40代女性でも事務職に転職できる?面接に受かる人の4つの特徴を解説

40代女性でも事務職に転職できる?面接に受かる人の4つの特徴を解説
スポンサードリンク

「40代女性の転職はむずかしい」…様々な口コミや転職の実例をみると、このような声が聞こえてきますよね。

実際、若手から事務職を目指すのに比べて、40代女性が事務職へ転職することはむずかしいのです。しかし、それは実情にあった転職方法を実践していくことで解決できます。

そこで今回は、40代女性が事務職へ転職する際に知っていきたい「転職できる人の特徴」と、具体的な転職方法についてご紹介しています。

ぼっち

はかせ、ボクのお母さんが事務職へ転職したいんだって!

でも、転職は難しいって聞いてなかなか行動に移せていないみたい…

はかせ

そうなのか!しっかりと準備しておけば、転職は十分可能じゃぞ!

ぼっち

そうなの!じゃあ具体的な方法を教えてよ!お父…はかせ!

はかせ(お父さん)

「お父さん」と言いかけただろ今!

事務職へ転職できる40代女性の特徴を知りましょう

事務職へ転職できる40代女性の特徴を知りましょう

40代女性が事務職への転職を目指す場合、若手と同じような転職方法や面接対策だけではなく、「今だからこそアピールできること」をしっかり面接や選考書類に書かなくてはなりません。

ここでは、40代から事務職へ転職できる人の特徴として、複数のポイントをご紹介しています。ポイントを知った上で転職活動を進めることで、自分の求める条件にあった職場を探しやすくなります。

1 家庭の事情を説明できる

基本的に、事務系の転職求人で有利なのは「若手」であることです。専門職とは異なり、事務職は若手で伸びしろがある転職者を優先して採用します。この点は必ずおさえておきましょう。

フルタイムではたらく場合にアピールポイントになるのは、「不安定な家庭事情がないこと」になります。

たとえば、手のかかる時期を過ぎたお子様しかいない場合には、その分「急に休むことになった」といったことが少ないですよね。

基本的に事務職は「不都合があまりない人」「しっかり仕事をこなしていくれる人」を採用します。

若手に比べて、あなた自身が家庭の事情に左右されることが少ないということをしっかり面接でアピールしましょう。

2 長く勤めていた仕事内容をアピールできる

前の仕事や休職前の仕事を長く勤めていた場合は、「職種」「勤続年数」などを詳しく伝えましょう。

数年で離職せず、長く勤めた会社がある場合には、それだけ採用する企業側があなたのことを「長く勤めてくれる人」と判断することができます。

3 身だしなみやマナーがしっかりしている

「年齢としての若さ」が、「仕事の出来具合」に反映されることは決してありません。しかし、現実として企業側は若手を優先して採用します。

事務作業のスキルや経験だけではなく、「受け答え」「基本的なビジネスマナー」「服装」など、細かな身だしなみやマナーを整えておくことがとても大切です。

休職期間のブランクがある方は、「どういった服装で面接に行けばいいんだろう?」と不安になることも多いと思います。

そんな方は、下記の記事を参考にすることで基本的な服装マナーを知ることができます。

おすすめ記事:女性の転職面接での服装はどうすべき?パンツスタイルはNG?

4 基本的な事務スキルがある

基本的な事務スキルには、「資料作成」「顧客対応」など様々なスキルが挙げられます。顧客対応などの仕事は、事務職でけではなく他の仕事での経験も生かせるでしょう。

特に重要なのは「パソコンを扱うスキル」です。パソコンを使って資料を作成する基本的な技術を知って置かなければ、転職後に苦労してしまうでしょう。

パソコン操作が不安な方や、長い間パソコンを使っていない方は、自宅にあるパソコンを使って練習してみるのも一つの方法です。

事務の経験がある場合は、それほど苦労することではないでしょう。

ぼっち

なるほど。

  1. 子どもに手がかからない
  2. 前職の経験を整理して伝える
  3. 基本的なマナーがしっかりしている
  4. 事務経験がある

と転職活動で採用される確率が高くなるんだね。

はかせ

そうじゃ!

40代から事務職を目指す場合には、この4つに注意しつつ、「あまり大手ではない職場」を狙うことが大切じゃぞ!

ぼっち

なんで大手よりも小規模の職場がいいの??

はかせ

小規模の事務所などの事務職であれば、40代でも「長く働いてくれて」「基本的なスキルのある」ような人が求められているからじゃ!

転職できる人の特徴を知っておくだけではなく、自分に合った職場を選ぶことも大切です。

次ページからは、事務への転職を目指す方が、具体的にどのように転職活動を進めるべきかについて解説しています。

スポンサードリンク