでしょうか。

それでも、広告業界に入りキャリアアップを目指す目的意識や志望理由が明確になっている方は、実際に転職活動を行う上でも失敗する可能性が低くなります。

2 広告業界への志望理由を明確にする

忙しく今後も伸びる広告業界への転職を決めているあなたは、広告業界への魅力を十分に理解し言葉にすることができるでしょうか。また、未経験の方の場合は、広告業界の魅力について根拠とともに面接官や人事担当に面接で伝えることができるでしょうか。

「クリエイティブな仕事がしたい」「広告事業に魅力を感じた」だけでは明確とはいえません。そうではなく、広告業界にしかない特性をもとに理由を明確にする必要があるのです。

たとえば、「広告業界に魅力を感じたのであればどんな部分なのか?」と考えると、あなたがなぜ広告業界に魅力を感じたのかが分かります。コピーライティングに魅力を感じるのか、クライアントの商品を最適な形で消費者に届けること自体に魅力を感じるのか…と深掘りしていくことで、自身が広告業界に感じている魅力を言葉にしていきましょう。

未経験の方は、コチラの記事も参考にしてください。

未経験から広告業へ転職する際に必要な志望動機の考え方

2017.06.09

3 応募先企業の事業内容を理解し魅力に思ったことを伝える

2では、広告業界自体の魅力についてあなたが考えていることを言葉にしました。その後にすべきは、応募先の企業の事業内容を理解し、「どの点が魅力なのか?」を言葉にしていくことです。

たとえば総合広告代理店であれば、様々なクライアントの要望に答える職務のために、分野問わず多様な広告を企画・提案することになります。あなたはその多岐にわたる業務内容が、広告業界の中でも特に重要であり魅力的である仕事であることを伝える必要があります。

応募先企業だけが行っている事業・取り組み・考え方に共感したうえで採用に応募した旨を言葉にして伝えることが大切です。

4 前職でどのようなスキル・経験を得たのかを言葉にしておく

広告業は、IT業やマーケティングなどの他の分野の知見を活かせる仕事です。なぜかというと、広告業界はクライアントにとって最適な提案と企画を行うことが最も重要視されるように業界が変化しているからです。広告自体の知識に加えて、他の分野のキャリア・経験のある人材がクライアント側と橋渡しをすることによって大きな利益が生まれます。

ですから、まずはあなたが前職で得たスキル・経験を「棚卸」して、具体的なあなたのスキルについて自己PRできるように準備しておくことが大切です。

5 相談サポートしてくれる転職エージェントを活用する

転職活動においては、自身のスキルの棚卸と転職する理由、そして具体的な転職先の企業を探すことの3つが基本の流れです。そして、そのために必要なコツについても1〜4ご紹介してきました。ざっとみるだけでも、考えるべきことがたくさんあります。

その中で、自分ひとりではなく相談やサポートを手厚くしてくれる転職エージェントサイトを活用することは、あなたの転職を成功させる確率を高くすることに繋がります。

下記ではおすすめの転職エージェントサービスを特徴ごとにご紹介しています。是非参考にしてくださいね。

広告業界の転職におすすめの転職エージェント!

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

他にもおすすめ転職サイトを掲載中!広告・マスコミ業界転職サービス

【お得な情報が見つかる】「広告・マスコミ」におすすめの転職サイトTOP5

2017.05.11

広告業界での転職を成功させましょう!

広告業界は今後も伸びていく業界

今回は、広告業界の転職を考えている方に、転職を成功させるためのコツとおすすめの転職エージェントをご紹介してきました。

サポートしてもらえる部分を積極的にサポートしてもらうことは重要ですが、自分自身の転職については自分が最も考え、実行していく点に変わりはありません。ぜひ今回のノウハウやコツを参考にして、転職を成功させてくださいね。

スポンサードリンク