概要の意味と使い方は?要約との違いとビジネスシーンでの例文を解説

概要の意味と使い方は?要約との違いとビジネスシーンでの例文を解説
スポンサードリンク

「概要」とは、どのような仕事内容なのでしょうか? 

日常よく使われる言葉でも、その意味合いを深く理解していないと、コミュニケーション不足やコミュニケーションの失敗に繋がってしまうことがあります。

特に、ビジネスシーンで多く用いられる「概要」という言葉は、商談や会議などでよく用いられる言葉なので、正確に理解しておきたいところです。

そこで今回は、概要の本来の意味や定義のほか、ビジネスシーンでの例文などを含めて概要の意味合いについて解説していきます。

あやふやな理解で終わっているな…という方はぜひ参考にしてください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「概要」とは?|意味・定義を解説

「概要」とは?|意味・定義を解説

 

「概要」とはどのような意味なのでしょうか? ここでは、概要の意味や定義、そして例文や用法について詳しく解説していきます。

「〇〇の概要について」「概要について話す」など、仕事でよく用いられる言葉の意味を知ることで、社内でのコミュニケーションをより正確なものにすることができるでしょう。

また、概要を使うビジネスシーンでは、概要自体の意味をよく理解しないまま使っている方も多いです。

そのため、ほかの関連語句との意味の違いなどもしっかり抑えたうえで、自分が損をしてしまうことのないように言葉の意味を知っておきましょう。

 

「概要」の読み方・意味・定義

概要(がいよう)とは、「全体の要点をまとめた内容」のことを指します。

会議内容の要点や決定事項をまとめた書類や、アイディア案の取りまとめたもののざっくりとした内容を示す資料などに「概要」が使われますね。

概要の辞書的な意味合いは下記の通りです。

全体の要点をとりまとめたもの。大要。あらまし。「事件の概要」

引用:概要とは – コトバンク

概要とは、物事の「大まかな内容」のことを表すと知っておけばおおよその意味は理解できたことになります。概要は、平たく言い換えると、「おおよその内容」「だいたいの内容」という意味です。

「概ね(おおむね)」の「要(かなめ)」であることから、「だいたいの重要な内容について書かれているもの」であると理解できるでしょう。

 

ビジネスシーンにおける概要の意味

ビジネスシーンにおいては、会議や商談などありとあらゆる打ち合わせが行われています。

たとえば、経営トップが中長期の会社の方針を固める会議内容をまとめるときには、「事業方針の概要」をドキュメント化して保存しておきます。

また、新規事業を立ち上げるときには事業のビジネスモデルや収益を上げる方法、今後取り組むべきことなどを取りまとめた「新規事業概要」を作成します。

チームやプロジェクト単位で仕事をしたことがある方や、定期的に開かれる会議に出席する方であれば、概要に意味を理解することは難しくないでしょう。

つまり、「〇〇概要」という場合には、〇〇の中身を分かりやすく全員に共有する資料ということになります。

デスクワークでおこなう資料作成は、そのほとんどが概要の作成であるといっても過言ではありません。

  • 企画内容のプレゼン資料
  • プロモーション施策の概要
  • 新規商品案の概要
  • 広報資料の作成
  • etc…

社内・社外を問わず、ビジネスシーンでは考案したことや計画したことを綿密に記録するとともに、その計画ができる限り素早く関係者に理解してもらえるように、分かりやすい資料を作成する必要があります。

つまり、「概要」といいつつ内容を全て解説している資料や、大切な部分が抜けている内容の資料は、概要と呼ぶことはできません。

 

コミュニケーションをするうえで重要な概要の意味

ビジネスシーンでも日常会話でも、「概要」を説明できるスキルはとても重要なものになります。

たとえば、「livedoorNEWS」では、記事の冒頭で「ざっくりいうと」というコーナーがあり、記事内容を箇条書き3行で説明しています。

忙しい社会人やいち早く情報収集したい方にとっては、「概要」はとても役立つものなのです。

ネットニュースだけではなく、コミュニケーションにおいても「概要」を意識したうえで会話をすることはとても重要なスキルです。

  • 複雑な出来事の経緯をざっくり説明したいとき
  • 時間はないが相手に何が起こっているか説明したいとき
  • セミナーや講演会後に質問をするとき
  • 自分のアイディアを短い時間で相手に伝えたいとき

このように、ありとあらゆるシチュエーションで、「概要の説明」は重要になってきます。概要を意識してコミュニケーションを取る場合には、様々なノウハウがあります。

しかし、もっとも意識すべきことは「目的を最初に伝える」ということです。

たとえば、上司にミスを報告するときのケースで見ていきましょう。

「上司にミスを報告するときの概要の伝え方」

■悪い例

「今回のミスなのですが、まず〇〇さんから渡された資料が間違っている箇所があり、訂正作業をおこなう必要がありました。それを修正するのは私だったのですが、代わりにBさんがやってくれると申し出ていただけたので、代わりに任せることにしていました。ただ、その後Bさんが引き受けたことを忘れていて…結局期日前に……」

■良い例

「今回のミスは資料の修正が期日に間に合わなかったことです。誠に申し訳ありません。私がAさんから引き受けるべきものをBさんに依頼してしまったことが原因です。今後、担当するものに関しては必ず自身が引き受けます。また、ほかの方に依頼する場合には上司にその旨連絡したうえで指示をいただくように致します。」

今回、あなたは資料修正を誰かに任せてしまい、結局期日前に修正することができなかったことを報告するハッキリとした目的があります。

ただ、悪い例では経緯や経過状況から時系列で少しずつ話しているため、聞き手の上司からすると「早く結果を言ってほしい」と感じるはずです。

概要を説明するとは「目的や重要な事項のものから順に必要な分だけ話す」ことでもあります。

ビジネスシーンでは、会話内容に概要の考え方を取り入れるようにすると、単純明快な説明を心がけることができるようになるでしょう。

 

「概要」の英語訳は?

概要を英語訳で伝える場合には、「outline(アウトライン)」「overview(オーバービュー)」が訳語になります。ビジネス用語として、そのままカタカナ語として使われるのは「アウトライン」です。

「アウトラインに沿って説明する」などと言う言葉で使われることがあるので、「概要と同じ意味だな」と理解しておけば問題ありません。

 

「概要」の例文・使い方

概要はすでに解説した通り、会議資料や事業・企画内容のおおよその内容を資料で共有するときに使われる言葉です。

  • 会社概要
  • 会議の概要資料
  • アイディア案の概要説明
  • 企画書の概要
  • 本の概要
  • 事件の概要

ビジネスシーンだけではなく、複雑な物事のおおよそのあらすじやまとめを意味する言葉として利用することができます。

また、要約との違いを明確にしておけば、ハッキリとした使い方ができます。

 

 

「概要」と「要約」の違い

概要と似ている言葉として「要約」があります。ようやくとは、文章などの要点(重要部分)をまとめたもののことを指します。

[名](スル)

1 文章などの要点をとりまとめること。また、そのまとめたもの。「読んだ本の内容を要約して話す」
2 約束を結ぶこと。また、約束。

引用:要約 – コトバンク

概要と似ている要約という言葉ですが、概要に比べて要約は範囲が狭い点にニュアンスの違いがあります。具体的な例として、「国語の問題の要約」を挙げます。

国語の問題の要約文は、出題された文章のうち、「この文章で筆者が伝えたいことは何か、○○文字以内で要約しなさい」という問題で出されます。

つまり、「文章などのもっとも大切な部分だけを抜き出して書く」ことにニュアンスがあります。一方、概要を書く場合には「文章内容の大まかな流れを簡潔にまとめて書く」というニュアンスです。

イメージとしては、要約のほうがややまとめるための分量が少なくなり、概要ではある程度の文章量が必要になると見て良いでしょう。

 

 

「概要」の類語の意味

概要には、要約以外にも様々な類語があります。ここでは、簡単にそれぞれの意味について解説していきます。

  • 概略:おおよその内容=「概要」
  • 大概:あらまし、だいたい、適度、ほどほど
  • 大要:だいたいの要点
  • 要覧:事柄の大要をまとめた文書のこと
  • 概観:だいたいの様子・状況のこと
  • 要説:全体を見渡して要点を解説すること

ビジネスシーンでは、「概略を説明する」「概観を見ていきましょう」などと概要に近いニュアンスの言葉が多用されます。

あなたも、上手に概要の類語を活用していき、効果的かつ効率的なコミュニケーションをしていきましょう。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|「概要」の意味を正しく理解しよう

まとめ|「概要」の意味を正しく理解しよう

 

今回は、概要の本来の意味や定義のほか、ビジネスシーンでの例文などを含めて概要の意味合いについて解説していきました。

ビジネスシーンで用いられる言葉の意味をよく理解しておくだけで、ビジネスや仕事で役立つときが必ずあります。

思ったよりも人は言葉をあやふやな状態で使っていることがあるので、今回の記事をひとつの学びととらえていただければ幸いです。

スポンサードリンク