公務員を辞めたい女性が知っておきたい民間転職のデメリット

公務員を辞めたい女性が知っておきたい民間転職のデメリット
スポンサードリンク

「公務員を辞めたい」と考えていても「公務員の転職は難しい」「公務員という仕事を失うことに抵抗がある」といった現実が立ちはだかります。

しかし、転職活動のポイントをしっかりおさえ、入念な準備をして臨めば、転職に成功することは十分に可能です。

そこで今回は、公務員を辞めたいと感じている女性に向けて「公務員が転職することのデメリット」や「転職活動のポイント」を解説しています。

民間への転職をすべきか悩んでいる公務員の方は、ぜひ今回の記事を参考にして頂き、転職活動をスタートさせてください。

ぼっち

はかせ、ボク公務員をやめようと思うんだけど…民間への転職は難しいのかな〜…

はかせ

一般的には、難しいと言われておるな!

じゃが、公務員が転職することのデメリットを理解したうえで転職活動を始めれば、民間企業への転職はそれほど難しいものではないんじゃよ。

ぼっち

そうなの!

はやく教えろーォ!!!

はかせ

お、落ち着け…💧

まずは、キミがなぜ公務員を辞めたいと思っているのかを整理してみよう。

そのほとんどは「人間関係」にあるはずじゃ。

 

女性公務員の仕事辞めたい理由第一位は「人間関係」にある!

女性公務員の仕事辞めたい理由第一位は「人間関係」にある

「公務員を辞めたい」と感じている女性のほとんどは、人間関係に悩んでいるのではないでしょうか。

人間関係に惑わされずに仕事をこなすことさえできれば、不安なことから解放されるのに…と感じている公務員女性がこの記事を読んでいることと思います。

あなたには関係のないことと感じるかもしれませんが、実際の調査を見ても、公務員が精神的に病んでしまい休職してしまう公務員は年々増えているんです。

一般財団法人地方公務員安全衛生推進協会「地方公務員健康状況等の現況(平成26年度)の概要」のデータでを見てみましょう。↓

主な疾病分類別の長期病休者(10万人率)の推移

引用:「地方公務員健康状況等の現況(平成26年度)の概要」 – 一般財団法人地方公務員安全衛生推進協会

つまり、人間関係などのストレスが原因で、うつになってしまったり、過度のストレスに耐えられなかったりする公務員の方は増えていることがわかりますね。

ぼっち

はぁ〜…やっぱり、ストレスで休んじゃっている人もたくさんいるのか…。

でも安定した仕事だし、辞めたい一方で転職するのも怖いんだよなぁ…。

はかせ

たしかに、転職活動に抵抗を感じる気持ちはよく分かるぞ。

じゃが、転職活動をすること自体にはまったくリスクはないんじゃ。

働きながら転職活動をすれば、失業のリスクなく希望条件の求人を探すことができるんじゃよ。

ぼっち

え…!そうなの??

それじゃあ、むしろ苦しみながら働くことのほうが、デメリットが大きいかもね。。

「公務員を辞めたい」と考えている女性の中には、今の公務員としての仕事から離れたいと考えている一方で、転職には前向きになれないと感じている方も多いはず。

しかし、もし注意点をおさえるだけで転職活動をスムーズに進められるとしたらどうでしょうか?

また、1人ぼっちで転職活動を必要はなく、在職中に転職アドバイザーと協力しながら求人を探せるなら、どうでしょうか?

公務員としての働き方を変えるのは、それほど難しいことではありません。

次は、公務員女性が転職活動を始めるときに悩みがちなポイントから、注意点や転職することのデメリットを解説していきます。

 

公務員女性が転職する際の注意点・デメリットとは?

公務員女性が転職する際の注意点・デメリットは?

 

ここでは、公務員から転職したいと考えている女性に向け、民間企業への転職活動を始めるうえで注意したいポイントをご紹介しています。

「公務員からの転職は難しい」とはよく言われますが、実際にどんな部分が難しいのかをしっかり理解したうえで転職活動をおこなうことで、今の仕事の悩みから解放される一歩を踏み出すことができます。

 

1 転職活動が難しいのは単なるイメージ

ハッキリとした統計や調査データがあるわけではありませんが、一般的に「公務員が民間企業ではたらくのは難しい」と言われることが多いですよね。

「公務員は民間に転職することが難しい」と言われる理由

  1. 売上・利益を上げる必要がない仕事しか経験していないから
  2. ビジネス現場での経験がないから
  3. 向上心がないから/緊張感がないから

つまり、利益を上げる企業で働く経験がないことが、「転職が難しい」と言われる理由になっています。

しかし、それは単なるイメージです。

あなた自身が上記3点についてしっかり理解したうえで、これまでの仕事経験を踏まえた自己分析をおこなえば、転職を成功させることは十分に可能です。

特に、若手公務員の方であれば「未経験職種」への転職は有利です。たとえば、事務職などの人気職種へ転職できる確率はとても高いです。

また「自己分析や面接のアピールはむずかしそう」と感じる方も多いと思いますが転職サイトではなく転職エージェントに面接対策や企業ごとの質問傾向をレクチャーしてもらうことをおすすめします。

面接を突破する準備を入念におこなうことができるでしょう。

 

2 悩みが解消するとは限らないが…

転職したからと言って、悩みがすぐに解決するわけではないことを心得ておくことが大切です。

また、「前職と同じような悩み」を持たないような職場選びが非常に大切です。

下記は、ミドル層(30代〜50代)の転職者が、転職後に感じる職場のギャップを表している調査結果です。

転職後に感じるギャップ

引用:https://mid-tenshoku.com/

引用:転職コンサルが教える「転職後のギャップ」を避ける方法。- エン転職

1位は「人間関係」、2位は「社風」と、人や環境の雰囲気が自分にとって働きやすいかどうかを見極めることが、転職活動では非常に重要です。

人間関係に悩んでいるのに、前職と同じような「苦手な上司」がいたらたまったものではありませんよね。しかし、そんな悩みも転職エージェントで解消することができます。

転職エージェントでは転職先の企業の社風や上司の人柄などを詳細まで教えてくれます。口コミサイトや掲示板で働く人の評判を見るよりも、転職エージェントからの情報のほうが、信ぴょう性が高いです。

 

3 「公務員」という立場・安定性が無くなる

民間企業に転職すると、今のような福利厚生・安定した給料をもらえることができなくなる…そう感じて転職を踏みとどまる人も多いと思います。

しかし、人材不足の影響もあって正社員募集の求人は増加傾向にありますし、求人をきちんと選べば安定した給与と福利厚生の充実した企業へ転職することは可能です。

また、公務員のように短い期間で異動すると、どうしても経験・スキルを身につけることができませんが、これは今後の社会で年収アップをしていくうえで大きな痛手になります。

今のうちに、安定しつつも給与と福利厚生の充実した正社員求人を探すことをおすすめします。

ぼっち

公務員が転職するのってデメリットばかりが注目されがちだけど…

  • 転職エージェントを通して転職活動をサポートしてもらうことができる。
  • 社風や職場環境、人間関係が良い職場を探すことができる。
  • 福利厚生と給料が充実している求人が選べるようになってきている。

から、思ったよりも不安なことがないんだね…!

はかせ

その通りじゃ。この3つに注意すれば、決して公務員の転職は難しくないんじゃよ。

今解説したことを頭に入れたうえで転職活動を始めれば、今の仕事よりも満足の行く環境で働くことができるようになるじゃろう。

行動するなら、すぐやったほうがいいな!

次のページでは、実際に公務員の女性が転職活動を成功させるために必ずおさえておきたい3つのポイントを解説していきます。

少しでも「転職しようかな?」と考えているあなたは、次のページを読むことでより自信を持って転職活動を始めることができます。

 

next ≫公務員女性が転職活動を成功させるためには何が必要??

スポンサードリンク