精神科の作業療法士への転職!すぐに学べる「求人を探す方法」

精神科の作業療法士への転職!すぐに学べる求人を探す方法
スポンサードリンク

「精神科の作業療法士へ転職したい」と考えている作業療法士の方の中には、具体的な転職サービスの選び方や、精神科の作業療法士の仕事内容・現状などがいまいち分からない方も多いのではないでしょうか。

作業療法士として働ける場所・分野は広いのにも関わらず、待遇があまり良くない職場も多いですよね。そのため、転職に不安を感じる事が多いと思います。

そこで今回は、精神科の作業療法士への転職を検討している方に向けて、実際に転職する前に知りたい精神科作業療法士の仕事内容や向いている人、そして具体的な転職方法を細かく解説しています。

この記事を読むことで、転職に成功する確率がグンと上がります。ぜひ参考にしてください。

ぼっち

はかせ、ボク精神科の作業療法士へ転職したいと思ってるんだ。

はかせ

そうなのか!

仕事内容や向いている人の傾向などをしっかり知った上で、慎重に転職活動を進めることが大切じゃぞ!

精神科作業療法士の仕事内容は「精神科の患者へ作業療法を行うこと」

精神科の作業療法士の仕事内容
ぼっち

精神科の作業療法士って、どんな仕事なの?

はかせ

実際のところ、どのような作業療法をどのように行っているのかは、現場によって異なるんじゃ。

プログラムに基づいて作業療法が行われている職場を見つけることが大切じゃぞ。

作業療法士として働ける選択肢には様々な分野があります。そのため、分野ごとに診療報酬・介護報酬が異なる点に注意が必要です。

精神科作業療法士では、集団力動の分析や作業分析、目標を設定したプログラム立案などを含めた作業療法を行います。ただし、具体的な勤務先によりどんな仕事を行うのかには大きな差があるため、職場選びが非常に大切であるといえるでしょう。

たとえば、目的別の小集団活動が行われているかどうかや、個別の作業療法をしっかり行えているのかなどといった勤務先の状況を見極めた転職をする必要があるでしょう。

「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」 の資料には、精神科の作業療法士の現状として、下記のような背景が述べられています。

• 1日の一人作業療法士の取り扱い人数 25.2名 (最低5名~最高50名)⇔個別対応が出来にくい=一律的な集団で取扱う傾向となり、個別目標に対応した設定が出来にくい。

引用:精神科の作業療法士ができること – 「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」新たな地域精神保健医療体制のあり方分科会

よって、しっかりとリハビリテーション実施計画書に基づいたプログラム立案を行っている医療機関の精神科で働くことが最も良い選択肢であるといえます。

今すぐ転職サイトを見たいという方はコチラ:【お得な情報が見つかる】「作業療法士」におすすめの転職サイトTOP5

では、精神科作業療法士として向いている方はどのような人でしょうか? 下記では、精神科作業療法士に向いている人の傾向をご紹介しています。

精神科の作業療法士へと転職しようかどうかを悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

精神科の作業療法士に向いている人は「メンタルが強い人」

精神科の作業療法士に向いている人は「メンタルが強い人」
ぼっち

精神科の作業療法士って、どんな人に向いているんだろう。

ボクにできるだろうか…。

はかせ

精神科では重病患者もいるわけじゃから、精神的な負荷に強い方が向いているな。

しかし、その分作業療法士としてのキャリアを広げることができる点がメリットと言えるな。

精神科の作業療法士に向いている方の傾向はただひとつに絞ることができます。それは、「精神的なストレスにある程度強い人」です。

ここで、「自分にはムリかも…」と思った方も多いのではないでしょうか。実際、精神科である以上は、統合失調症の重病患者などと接する機会が多く、そういった患者に対応する作業療法が求められます。

そのため、精神科以外の現場で経験を積んできた作業療法士の方であっても、戸惑うこともあるかもしれません。

ただし、精神科の個別作業療法など、他の現場では経験できない仕事をすることができるため、作業療法士としてのキャリアの幅を広げたい方にとってメリットにもなるでしょう。

では、実際に精神科の作業療法士の求人を探すには、どのような方法があるのでしょうか?

精神科の作業療法士の求人を探す方法

精神科の作業療法士の求人を探す方法
ぼっち

じゃあ、実際に精神科の求人を見つけるためにはどうすれば良いの?

はかせ

一番最初にすべきことは、「作業療法士の転職特化型転職サービス」を活用することじゃ。

一般的な転職サイトを使うよりも、特化型のほうが良質な求人が多い。

中でも、相談しながら転職先を探せる転職サービスを使うことがベストじゃ!

精神科の作業療法士の求人を探す方法としては、「特化型転職サービス」を活用することが最も効率的です。

特に、求人を自分で探す転職サービスではなく、アドバイザーやエージェントに相談しながら転職先を探すことのできる転職エージェント型のサービスを強くおすすめします。

精神科への転職では、「自分にあっている仕事かどうか?」「求める条件面に合った募集要項か?」などを検討した上で転職先を決めることが大切です。

そのため、一人で悩まず相談できるサービスを使うことが、結局は一番早く転職先を探すことのできる方法なのです。

<特化型転職サービスのメリット>

  • 転職先の生の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与)
  • 専任のエージェントが相談に親身にのってくれる
  • 面接対策や履歴書添削をサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる
  • 作業療法士向けの求人数が豊富

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

作業療法士は年収が全体的に下る傾向があります。しかし、エージェントを通して給与交渉や待遇交渉をしてもらうこともできるので、転職に成功する確率がアップします。

では、おすすめの転職サービスを紹介していきます。

作業療法士の転職活動で活用すべき転職サービス

紹介スピードが早い!『メドフィット』

https://medfit-gl.jp/a_cw/?usid=73ei742iRvROJqujYafBPhJ3dZnjdF5PntZSUA6JZIo2DNDA1vCd3sZwX03Dhv7x

出典:https://medfit-gl.jp/

『メドフィット』の特徴

『メドフィット』は、スピードとタイミング重視で非公開求人案件を掲載している転職サービス。アルバイトやパートによる雇用も含めて求人数が多い点も特徴です。

すぐに自分の求める条件を探して転職したいと考えている方が活用しやすいでしょう。

どんな人にオススメ?

  • 期間をできる限り空けずに転職したい方。
  • 求める条件にマッチした求人案件をスピード重視で探したい方。
  • 介護職の仕事を探したい方。
ぼっち

相談しながら転職活動をしたい人は、同時に通常の転職エージェントにも申し込むべきなんだね。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。
はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

より多くの求人の中から転職先を探したいなら、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「作業療法士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|作業療法士の転職を成功させよう

まとめ|作業療法士の転職を成功させよう
はかせ

精神科の作業療法士の求人探しでは、「転職先の情報」までしっかり仕入れた上で慎重に転職先を選ぶことが大切じゃぞ!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは、紹介してもらった転職サービスに登録してみるね!

ところで、はかせはどんな仕事をしているの

はかせ

そういうことはお母さんに聞こうか。

今回は、精神科の作業療法士への転職を検討している方に向けて、実際に転職する前に知りたい精神科作業療法士の仕事内容や向いている人、そして具体的な転職方法を細かく解説してきました。

精神科への転職においては、「職場選び」が非常に大切です。転職後に後悔しないためにも、準備の段階で慎重に行動していきましょう。

スポンサードリンク