40代作業療法士が転職!人間関係や年収に悩みがある人は必ず読もう

40代作業療法士が転職!人間関係や年収に悩みがある人は必ず読もう
スポンサードリンク

作業療法士として活躍してきた40代の方の中には、職場の待遇や人間関係など、様々な要因で「転職したい」と考える時期の方も多いのではないでしょうか。

でも、「40代からの転職はリスクが高そう」というイメージも同時に持ってしまいがちです。確かに、一昔前までの転職がさほど一般的ではなかった時代では、そのイメージは正解に近いものでした。

しかし、今ではそのような状況は変わってきています。その根拠とともに、今回は作業療法士が40代から転職する方法やポイントについて解説しています。

ぼっち(40歳)

はかせ、ボク40代の作業療法士なんだけど…転職できるかな??

はかせ

自己紹介が雑ゥ!

…40代であっても、作業療法士として積んできた経験・スキルを活かした転職は十分可能じゃ!

ぼっち

ほんと!じゃあ転職方法を教えてよ!

「転職したい!」と考える理由は「職場の環境」

 「転職したい!」と考える理由は「職場の環境」

作業療法士の仕事を続けていると、様々な悩み・課題に突き当たります。

あなたが転職したいと薄々と感じている理由は、下記のいずれかに当てはまるでしょうか。

  1. 給料・休みが少ない
  2. 職場のドロドロした人間関係に疲れた
  3. 他の病院・施設でスキルアップ・給与アップしたい

上記の3つに当てはまる方は、ぜひ下記より作業療法士の転職を検討すべきです。

「作業療法士の経験を活かして、もっと良い環境・条件の職場ではたらきたい!」という方に、下記では作業療法士の転職方法をご紹介していきます。

「40代間近だから、今の職場を辞めることには抵抗がある」という方も、まずは作業療法士の将来性や、転職すべき理由をぜひ参考にしてみてください。

作業療法士の将来性は?仕事はあるの?

言語聴覚士の将来性

具体的な転職方法を見ていく前に、作業療法士は今後「人材」として求められるのかを日本社会の現状に照らして考えていきましょう。

結論から言いますと、作業療法士の仕事は今後も多くの現場で求められる仕事になるでしょう。

高齢社会が到来したこの時代において、作業療法士として経験・スキルを積むことで転職先・働く場所に困ることはないでしょう。デイサービス、介護老人保健施設など、様々な現場で人材が求められています。これからもさらに転職先を見つけることはカンタンになるはずです。

しかし、時代を待つのではなく、自分からもっと良い環境の転職先を積極的に見つけていくことも大切です。

特に、今の職場に不満を抱いている方は、転職活動を通してもっと自分の能力や経験の行かせる職場を探し始めるべきでしょう。

もっと身体的・精神的な疲労が少ない職場や、待遇の良い職場は必ずあります。あなたの経験・スキルを正当に評価してくれる転職先を見つけることは十分可能です。

40代作業療法士の転職は難しい?

40代作業療法士の転職は難しい?

転職するにあたって最も気になるのは「年齢によって採用を見送られることが多いのではないか?」というポイントではないでしょうか。

確かに、転職を考えてみたときには「年齢がある程度あるとなかなか雇ってもらえない」といったネガティブなイメージを持ってしまいますよね。

しかし、30代〜40代ミドル層の転職は今ではすでに当たり前になってきています。

約80%のコンサルタントが「ミドル人材を対象とした求人が増えている」と回答!

引用:https://mid-tenshoku.com/

人手不足の影響を受けて、ミドル人材を対象とした求人が「増えている」、「どちらかと言えば増えている」と回答した転職コンサルタントは約80%。企業からのミドル人材ニーズは確実に増加しているようです。

引用:人手不足がミドル求人に及ぼす影響は?転職コンサルタント105人に聞いた見解と展望。

上記データは、大手転職サービスを運営する「エン転職」が調査したデータです。調査しているデータは一般企業を対象としているため、単純な比較はできません。

しかし、しっかりと経験とスキルを持っている作業療法士がこれから不足していることを考えると、作業療法士のミドル層の方が転職に成功することは十分に可能です。

転職成功者の年齢割合

引用:https://doda.jp/

引用:転職成功者の年齢調査(2017年上半期)

加えて、転職に成功した年齢を見ると、ミドル人材と呼ばれる30代前半が平均となっていることが分かります。

現在は、20代後半からの転職市場も伸びているようですが、それを含めて考えるとミドル年齢層が転職に適した時期であることが、よくわかりますよね。

では、実際に作業療法士として転職を考えている方は、どのように転職活動を進めていくべきなのでしょうか?

ここからは、転職活動を成功するためにすべきことや転職方法、そして活用すべき転職サービスをご紹介していきます。

作業療法士の転職にはエージェントがおすすめ

作業療法士の転職にはエージェントがおすすめ
ぼっち

なんで、普通の転職サイトではなくて、「転職エージェント」がおすすめなの?

はかせ

その理由を一言でいうと、「転職活動で必要なことを全部やってくれる」からじゃ。

たとえば、給与交渉や転職先の実情を調べたり、面接対策や履歴書の作成などをサポートしてくれたりするんじゃよ。

待遇改善のための転職も、親身になって相談にのってくれるじゃろう。

作業療法士が転職活動を始める場合、転職エージェントは下記の理由からおすすめできます。転職が不安な方こそ、下記のメリットをしっかりおさえておきましょう。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成)
  • 時間がかかる転職活動でもサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

特に、転職先の内部情報を教えてくれたり、自分の求める条件(休日のとりやすさ・給与など)に合った求人を紹介してくれる点は、「待遇の良い職場」を見つけるためにイチバン大切なことですよね。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきましょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

作業療法士の転職で活用すべき転職サービス

紹介スピードが早い!『メドフィット』

https://medfit-gl.jp/a_cw/?usid=73ei742iRvROJqujYafBPhJ3dZnjdF5PntZSUA6JZIo2DNDA1vCd3sZwX03Dhv7x

出典:https://medfit-gl.jp/

『メドフィット』の特徴

『メドフィット』は、スピードとタイミング重視で非公開求人案件を掲載している転職サービス。アルバイトやパートによる雇用も含めて求人数が多い点も特徴です。

すぐに自分の求める条件を探して転職したいと考えている方が活用しやすいでしょう。

どんな人にオススメ?

  • 期間をできる限り空けずに転職したい方。
  • 求める条件にマッチした求人案件をスピード重視で探したい方。
  • 介護職の仕事を探したい方。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。
ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「作業療法士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|作業療法士の転職を成功させよう

まとめ|薬剤師への転職を成功させましょう
はかせ

経験・スキルを持つ作業療法士だからこそ、今の職場よりもっと良い環境を探すことが大切じゃな!

ぼっち

うん!まずは転職エージェントに登録してみるよ!

たまには役に立つね!はかせ!

はかせ

ぐぬぬ。。。

今回は、作業療法士が40代から転職する方法やポイントについて解説してきました。今回ご紹介した内容をもとに、作業療法士として新たなスタートをきっていただくことを願っています。

今回掲載した転職サービス以外にも、おすすめの転職サービスは多数あります。ぜひ、ご自身に合った転職サービスを見つけてくださいね。

スポンサードリンク