適宜の意味とは?ビジネスシーンの例文と類語を詳しく解説!

適宜の意味とは?ビジネスシーンの例文と類語を詳しく解説!
スポンサードリンク

「概要」とは、どのような意味・定義なのでしょうか? 

日常よく使われる言葉でも、その意味合いを深く理解していないと、コミュニケーション不足やコミュニケーションの失敗に繋がってしまうことがあります。

特に、ビジネスシーンで多く用いられる「適宜」という言葉はよく用いられるものなので、正確に理解しておきたいところです。

そこで今回は、適宜の本来の意味や定義のほか、ビジネスシーンでの例文などを含めて適宜の意味合いについて解説していきます。

あやふやな理解で終わっているな…という方はぜひ参考にしてください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「適宜」とは?|意味や定義・使い方を解説

「適宜」とは?|意味や定義・使い方を解説

 

「適宜」とはどのような意味・定義なのでしょうか?

ここでは、適宜の意味や定義、そして例文や使い方について詳しく解説していきます。

 

「適宜」の意味・定義

「適宜」とは、状況にあっていることや、状況に適した行動を取ることを指します。辞書的な意味合いでは、下記の2つの意味合いが含まれていることが分かります。

てき‐ぎ【適宜】

[名・形動]
1 状況によく合っていること。また、そのさま。適当。「適宜な(の)処理」「成績不振者に適宜個人指導をする」
2 便宜に従うこと。その時々に応じて、各自の判断で行動するさま。「適宜に席に着く」「見学後適宜解散とする」

引用:適宜とは – コトバンク

ひとつめの意味は、「状況に適している物事」のことを指すのに対して、ふたつめの意味では「自分自身が適した行動を取ること」を指しています。

どちらも場合も、タイミングや時期・状況にマッチしている行動のことを指す点では同じになります。

たとえば、一番日常生活に近い場面でいうと、「トイレに行きたくなったときにトイレに行く」のも「気分が悪いから散歩してくる」のも「適宜」に当てはまるということです。

「適」「宜」の2つの漢字は、どちらも「あてはまる」という意味を持つ感じであるため、ニュアンスとして自己判断でその場にふさわしい行動を取ることを表していることが分かります。

ただ、日本人は適度なマナーや常識を個々人の道徳観や倫理観に委ねる傾向があると言われているため、適宜以外にも「適時」「随時」といった似たような言葉に溢れています。

そのため、適宜という言葉を使う際には、ほかの言葉でもっとふさわしい言葉がないかどうかを知っておくことが大切になります。

 

ビジネスシーンで使われる「適宜」の意味

日常生活やプライベートの行動は、それぞれ個人がふさわしいと思う行動を取ればOK。トイレに行くのも、起床や就寝時間も、すべて「適宜」行われていると考えて良いです。

しかし、ビジネスでは利益や人の思惑、損得勘定や経済的に合理的な行動かどうかなど、個々人に委ねられる適宜の幅が狭くなってしまいます。

たとえば、「休憩時間に適宜休憩して良い」という決まりが合ったとしても、家で過ごすようなやり方でオフィス内を自由に使えるわけではありませんよね。

つまり、ビジネスシーンにおける「適宜」は、合わせなければ行けない状況がビジネスマナーや社会常識、社会や社内の規則によってかなり縛られているものなのです。

そのため、上司や同僚、取引先から「適宜」という言葉を使われた場合には、適宜とは具体的にどのようなことなのかをきちんと聞いておくことが大切になります。

一般的な関係であれば、「適宜〇〇してください」という言葉で意思疎通がズレてしまうことはほとんどありません。

しかし、契約内容や約束、商談などの重要なやり取りについては、適宜のような個人の裁量に任せる発言を明確にしておく必要があるでしょう。

 

「適宜」の例文・使い方

「適宜」は意味を理解できてもなかなか使いにくい言葉です。

それはすでに解説した通り、結局その場その場のシチュエーションやタイミングによって、適宜が意味する事柄や行動の中身が変化するからです。

ただ、一般的な使われ方を知ることで、適宜のニュアンスがつかめるようになるかもしれません。下記では、適宜の例文や用法・使い方についてご紹介しています。

  • 適宜自由に休憩を取ってください。
  • 空いている席へ適宜着席してかまいません。
  • 適宜、自分の能力を最大限活かせる場所で働いている。
  • 何か問題があれば適宜連絡します。
  • 細かな修正点に関しては担当者に適宜連絡してください。
  • 適宜、仕事の進捗に関してメールをください。
  • 計画案は、適宜見直しを入れながら実施してください。
  • 自社のwebサイトを適宜更新する。

おおよそ、「適時」「随時」と同じようなニュアンスで使われることが多いことが分かります。たとえば、時間は決まっているが自由席のセミナーや講演会での説明に使用されることが多いです。

また、ビジネスシーンでは進捗報告や連絡のタイミングを具体的に指定せず、現場の判断に任せるケースなどに適宜という言葉を使います。

どれも「適切な状況・タイミングで行動してください」という点で同じ意味を持ちます。

 

「適宜」の類語

適宜には、先ほど例文・使い方の欄でご紹介したように、様々な類語・似ている言葉があります。

一般的には、類語を適宜と同じ意味合いで使ってもニュアンスが伝わりますが、場合によってはコミュニケーションロスになる可能性があります。

適宜の意味と合わせて、類語の意味内容についても詳しく知っておくことが大切です。

「随時」の意味

1 適宜な時に行うさま。その時々。「随時巡回する」

2 日時に制限のないさま。好きな時にいつでも。「随時入院することができる」

引用:随時 – goo辞書

随時とは、「適宜なときにおこなう行動のこと」を指しますが、同時に日時に制限がないということを表す言葉になります。「時間的に考えて、条件が揃っているときに行動すること」を指します。

つまり、「随時」は「ある目的などに当てはまる時に何かを行うこと、特に日時に制限を設けずにその時々の必要に応じて何かを行うこと」、「適時」は「何かを行うために、時間や条件などがちょうど良い時」を表す語となっています。

つまり、「適宜」と似たような意味ですが、ニュアンスとしては時間的に適切なタイミングで行動してください、行動していますということを指します。

たとえば、「原稿の修正に関しては随時おこなうこと」というときは、特に原稿修正時間に制限はないけど、修正作業は必要なときにおこなってください…ということを表します。

 

「適時」の意味

ちょうどよい時。「適時に席を立つ」

引用:適時 – goo辞書

「適時」は、「ちょうどよいとき」のことを指します。適時や随時に比べて、使われる言葉も多いのではないでしょうか。

「適時〜〇〇してください」と言われたときは、ちょうどよいと自分が判断するタイミング・シチュエーションで行動すること」を指していますので、あなたが自分の判断で何かを実行していいということになります。

ただ、ビジネスシーンにおいて「適時」という言葉を使われた場合には、自分が考えている裁量の範囲と、指示を伝えてくる上司との間で、適時のニュアンスが異なる場合があります。

自分はどの範囲まで自分で決めていいのかは、ビジネスシーンではハッキリ聞いたうえで行動するべきでしょう。

 

「適度」の意味

[名・形動]程度がほどよいこと。また、そのさま。「適度な(の)運動」「適度な(の)湿り気」

引用:適度 – goo辞書

適度とは、「程度がよい」ことを表します。適度な運動、適度な食事など、一般的にちょうどよいことを表す言葉として、日常でも多く使われる言葉です。

適時とニュアンスが似ていますが、適時がタイミングを表すニュアンスであるのに対して、適度は程よい分量やレベルのことを表します。

ただ、こちらも「適度に〇〇をやっておいて」という指示をビジネスシーンで出された場合には、「適度」がどのくらいの基準・レベルを表しているのかをしっかり確認することが大切です。

たとえば、「〇〇の資料を適度な枚数印刷しておくこと」と言われたとします。この場合、30人が出席する会議資料であることが分かっていますが、30部ちょうどではなく5枚程度多めに刷っておくなど、適度には少し余裕を持たせるべきときがあります。

 

「適切」の意味

[名・形動]状況・目的などにぴったり当てはまること。その場や物事にふさわしいこと。また、そのさま。「適切に判断する」「適切な表現」

引用:適切 – goo辞書

適切とは、「状況や目的に合っていること」を指します。適度や適時と比較してみると、より目的にそぐう方法や行動のことを表すニュアンスがあります。

たとえば「最終的な目標があって、そのために一番優先してやるべきことは何か?」を考えたうえでとる行動は「適切な行動」になります。

適切な行動は、仕事やビジネスにおいては時代や環境によって異なります。そのため、周りとの協調性やコミュニケーションが不足していると、適切な行動を自分は取っているつもりでも、客観的に見るとそうではないということがあり得ます。

いつでも自分の行動を振り返り、適切な行動や目的に沿ったアクションが取れているかを確認することが大切になります。

 

「適当」の意味

[名・形動](スル)
1 ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。「工場の建設に適当な土地」「この仕事に適当する人材」

2 程度などが、ほどよいこと。また、そのさま。「調味料を適当に加える」「一日の適当な仕事量」

3 やり方などが、いいかげんであること。また、そのさま。悪い意味で用いられる。「客を適当にあしらう」「適当な返事でごまかす」

引用:適当 – goo辞書

「適当」は、日常生活では「何となく」「軽い気持ちで行動する」というニュアンスを含みますが、本来の意味は適時や適切といった言葉に近い意味合いを持ちます。

ただ、こちらは場合によっては「いい加減な行動」という風にとらえられてしまうため、ビジネスシーンで使うのは避けておいたほうが紛らわしくありませんね。


ここまで、「適宜」とそれに関連する語句や類語の意味について、主にビジネスシーンの観点から解説してきました。

仕事の現場では、「ちょうどよいタイミングやシチュエーションのときに取るべき行動」が自然と求められます。しかし、現場や指示をおこなう上司などで、言っていることが違うなどということが発生する場合がありますので、注意が必要です。

特に「言われなくても伝わるだろう」と考えているフシがある上司が直属である場合には要注意です。

後から叱責されることがないように、あやふやな部分はしっかり裏取りをすることを忘れないようにしましょう。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|適宜の意味を正確に理解したうえで活用しよう

まとめ|適宜の意味を正確に理解したうえで活用しよう

今回は、適宜の本来の意味や定義のほか、ビジネスシーンでの例文などを含めて適宜の意味合いについて解説していきました。

適宜や関連する語句に関する使い方は、ビジネスシーンでも絶妙なニュアンスを理解しなければいけない場合です。

そのため、意味を理解するだけではなく、「適宜」「適時」といった言葉に含まれる内容を事前にチェックしたうえで行動することが大切です。

今回の記事を参考に、ぜひビジネス用語を適宜、使えるようにしていきましょうね。

スポンサードリンク