【厳選】職場の人間関係に悩んだときに読みたい名言・格言まとめ

【厳選】職場の人間関係に悩んだときに読みたい名言・格言まとめ
スポンサードリンク

職場の人間関係に悩んでいるときには、悩みを相談できる人が周りにいなかったり、自分のことを理解してくれる人が少なかったりして、1人で悩みを抱えてしまうことも少なくありません。

しかし、人間関係の悩みは古来から様々な人が悩み、解決するための深い考えをまとめてきた歴史があります。あなたが今直面している悩みも、過去の誰かが悩んだものと非常によく似ている場合があるのです。

そこで今回は、職場の人間関係に悩んでいるときこそ参考にしたい「名言・ことわざ」をご紹介していきます。名言やことわざを活用するのは自分次第ですが、一から悩み続けるよりも多くのヒントが得られるはずです。

 

職場の人間関係に悩んだときは何をすべき?

職場・仕事の人間関係に悩んでいるときには、どのような行動を起こすべきなのでしょうか? 起こすべき行動は、下記の通りです。

  1. 人間関係に疲れる理由やめんどくさい原因を知る
  2. 人間関係がストレスになる理由を知り対策を知る
  3. 人間関係の悩みに共通する原因や特徴を知る

人間関係に疲れる理由やめんどくさい原因を知り、ストレス解消をもにつけるとともに、人間関係の悩みに共通する人の性質を知ることが大切です。

その上で、あなたが転職したり、今の環境を改善したり…といった具体的なアクションを起こしていきます。

1、2に関しては、下記記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事:職場や仕事の人間関係がめんどくさい?気持ちを楽にする対処法とは

おすすめ記事:職場の人間関係に疲れ、会社を辞めたいと思ったときの解決策とは?

おすすめ記事:職場の人間関係ストレス度チェック!あなたはいくつ当てはまる?

今回は、職場の人間関係に悩んだときに参考にしたい名言のうち、得に示唆に富むものを厳選して集めました。役立てるかどうかはあなた次第ですが、ヒント野多い言葉が溢れていますよ。

 

職場の人間関係に悩んだら読みたい名言・格言まとめ

職場の人間関係に悩んだら読みたい名言・ことわざまとめ

人間関係に関する名言にはいろいろな種類があります。ときには、難解なものやわかりにくいものである場合もあります。

ひとつひとつ解説をつけていきますので、自分の状況に当てはめて考えてみてください。

1 人間関係を築くときの物腰の柔らかさについて

セトモノとセトモノとぶつかりっこするとすぐこわれちゃう どっちかがやわらかければだいじょうぶ やわらかいこころを持ちましょう

相田みつを(日本の詩人、書家 / 1924~1991)

「セトモノ」とは、つまり偏見や凝り固まった考えを持つ人のことを指しています。

そういった人物どうしがぶつかると、どうしてもお互いに怒りや憎しみを生んでしまいます。仕事においては議論したり、譲れない立場があったりするために、人間関係が破綻しがちです。

しかし、たとえ考えや立場が異なっていても、「柔らかい心」は持てるはず。柔らかい心とは、相手の立場や考えを尊重すること。「あなたの思いや考えも分かります」と伝えた上で話し合うことが重要です。

 

2 嫌いな人や苦手な人と関わることについて

性に合わない人たちとつきあってこそ、うまくやって行くために自制しなければならないし、それを通して、われわれの心の中にあるいろいろ違った側面が刺激されて、発展し完成するのであって、やがて、誰とぶつかってもびくともしないようになるわけだ。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

仕事においては、日常生活と異なり「本当は関わり合いたくないけど、関わらなくてはいけない」というケースがとても多いはずです。そんなとき、どうしてこんな目に自分があわなくてはいけないんだと感じてしまいます。

しかし、そういった嫌いな人や苦手な人と関わり合うことのメリットを、この名言から学ぶことができます。決して、その苦労はムダではないということを理解することも大切です。

 

3 人と上手く関係を構築することについて

人は誰でも、他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである。

デール・カーネギー(米国の実業家、作家、ビジネスセミナー講師 / 1888~1955)

人間関係においては「なぜ自分は上手く人付き合いができないんだろう?」という悩みが多くを占めます。そのため、自分の性格や言動に責任を感じ、更に深く悩んでしまうことも少なくありません。

しかし、自分のせいにする方面ではなく「相手をどう理解して接するか?」ということを考えるほうが得策です。

上記のカーネギーの言葉を借りるのであれば、「相手を心から認めること」にヒントがあると言えるでしょう。

 

4 仕事・職場の同僚・上司との関係性が悪いことについて

垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前384~紀元前322)

「垣根」とは、人間関係で言うところの「心の距離感」を表しています。「なぜあの人と関係性を築けないのか?」を考えると、ほとんどの場合、自分から付き合い方を抑制してしまっていることが原因として挙げられます。

自分の考えていることや意見、その他「素の自分」をさらけ出すことをリスクと考えてしまうのは当然です。しかし、そういった自己開示を少しずつしていくことで、人と人との距離感を縮めることができます。

 

5 他人に対してイライラしてしまうことについて

人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。

ロバート・フロスト(米国の詩人 / 1874~1963)

「人付き合いが上手い/下手」の境界性はどこにあるのでしょうか? そのヒントはこの格言に示されています。人は自分に対する以上に、人に対して多くのことを無意識に期待してしまっています。

その期待が裏切られることで、人に対する怒りやイライラが募っていくのです。つまり、相手を許さないという感情が先走ってしまうのを、できる限り抑えることが「人間関係を上手く築くコツ」なのです。

人を許すことを意識的におこなっていきましょう。

スポンサードリンク

業界・職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェントランキングを見よう

IKIKATA Databaseでは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめています。気になる業界・職種がある方はぜひ下ボタンからご覧ください!