転職活動に必須の「転職する目的の再考」とは?

スポンサードリンク
はかせ

転職活動に必要なことは合計で3つあるんじゃ。

  1. キャリアの棚卸し
  2. 転職する目的の再考
  3. 具体的な転職先の絞り込み

この記事では、「転職する目的の再考」について解説するぞ。

ぼっち

よろしくお願いします、はかせ。

「転職する目的の再考」の意味

はかせ

「転職する目的の再考」とは、「転職したい!」と考えた動機をもう一度考え、明確にすることなんじゃ。

  • 「どんな理由で前職から転職したいと思ったのか?」
  • 「何を目的として転職するのか?」

を様々な観点から見つめ直すことで、転職先に求める条件や、働きたい業界・職種・業種を迷いなく選ぶことができるようになる。

ぼっち

「なんとなく」で転職する人はいないと思うけど、転職活動始めてからだと最初の転職の目的とズレてしまうことはありそうだね。

はかせ

そうなんじゃ。前職で感じた不満が原因で転職をする場合でも、給与アップのために転職する場合でも、「転職の目的」がブレないよう、ハッキリさせておくことが大切じゃな。

ぼっち

(…はかせは人生ブレてそう)

「転職する目的の再考」をすべき理由

ぼっち

でも、「転職する目的の再考」ってする意味はあるのかな? 「前の仕事が嫌だから、次はもっといい職場を探そう」ではダメなの?

はかせ

前職の不満や不平だけでは「転職の目的」がハッキリしているとは言い難いんじゃ。転職の目的は「志望動機」「転職理由」として面接や選考書類でも述べる機会がある。

だから、「次の職場ではこうしたい!」という部分まで深掘りして考えなくてはいかんのじゃ。

ぼっち

ネガティブなことだけではなく、ポジティブに転職する目的を考える必要があるんだね。

「転職の目的の再考」のやり方

ぼっち

でも実際に、どうやって転職の目的の再考をするの?

はかせ

代表的な方法として、次の2つのやり方がある。

1 「不満」を前向きな言い方に変換する

「給与が安い」→「人事評価制度がオープンな会社で働きたい」

「会社の方針に不満を感じている」→「共感できる理念を持つ会社で働きたい」

はかせ

このように、前職の不満を「前向き」に言い換えることで、自分が仕事に求めていることがわかるんじゃ。

2 求める職場の条件を決める

  1. 給与
  2. 人間関係
  3. 業界・職種・業種
  4. 得られる経験・スキル
はかせ

自分の不満を前向きな言い方にしたうえで、転職先に求める条件を上記4つをもとに明確にしていくのじゃ。

まとめ|「転職する目的の再考」は明確に!

はかせ

いかがじゃったかの?

「転職する目的の再考」に困ったら、このページを参考にして考えてみるんじゃ。転職サービスの中には棚卸しや転職の目的の相談を含めて手厚くサポートしてくれる転職エージェントもある。これらもぜひ活用してみるべきじゃな。

ぼっち

はかせは、転職しないの?

はかせ

ワシには!ム・リ!

スポンサードリンク

業界・職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェントランキングを見よう

IKIKATA Databaseでは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめています。気になる業界・職種がある方はぜひ下ボタンからご覧ください!