未経験からIT業界に転職するための成功の5つのコツ

未経験からIT業界に転職するための成功の5つのコツ
スポンサードリンク

IT業界での仕事や、ITエンジニア・SEは未経験だけど、IT業界への転職を考えているあなた。IT業界は大変おもしろい業界です。

ウェブ業界やIT業界は、これからますます伸びていきます。よって、業界内の人材は流動的です。働き方も多様で、同じ職種・スキルでも様々な労働環境があります。そんな中、あなたは理由があってIT業界への転職を考えていますが、いったい何から転職活動を始めるべきか悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、未経験がIT業界へ転職する際に注意すべきポイントや成功のコツをご紹介し、最後にIT業界への転職に活用できる転職サービスも合わせてご紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてください。

IT業界の転職ではやることが3つある!

IT業界で転職をするにあたっては、大まかに3つすべきことがあります。転職活動で知っておくべき基本の3項目をおさらいしておきましょう。

転職に必要なことはこの3つです。順に解説していきます。

1 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。

比較的余裕ができてきてからいざ自分自身のスキルを振り返ろうと思ってもなかなかできることではありませんし、転職を機会として自分を見つめ直さなければ、この棚卸しをするタイミングはほとんどありません。これを機に、自分の「経験・スキル」を過去の具体的な仕事内容とともに書き出しておきましょう。

未経験の場合は、他の業種・職種で学んだことをもう一度洗い出し、整理してみることが大切です。たとえば、IT業でなくともプロジェクトのマネージメントは共通のビジネススキルですし、専門分野の知識は活用できるタイミングが訪れる前に整理しておくことが重要ですね。

2 転職する理由

転職することを考えている以上は、何らかの「理由」があるでしょう。理由のない転職はない、それは当然のことですが、実はあまり深く転職する理由が固まっていないという可能性もあるのです。

「自分は何を要因として転職を考えているのか?」を今一度明確にして書き出してみましょう。それは給与・待遇面でしょうか? 仕事内容でしょうか? 求める人間関係・チームでしょうか?

特に、他業種への転職の場合は、理由は明確なようで実は中身を考え尽くせていない場合があります。IT業界の場合は、扱うサービスや業務によって必要とされるスキルや経験は全く異なるため、特に注意が必要です。「なぜ、この業界に転職するのか?」について、ハッキリ説明できるように準備しておきましょう。

3 具体的な企業

自身の経験と転職理由をハッキリさせたあとは、具体的に「ここで働きたい」と思える企業を探す必要があります。具体的に企業を見ていくためには、業界に数多存在する企業をひとつひとつ調べるのではなく、「事業の内容」「商品・サービスの内容」などを区別して、自身の求める条件や「やりたいこと」に照らして選んでいく必要があります。

異業種への転職の場合は、具体的にどんな仕事があるのかについて詳しく知らない方がほとんどでしょう。その場合は、「実際どうなの?」はさておき、とにかく自分が「やりたい!」と思う仕事内容や、企業の提供するサービスを事前にリサーチしておくことが大切です。

IT業界への未経験転職は、何歳までなら可能か?

IT業界への未経験転職は、何歳までなら可能か?

20代は、IT企業に限らずほぼすべての業界で「ポテンシャル採用」の傾向があります。

ポテンシャル採用とは

ポテンシャル採用とは、求人企業の採用基準を指し示す言葉の1つであり、実務経験がない、または少ないと思われる場合でも、実務経験に準ずる知識または意欲を評価し、採用する事を言います。

参考:ポテンシャル採用 – コトバンク

IT業界の中でも、特にWeb系のベンチャー企業などでは、人材不足が多く若い人材の需要を確保するために未経験でも潜在能力やモチベーション等「人間力」とでも呼べるような特性を面接で判断し採用する傾向にあります。

しかし、30代ですとポテンシャル採用は難しいのが現実です。自分の人材としての価値を示す上で、アドバンテージなのは20代です。30代以降の未経験IT業界志望の方は、前職での専門分野や、若手よりも多くの経験があるであろうマネジメント能力等のビジネススキル面での実績を上手にPRしていく必要があります。

未経験でのIT業界転職を成功させるためのコツ

未経験から、IT業界へ転職を成功させるためのコツについて、いくつかの項目に分けてご紹介していきます。未経験でIT業界へ転職する際におさえておきたい最低限のこととして参考にし、ぜひ実行に移してくださいね。

1 技術トレンドの情報収集力を磨いておく

IT業界はこれからまだまだ成長し絶えず変化し続ける現場です。日々、世界中の人々のニーズを捉えた新しいシステムやサービスが開発されています。有名なIT関連の技術やサービスについて、日頃から情報収集する方法を決めておくことが大切です。

転職活動の際にも、応募する企業が開発するサービスやシステムについて理解するとともに、そのシステムやサービスが業界内でどのような位置づけなのかを知るためには、業界全体のトレンドを把握しておく必要があります。当然、選考時もトレンドを追っていることを前提に自己PRをしたほうがよいでしょう。

2 営業という選択肢も考慮する

システムエンジニアやプログラマーだけがIT業界の仕事ではありません。IT企業といえども、営業は重要な存在です。未経験募集の求人案件には、IT企業での営業の人材募集も多く行われています。業界へとにかく入り、経験を積みつつキャリアを広げていくという選択肢を取るのであれば、営業を選択肢に入れるのもよいでしょう。

もちろん、営業といえどIT業界内の常識やルール、前提となる知識は日々刻々と変化していますので、営業の場合もトレンドを追い学び続けることは必要です。

3 前職での専門分野やスキルで活かせる点を明確にしておく

たとえば、金融業界で仕事をしていた方の場合は、FinTech(Finance×Technology)のサービスを展開している企業で専門知識を活かすことができますよね。IT企業と言えど、提供するサービスには様々なものがありますから、前職での知識を活かし価値を発揮できる場所を選んでいくことも重要です。

まずは、「前職で得たスキルや経験、専門分野はどんなものなのか?」「専門分野を活かせる企業はあるか?」ということを検討してみることをおすすめします。

4 とにかく基礎から学んでみる

プログラマーの場合、プログラミング言語を用いてコードを書くことがメインの仕事になります。プログラミング教育の重要性が叫ばれ、カンタンにプログラミングを学べる体制が徐々に整っています。

たとえば、オンラインプログラミング学習サービスの「Progate(プロゲート)」や、動画で学べるプログラミング学習サイトの「ドットインストール」、有料サイトでコンテンツごとに購入し学習できる動画学習サイト「Udemy」等を活用しプログラミングの基礎を学ぶことができます。

未経験のうちに、基礎からしっかり学んでいくことも転職活動を実行に移すことと同等に重要です。

5 未経験の求人を探せる転職サービスを活用する

未経験の求人を探せる転職サービスを活用して、未経験求人を探すのが最もスタンダードな転職活動です。条件面や、仕事内容などを一人で検討することが難しい場合は、転職エージェントサイトを活用して転職エージェントと相談しながら自分に合った条件の求人を探すことをおすすめします。

おすすめのサービスは下記にて掲載しているので、是非参考にしてください。

IT業界未経験の方の転職にオススメの転職サービス

IT、インターネット、ゲーム業界専門の転職エージェント『ワークポートテック』

https://www.workport.co.jp/lp_wp_tech/?cctype=tech_affiliate-b

『ワークポートテック』の特徴

・強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
・常時15,000件の求人案件を保有
・非公開求人案件情報が豊富
・各業界の転職のエキスパートによる専門性の高いサポート

ワークポートグループの転職支援サービスは完全無料!60秒でご登録完了!

どんな人にオススメ?

・20~40代前半の方。

・転職サポート期間の期限がないのでじっくり転職活動をしたい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

また、その他のIT業界の転職にオススメの転職サービスは下記記事でご紹介しています。こちらでも条件にあった転職サイト・サービスを見つけてみてくださいね。

【お得情報】「SE・ITエンジニア」におすすめの転職サイトTOP5

2017.05.11

未経験だからこそ最初のスタートが肝心です!

30代SE・ITエンジニアが転職で失敗しないための5つの対策とは?

今回は、IT業界に転職を考えている未経験の方向けに、転職に成功するためのノウハウ・コツをご紹介していきました。ただ「未経験OK」の案件に応募して終了…ではなく、転職をスムーズに進め、なおかつ入社後に納得できる「転職の成功」を達成するためには、今回ご紹介したコツの実践が不可欠です。

ぜひ参考にして頂き、転職を成功させてくださいね!

スポンサードリンク