若手必見!「事務職に向いていない」と感じる人が実践すべき2つの解決策

若手必見!「事務職に向いていない」と感じる人が実践すべき2つの解決策
スポンサードリンク

「自分は事務職に向いていないのではないか?」…事務職として働き始め、あまり時間が経っていないにも関わらず、そう思っている方は多いのではないでしょうか。

事務職は、正確性が求められる仕事です。そのため、細かなミスや失敗一つ一つが自分にのしかかり、辛い思いをしているかたがたくさんいます。あなたもそんな事務職の一人でしょう。

しかし、つらい状態を脱却するためには、まだまだできることはたくさんあるのです。

今回は、「事務職に向いていない」と自信をなくしてしまっている方に向けて、取るべき行動を解説しています。事務職に向いていないのではないか、そう不安に思っている方は、ぜひ参考にしてください。

ぼっち

はかせ、ボク、最近仕事でミスばかりしてしまっていて…

自分は事務職に向いてないんじゃないかって不安なんだよね…。

はかせ

ぼっちよ、向いている・向いていないは結局職場の環境によることが多いんじゃ!

あまり気にしすぎてはいかんぞ。

今回は、事務職に向いていないと感じている人がどんな行動を取るべきかを解説していこう!

事務職に向いている人・向いていない人の違い

事務職に向いている人・向いていない人の違い
ぼっち

自分はミスばっかりするし、仕事は遅いし…やっぱ向いてないんだボクは…

上司にもいっつも怒られてばかりだしさ〜…

はかせ

悲観的になってしまう気持ちはすごく分かるぞ…

しかし、「本当に向いていないかどうか?」は客観的に見ていく必要がある。精神的に追い詰められているときは自分に自信がなくなるものじゃ。

まずは、事務職に向いている人・向いていない人の違いを見ていこう。

事務職に向いている人の特徴

  1. コツコツと単調な仕事をこなすことができる人
  2. ミスなく同じことを性格に行える人
  3. 「縁の下の力持ち」のような仕事が好きな人

事務職に向いていない人の特徴

  1. 人間関係をできる限り作らずに仕事をしたい人
  2. 接客や営業の仕事に魅力を感じる人
  3. 作業的な仕事が上手くできない人

事務職は、職場の様々な方々と密なコミュニケーションを取りつつ、「電話対応」「書類作成」「お客様対応」などのオフィス内業務を行う仕事ですよね。

そのため、毎日同じように発生する作業的業務をコツコツと性格にこなせる人が、「向いている人」といえます。つまり、ミスや失敗をしてしまうと「自分は事務職に向いていないのでは?」と思ってしまいやすいのです。

あなたの悩みの原因は、ミスや失敗にあるのではないでしょうか?

事務職に向いていない人に当てはまったらどうすべき?

事務職に向いていない人に当てはまったらどうすべき?
ぼっち

どうやら自分はこの仕事に向いていないようだ…(泣)

はかせ、ボクどうしたら良いと思う??

はかせ

「事務職に自分は向いていないのではないか?」と感じている場合、2つの解決策がある。

ひとつは「事務職以外の仕事へ転職すること」。もうひとつは「他の職場へ転職すること」じゃ。

「事務職に向いていない」と感じるあなたは、自分の仕事ぶりにかなり不安を抱いているのではないでしょうか?

ミスを連発してほかの社員に迷惑をかけることが多かったり、細かなミスが多く上司に叱られたり…と、「辞めたい」と思ってしまう出来事がたくさんありますよね。

でも、このまま悩み続けても解決することはありません。まずは、行動することが大切です。

「自分は向いていないのでは?」と感じる方が取るべき行動は、下記のどちらかになります。

  1. ほかの職種へ転職する
  2. 事務職としてほかの職場へ転職する

それぞれ、あなたがどのような行動をとるかで、準備することや知るべきことが変化します。

1、2のそれぞれについて解説していますので、事務職の仕事をこのまま続けることに不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

1 ほかの職種へ転職する!|おすすめの職種一覧

ほかの職種へ転職する!おすすめの職種一覧
ぼっち

他の職種へ転職って言っても…どんな仕事なら転職できるんだろう??

はかせ

基本的に、未経験から目指せる求人を探すことができればどんな仕事でも転職は可能なんじゃ!

しかし、ここでは未経験求人の多い職種を4つ紹介しておる!

まずは、この4つから転職する職種を考えてみるんじゃ!

ほかの職種への転職は、イメージよりも難しくありません。また、20代若手のうちであれば、「未経験可」の正社員求人を探し、採用してもらうことは十分可能です。

そのため、事務職に向いていないと感じている方は、働き方・職種自体を変えてみるのもひとつの方法です。ここでは、計4つの職種をご紹介し、「なぜおすすめなのか?」を解説しています。

1 営業職

営業職は、「個人営業」「法人営業」という種類に違いがありますが、自社の製品・サービスを顧客に提案し販売することが仕事です。

そのため、事務職のような作業的仕事よりも、顧客に合わせた提案方法を考えるなどクリエイティブな側面が強い仕事であるといえます。

事務職のような「細かな事務作業」に向いていないと感じる方が、最初に検討すべき職種です。

おすすめ記事:【お得な情報見つかる】「営業職」におすすめの転職サイトTOP5

2 経理

経理の仕事は、事務職と同様デスクワークが主となります。しかし、業務内容は一般的な事務職よりも専門的です。

具体的には、小口精算や預金管理、売上・入金確認や経費精算といったほかの従業員をサポートする部署における業務です。

そのため、事務職よりも専門知識を活かした働き方ができる点で、将来性があるといえるでしょう。

「事務職以上に専門特化したキャリアを積みたい」と考えている方におすすめの職種です。

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「経理」におすすめの転職サイトTOP5

3 販売職

販売職には、「アパレル」「ジュエリー」「化粧品」など、様々な種類があります。そのため、自分の働きたいジャンルで接客業の仕事をすることができます。

また、正社員以外にパート・アルバイトの求人も豊富にあるため、働き方を柔軟にできる点も魅力です。

事務的な仕事ではなく、接客業に携わりたい方は販売職への転職がおすすめです。

おすすめ記事:【お得な情報見つかる】「販売職」におすすめの転職サイトTOP5

4 介護職

介護福祉士(介護士)の資格がなくとも、介護職として働くことは可能です。また、実務経験を積むながら介護福祉士の資格取得をサポートしてくれる職場も多いため、業界を変えて仕事をしていきたい方におすすめできます。

介護福祉施設で働く人材は今後もさらに求められていくため、事務職から介護職への転職は現実的な選択肢であるといえます。

おすすめ記事:【お得な情報見つかる】「介護職」におすすめの転職サイトTOP5

 

ここまで、事務職からの転職でおすすめの職種をご紹介してきました。ここでは、より未経験から転職しやすい職種をご紹介してきましたが、決して4つの職種以外にチャレンジできないわけではありません。

他の職種への転職を検討したい方は、TOPページより転職したい職種を探してみましょう。

2 事務職としてほかの職場へ転職する!|職場を変える理由は?

2 事務職としてほかの職場へ転職する!|職場を変える理由は?
ぼっち

職場を変えたって、事務職の仕事が向いていないことには変わらないよな…

はかせ

いや、決してそんなことはないぞ!

ほとんどの場合、「向いていない」と思ってしまう原因は職場環境のせいなのじゃ。

「働きやすい職場」を見つけることで、仕事の悩みは解決する可能性が高いんじゃ!

「事務職に向いていない」と事務職の仕事を続けることに消極的になってしまっている方がすべきことは、決して他の職種に転職することだけではありません。

あなたが事務職としてうまく仕事ができていない理由は、「職場に原因がある」場合が多いのです。たとえば、あなたは下記のような経験がないでしょうか?

  • 細かなミスで上司にきつい言葉で叱られる
  • 分からないことを聞ける雰囲気の職場ではなく、仕事の仕方が曖昧になってしまう
  • 業務量が多すぎて仕事を効率的にこなすことができない
  • 話し方やコミュニケーションが取りづらい上司・同僚がいる

この経験がある方は、あなたの能力・適性とは別に「職場に問題がある」といえます。

人間関係が良好で、きちんとコミュニケーションを取りながら働ける職場を見つけることができれば、あなたは事務職として活躍できる可能性がまだまだあるのです。

ネガティブな理由で、これまで得てきた事務職のスキルを手放したくはありませんよね。そんな方は、事務職として転職できる職場を見つけることが重要です。

事務職の転職先を見つけるイチバン良い方法は、「転職エージェント」を活用した転職活動を行うことです。あなたの求める条件に合わせて求人を紹介してくれるだけではなく、面接対策やスケジュール調整などのサポートも行ってくれます。

下記では、転職エージェントのメリットをすべて解説しています。事務職として今後も働きたいと考えている方は、ぜひ下記もお読みください。

事務職の転職に「転職エージェント」がおすすめな理由

事務職の転職に「転職エージェント」がおすすめな理由
はかせ

事務職の転職では、通常の転職サイトではなく「転職エージェント」を活用することがおすすめじゃ!

転職エージェントは下記の理由からおすすめできます。転職が不安な方こそ、下記のメリットをしっかりおさえておきましょう。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成・面接対策)
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

特に、転職先の内部情報を教えてくれたり、自分の求める条件(休日のとりやすさ・給与など)に合った求人を紹介してくれる点は、「待遇の良い職場」を見つけるためにイチバン大切なことですよね。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。また、正社員への転職を目指す場合は、エージェント活用がほとんどの場合必須です。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきます。転職エージェントはなじみのない方が多いと思いますので、登録後の流れをつかんだ上で登録してしょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

事務職の転職で活用すべき転職サービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれます。転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。
ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「事務職」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|事務職の転職を成功させよう

まとめ|民間企業への転職を成功させよう
はかせ

転職エージェントを使えば、自分に合った求人を見つけることができるじゃろう!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職エージェント」に登録してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、「事務職に向いていない」と自信をなくしてしまっている方に向けて、取るべき行動を解説してきました。

今の職場で仕事を続け、仕事になれるまで耐えることが良い場合もあるでしょう。しかし、きちんと転職活動をすればほかにも求人はたくさん見つかります。

向いていない…  と自分を責めるのではなく、しっかりと現実的な選択肢を選び取ることが大切です。

今回の記事を参考にして頂き、ぜひよりよい職場・仕事を見つけてください。

スポンサードリンク

業界・職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェントランキングを見よう

IKIKATA Databaseでは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめています。気になる業界・職種がある方はぜひ下ボタンからご覧ください!