公務員から民間企業を目指したい!転職の不安を消すノウハウまとめ

公務員から民間企業を目指したい!転職の不安を消すノウハウまとめ
スポンサードリンク

公務員を辞めて、民間企業へ転職したいと考えている方は多いでしょう。景気が少しずつ上向きになってきており、働き方がどんどん変わっていく現代では、民間への転職も前向きに検討するべきです。

ただし、公務員が安定しているのは事実。職場に不満があっても、転職するほうがもっと心配になってしまい、なかなか転職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、公務員から民間企業への転職を考えている方に向け、明日から転職活動を始めることができるように情報を整理し、まとめています。

この記事を読むことで、民間転職を検討している公務員の方が転職を始めるための知識を身につけることができます。ぜひ参考にしてください。

ぼっち

はかせ、ボク公務員の仕事辛くて辞めたいんだけど…民間企業に転職できるかな??

はかせ

ぼっちよ、不安なことが多いじゃろうが、転職は可能じゃぞ!

公務員から民間企業へ転職するための知識を身に着けていこう!

公務員から民間企業へ転職するのは難しくない!

公務員から民間企業へ転職するのは難しくない!
ぼっち

公務員から民間企業に転職するのは難しいって言われてるよね…実際はどうなの??

はかせ

確かに、民間企業から民間企業への転職と比べると、「カンタンではない」のは事実じゃ!

しかし、それはあくまでも「何となく」転職を勧めているからに過ぎん!

きちんと準備すれば、民間への転職は十分に可能なんじゃ!

公務員から民間企業へ転職することは可能なのでしょうか?

結論から述べますと、公務員から民間企業へ転職することは「可能」です。

しかし、公務員から民間企業へ転職するためには、公務員の採用条件や転職時の課題などをよく理解した上で、ほかの転職者に遅れを取らないための知識を得ておく必要があります。

下記からは、公務員から民間へ転職したい思いがあってもなかなか実現できていない方や、転職方法が具体的にわからない方に向けて、いつでも転職活動が始められるようにアドバイスしていきます。

公務員の仕事を辞め、民間企業で新たなキャリアをスタートさせたい方は、必ず参考にしてください。

公務員から民間企業へ転職できる年齢・成功率は?

公務員から民間企業へ転職できる年齢・成功率は?
ぼっち

公務員から民間企業へ転職できる人ってどんな人?

はかせ

公務員のように年齢制限はないが、実質的に転職できる公務員は、20代〜30代前半の人じゃ!

最初に、公務員から民間企業へ転職することのできる年齢や成功率について詳しく見ていきましょう。

公務員から民間企業へ転職できる年齢

公務員から民間企業を目指す方のうち、比較的転職しやすい方は下記の条件に当てはまる人です。

  • 30代手前までの若手公務員
  • 30代以上の専門的な職種の公務員
  • 公務員をポジティブな理由で辞め転職活動を始めた人

若手であればあるほど正社員として民間への転職をすることがカンタンになります。一方で、30代以降ですと、ポテンシャルよりも「即戦力」として採用するかどうかが判断されるため、専門知識を活かした転職が望ましいです。

加えて、年齢に限らず「ネガティブな転職」があからさまな方は採用を見送られます。転職市場では、公務員出身者に限らず、「前の仕事を人間関係の悪さなどで辞めた人」「順応できず辞めた人」がなかなか採用されないのが実情です。

よって、民間企業へ転職するのであれば、「できる限り早く」が鉄則になります。

公務員から民間企業へ転職できる成功率

公務員から民間企業へ転職できる「成功率」を、正確なデータで表すことはできません。

しかしながら、民間企業ではミドル層(30代管理職)の採用も増えているため、若手でなくとも正社員採用を狙うことは十分に可能です。

ただし、民間でも通用する人材であることを証明するためには、公務員としてどんな職務経験があるか、管理職としての経験があるかなどが問われます。

「面接対策」が非常に重要といえるでしょう。

では次に、公務員から民間企業へ転職するメリット・デメリットを見ていきます。

公務員から民間企業へ転職するメリット・デメリット

本当に公務員を目指したい?転職する前に選択肢を知ろう
ぼっち

転職できるかどうかばっかり気になっていたけど、そもそも民間企業で働くことにはどんなメリット・デメリットがあるんだろう…?

不安になってきた…。

はかせ

公務員から民間企業へ転職するときのメリット・デメリットは下記でご紹介している!

ただし、結局は適切な「転職先選び」が重要なんじゃ!

公務員から民間企業へ転職するにあたっては、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 転職の良い側面・悪い側面を客観的に見ることで、転職への余計な不安を消すことができます。

公務員⇒民間のメリット

  • 結果を出せば公務員以上の年収を狙うことができる
  • 「やりたい仕事」を見つけるチャンスになる
  • 自分の市場価値を高めることができる

公務員⇒民間のデメリット

  • 安定性・福利厚生は千差万別である
  • 民間の仕事の仕方に戸惑うこともある
  • 解雇・景気による不安定性

要約すると、民間企業への転職で叶うことは「将来を自分自身で決めやすい」こと。しかし一方で、実力をつけていかなければ通用しなくなる可能性が十分あるということも事実です。

ただし、民間企業のデメリットは、あらかじめ上手に転職活動と転職選びを進めていけば回避できることばかりです。

まずは、スムーズに転職活動が進められるように転職活動の方法を学びましょう。

公務員から民間企業への転職を成功させる転職活動の方法

公務員から民間企業への転職を成功させる転職活動の方法
ぼっち

でも、転職自体が初めてだから、いろいろ不安だな…

実際にどうやって転職活動を進めれば良いのか教えてよ!

はかせ

転職活動の流れをおさえておけば、「次はコレをやるタイミング」と次の行動が分かる!

余計な不安を解消するためには、流れをおさえることが大切じゃぞ!

民間企業への転職では、下記のポイントに注意した上で転職活動を行うことが重要です。このポイントをしっかりおさえて転職活動を進めることで、余計な悩みを抱かずに転職したい仕事を見つけることができるでしょう。

1 転職先の条件を明確にする

転職先をあらかじめ絞り込むことが、転職活動では何よりも重要です。転職先の条件とは、下記のポイントのことを指します。

  1. 給与・福利厚生・勤務地などの条件面
  2. 仕事内容・役職などの業務内容
  3. 企業風土・人間関係などの職場環境

給与面などは募集要項を確認することで知ることができます。ただし、長く働くために重要なのは「気御風風土」「人間関係」といった職場の実情です。

企業の口コミサイトで実情を調べるだけではなく、転職エージェントを活用することで転職先企業の状況を知ることができます。

2 自己分析(キャリアの棚卸し)を行う

自己分析は、新卒入社/就職活動だけではなく、転職活動でも必ず必要です。

自己分析は、転職者が行う場合には「キャリアの棚卸し」といいます。新卒とは異なり業務経験・得ているスキルまで整理する必要があるからです。

「キャリアの棚卸し」の方法は下記記事でご紹介しています。まずは、転職活動前にざっくりと確認しておきましょう。

おすすめ記事:転職活動に必須の「キャリアの棚卸し」とは?

3 面接対策を行う

面接対策を行うことは、転職活動で採用される確率をアップさせるために必ず必要です。

履歴書や職務経歴書などを書くときは考えながら書くことができますが、面接では臨機応変にあなたの価値をアピールする必要があります。

面接対策では、大まかに下記のポイントに沿って行います。

  1. 自己PR
  2. 会社を志望する動機
  3. その職種・業種を志望する動機

面接対策は、転職エージェントにサポートしてもらうこともできます。一人で面接対策を行うのが不安な方は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

4 退職手続きを行う

転職したいと考えている方は、転職・退職の手続きが煩雑でなかなか転職活動を始められないという方も多いのではないでしょうか?

公務員の場合は、民間企業の会社員が退職する場合と退職手続きが異なりますが、基本は一緒です。

退職手続き・転職手続の方法をおさえておくと、余計な転職の不安を解消することができます。

退職・転職手続きで必要なことは下記記事でもご紹介しています。

おすすめ記事:スムーズな仕事の辞め方!転職前に実践したい退職準備のやり方 – IKIKATA

5 転職エージェントを活用し転職活動を始める

ここまで度々、「転職エージェント」を活用した転職をおすすめしてきました。おすすめしたのには多くの理由があります。

公務員から民間企業へ転職する場合には、あなたの適性や性格・強みを活かした転職先を探す必要があります。よって、転職の専門家に求人を選んでもらったほうが、転職活動はスムーズに進むはずです。

下記では、民間企業への転職を検討している公務員の転職者向けに、「転職エージェント」のメリットや使い方を解説しています。

転職活動を今すぐ始めたい方は、必ず参考にしてくださいね。

民間企業への転職には「転職エージェント」がおすすめ

民間企業への転職には「転職エージェント」がおすすめ
はかせ

民間企業への転職では、通常の転職サイトではなく「転職エージェント」を活用することがおすすめじゃ!

転職エージェントは下記の理由からおすすめできます。転職が不安な方こそ、下記のメリットをしっかりおさえておきましょう。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成・面接対策)
  • 時間がかかる転職活動でもサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

特に、転職先の内部情報を教えてくれたり、自分の求める条件(休日のとりやすさ・給与など)に合った求人を紹介してくれる点は、「待遇の良い職場」を見つけるためにイチバン大切なことですよね。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。また、正社員への転職を目指す場合は、エージェント活用がほとんどの場合必須です。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきます。転職エージェントはなじみのない方が多いと思いますので、登録後の流れをつかんだ上で登録してしょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

民間企業への転職で活用すべき転職サービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれます。転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。
ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「公務員」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|民間企業への転職を成功させよう

まとめ|民間企業への転職を成功させよう
はかせ

転職エージェントを使えば、自分に合った求人を見つけることができるじゃろう!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職エージェント」に登録してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、公務員から民間企業への転職を考えている方に向け、明日から転職活動を始めることができるように情報を整理し、まとめてご紹介しました。

公務員の方が民間企業に転職するのは、通常の転職よりも不安や心配事がかなり多いのではないでしょうか。しかし、ひとつひとつ「すべきこと」を整理して転職活動を進めていけば、余計な心配をする必要はありません。

ぜひ、今回の記事を参考に、転職活動を進めてみてください。

スポンサードリンク

業界・職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェントランキングを見よう

IKIKATA Databaseでは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめています。気になる業界・職種がある方はぜひ下ボタンからご覧ください!