コンサルティングに資格は必要か?コンサルタントに転職する方法

コンサルティングに資格は必要か?コンサルタントに転職する方法
スポンサードリンク

「コンサルタントへ転職したいが、資格は必要なのだろうか?」…転職先を考えるときに、真っ先に気になるのは、転職する際に必要な経験・スキル、そして「資格」です。

コンサルタントを目指す場合にはどのような資格が必要なのか? 必要ないとすれば、他に何が必要なのか? を知ることは、実務経験がない以上、調べていくしかありませんよね。

そこで今回は、コンサルタントを目指す転職者向けに、コンサルタントの仕事内容から必要な資格、そして転職方法までを網羅してご紹介していきます。

コンサルタントへの転職を考えている方は、今回の記事を参考に転職活動を進めていきましょう。

ぼっち

ねぇ、はかせ、コンサルタントって資格持ってないとなれないの?

はかせ

そんなことはないぞ。しかし、コンサルタントの分野によって転職が有利になったり、仕事で活用できたりする資格はある。転職前に知っておいて損はないな。

ぼっち

じゃあ、どうやったら転職で有利になるのか教えてよ!早くしろ!

はかせ

わかったって…今どきの若者はすぐキレるな…

コンサルタントの仕事内容・役割

コンサルタントの仕事内容・役割

コンサルタントとは、民間企業や官公庁からの依頼により、組織の経営や方向性に対して分析を行い、アドバイスや指導を行う専門家です。そして、その指導・アドバイスを「コンサルティング」と呼びます。

企業の業種・仕事内容などにより、多種多様な種類のコンサルタントが存在します。専門的な知識を活かしたアドバイスを行う点は共通していますが、それ以外は実に様々です。

代表的なものとしては、経営のアドバイスを行う「経営コンサルタント」や、ITに関する知識を活かしてシステム構築などを提案する「ITコンサルタント」などがあります。

コンサルタント 5つの種類

コンサルタント 5つの種類

コンサルティング企業は「コンサルティングファーム」と呼ばれます。それぞれの得意とする専門分野や主として扱うコンサルティング内容により、大まかに下記の分類が可能です。

  1. 戦略系:経営戦略に関わるコンサルティング
  2. 人事系:人事制度や人材育成・研修などの人事部門の課題解決
  3. 金融系:財務・会計、M&Aなど金融分野に関する課題解決
  4. IT系:組織においてITを活用した業務改善やシステムの導入を提案・指導
  5. 総合系:戦略〜ITまで様々な分野を総合的に扱う

コンサルタントの中でも、ITや金融など専門分野に特化したコンサルティングを行う企業も多いため、前職で専門知識を身に着けた方がコンサルタントとして活躍するケースも多く見られます。

コンサルタントの仕事の流れ

コンサルティングの仕事の流れ

コンサルタントの仕事の大きな流れとしては、まずはクライアントからの依頼を受け、どのような課題を抱えているのかをヒアリングします。下記は、主なコンサルティングの仕事の流れです。

コンサルティングの仕事の流れ

  1. プレゼンテーション:プロジェクトの提案書作成(他社とのコンペもある)
  2. プロジェクト受注:プロジェクトを進めるためのチームを編成する
  3. 情報収集・インタビュー:問題を解決するための仮説立ての資料や情報を集める
  4. 仮説を立て分析→検証:問題を解決するための仮説を分析し課題解決方法を見つける
  5. 課題解決方法の決定・提案:依頼人(クライアント)へ解決方法を提案する
  6. 解決方法の実行支援:実際に課題を解決するためのサポート

依頼を受けた後は、実際に依頼人がどのような課題を抱えているのかをヒアリングした後に、解決策を導くための提案を行います。また、コンサル会社側で、問題に対してどんな分野のクライアントがふさわしいかも決定します。

クライアントとのコミュニケーションの中で、具体的な問題解決の糸口を見つけなければならないため、専門分野の知識・経験と、分析能力や論理的な思考力が問われる仕事になります。

コンサルタントに向いている人は?

コンサルタントに向いている人は?

コンサルタントに向いている人はどのような人でしょうか? ここでは、あくまでも一般的な傾向や特徴をご紹介していますが、自分はどの点に強みがあり、コンサルタントに向いているのかを整理しておくことが面接準備などでも重要になります。

1 ジェネラリスト

コンサルタントは「ジェネラリスト」として働くことを求められる仕事です。ジェネラリストとは、スペシャリストの対義語であり「様々な分野について精通している人」のことを指します。

コンサルタントは、様々な業界や分野の仕事と関わり提案を行うため、ジェネラリストとしての働き方が求められます。

IT、資源、物流、金融、公共、メーカー…と様々な業界と関わることは当たり前ですし、特に総合系ではときには人事、ときにはシステム導入…と様々な分野のコンサルティングをすることになるでしょう。

そのため、一つの分野を突き詰めて行く以上に、「様々な分野の仕事を並行して行う」ことが得意な方や、多くのことを経験して成長していきたいビジネスパーソンは、コンサルタントに向いているといえます。

2 向上心を持っている人

コンサルタントはジェネラリストと言いましたが、もちろん分野に特化したコンサルであれば、専門分野のスペシャリストになる必要があります。また、コンサルタントとしての経験・スキルを培うためには、「難しい課題・問題」に対処することも求められるでしょう。

要するに、コンサルタントは「簡単な仕事」ではありません。

「問題を自分自身で解決できない」からこそ、クライアントはコンサルタントに依頼します。よって、人並み以上に「問題解決」に関して常にスキルアップを考えていなければならないのです。

仕事に対して向上心を持って取り組みたいと考えている方や、成果や実績を残すためにどんな知識や方法が必要なのか?と考えることができる方は、コンサルタントとして活躍する性格の持ち主といえるでしょう。

3 海外を含めた様々な場所で働ける人

個々人の働き方や、企業の傾向にもよりますが、比較的コンサルタントは海外での仕事も多く発生します。日本企業は海外への進出を次々と狙っているため、その過程でコンサルティングを行うことも多いのです。

また、海外でなくとも「クライアント」のもとへ直接出向きコンサル業務を行うことが求められるため、一般的な事務系職種よりも圧倒的に「他の場所で働く」ことが多いこともコンサルタントの仕事の特徴になります。

海外やクライアント先など、様々な場所で同じパフォーマンスを発揮できる「場馴れ」の得意な方は、コンサルタントに向いているといえます。

4 お客様のために頭を集中して使える人

最後ですが、コンサルタントは「クライアントのために頭を集中して使うことができる人」が求められています。勤務時間を問わず、担当するクライアントのことを考える時間が必要なことも多いでしょう。

コンサルタントは、「思考して得た問題解決策」を提案し、実行に移すことで初めてお客様に貢献することができます。売る「モノ」が目に見えないことも、この仕事の特徴です。

よって、論理的に仕事を進める能力とともに、クライアントに親身に答えるヒューマンスキルも求められます。感情的にも論理的にも、お客様のことを大切にできる人は、コンサルタントに向いているといえます。

 

ここまで、コンサルタントに向いている人の特徴をご紹介してきました。どれも求められる水準が高いのでは…?と感じる方もいるかもしれません。

しかし、これはあくまでも一般的な傾向です。専門特化したコンサルタントとして活躍する方もいれば、海外には行かず国内でコンサル業務を行っている方もいます。

ただし、「コンサルタントにはこのような人材が求められている」ことを知った上で転職活動に臨むと、自分自身の強みを明確にアピールすることに繋げることができますから、必ずおさえておきましょう。

コンサルタントの給与・年収は?

コンサル業界は、専門としている業界や企業により給与が大幅に異なりますが、積んできたキャリア・経験を活かした仕事を継続することがカギになります。そのため、年収も年代により大きく変化します。

年代 平均年収
20代 480〜530万円
30代 670〜720万円
40代 810〜860万円

 

コンサルタントに資格は必要か?

コンサルタントに資格は必要か?

結論から述べますと、コンサルタントへの転職に必須の資格はありません。しかし、コンサルタントの分野・業務で活用できる資格やメリットになる資格があるのは事実です。下記では、コンサルタントで大きなメリットとなる資格一覧をご紹介しています。

経営・戦略コンサルタント

  1. 中小企業診断士
  2. 社会保険労務士
  3. 税理士
  4. 公認会計士
  5. 経営士
  6. MBA(経営学修士号)

 

ITコンサルタント

  1. ITコーディネータ
  2. 中小企業診断士
  3. プロジェクトマネージャー試験(情報処理技術者試験)
  4. PMP

 

その他のコンサルタントの場合も、関連資格を取得していることで有利になるケースがあります。コンサルタントの種類にもよりますが、国家資格・公的資格・民間資格まで活用できる資格を転職時には積極的にアピールするべきでしょう。

ただし、必ず必要ではなく、現役のコンサルタントとして働きながら取得を目指したり、実務経験を積むといった方法もあります。前職での経験を活かすコンサルを目指すことが最も大切です。

コンサルタントになるには?転職するためのポイント

広告代理店へ転職する方法とは?

では、コンサルタントへの転職で最も重要な「転職する方法」をご紹介していきます。コンサルタントの仕事は、自分の強みを活かしながらさらにスキルを磨いていくことができるため大きな魅力がありますし、収入アップを見込むこともできます。

コンサルタントへ転職するために必要なアクションを3つご紹介していますので、ぜひ参考にして頂き実践してみてください。

転職するために必要な3つのこと

転職するために必要な3つのこと

転職に必要なことはこの3つです。順に解説していきます。

1 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。

比較的余裕ができてきてからいざ自分自身のスキルを振り返ろうと思ってもなかなかできることではありませんし、転職を機会として自分を見つめ直さなければ、この棚卸しをするタイミングはほとんどありません。これを機に、自分の「経験・スキル」を過去の具体的な仕事内容とともに書き出しておきましょう。

2 転職する理由

転職することを考えている以上は、何らかの「理由」があるでしょう。理由のない転職はない、それは当然のことですが、実は転職する理由が固まっていないという可能性もあるのです。

「自分は何を要因として転職を考えているのか?」を今一度明確にして書き出してみましょう。それは給与・待遇面でしょうか? 仕事内容でしょうか? 求める人間関係でしょうか?

3 具体的な企業(職場)

自身の経験と転職理由をハッキリさせたあとは、具体的に「ここで働きたい」と思える企業を探す必要があります。具体的に企業を見ていくためには、業界に数多存在する企業をひとつひとつ調べるのではなく、「事業の内容」「商品・サービスの内容」などを区別して、自身の求める条件や「やりたいこと」に照らして選んでいく必要があります。

異業種への転職の場合は、具体的にどんな仕事があるのかについて詳しく知らない方がほとんどでしょう。その場合は、「実際どうなの?」はさておき、とにかく自分が「やりたい!」と思う仕事内容や、企業の提供するサービスや取り扱う商品を事前にリサーチしておくことが大切です。

ハッキリと「転職したい企業」が定まっていない場合でも、「転職したい業種・職種」をハッキリさせておくことで、転職活動における企業選びをスムーズに行うことができます。

「転職に必要な3つのこと」を学んだ上ですべき2つのこと

1で自分自身の経験・スキルを再確認し、2で転職する理由を明確にしました。さらに、3では具体的な企業選びをする準備を整えました。さらに、ここからすべきことは2つです。

4 志望動機を明確にする

「志望動機」は、「なぜこの企業に入りたいのか?」を明確にし、面接で企業側にあなたを採用するメリットを理解してもらうために必要な要素になります。

中途採用で最も採用基準として重視されているポイントは、「必要スキルの経験年数」です。

具体的に、どのような採用基準を変更されたのですか?(複数回答可)

引用:http://partners.en-japan.com/enquetereport/091/

参考:中途採用の採用基準について – エン人事のミカタ

応募先企業が、あなたを採用するメリットをよく理解するためには「マッチするスキルや人間性」をわかりやすい形でアピールする必要があり、そのためには具体的な経験に基づいた志望動機が重要になります。

参考記事:コンサルタントへ転職したい!採用される志望動機の書き方・伝え方

5 転職エージェントを活用する

「転職活動は初めて」という方は、コンサルタントの求人を紹介してくれる転職エージェントサービスを活用するか、求人情報を多数取り扱うサイトを活用することをおすすめします。

特に、「転職エージェント」は本来1人で進めなければならない転職活動を、業界に精通したエージェントがサポートしてくれるため、転職成功の確率がぐんと上がります。

下記では、転職エージェントのメリット・デメリットや、登録後の流れ、そしてオススメの転職エージェントをご紹介しています。コンサルタントへの転職を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

転職活動をする方法、決まっていますか?

転職活動をする方法、決まっていますか?

転職活動を検討している方の中には、どこの転職サイトを使うべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。とりあえず転職サイトに登録したはいいものの、なかなか企業選びが進んでいない…そんな方は「自分に合った転職活動の方法」を知った上で転職活動を始めるべきです。

自分に合った転職活動の方法を知るためには、「転職活動にはどんな方法があるのか?」をおさえて置く必要があります。ここでは、一般的な転職方法を3通りご紹介していきます。自分はどれに当てはまるかを確認しながら参考にしてくださいね。

1 転職求人サイト

転職者が個人情報や経歴・スキルを登録後、掲載されている求人情報を探すことのできるサービスが転職求人サイトです。「転職活動をする」というと、真っ先に思い浮かぶ方法ですよね。

代表的な転職サイトには、リクナビNEXTなどがあります。

とにかく自分で求人情報を探したい方や自分のペースで転職活動を進めたい方、転職が初めてではない方にとっては、最も効率的な転職方法です。

2 スカウトサービス

スカウトサービスとは、サービス上に登録された転職者に対して企業側がスカウトを送信しマッチングする転職方法になります。

代表的な転職スカウトサービスには、ビズリーチDODAがあります。また、通常の転職求人サイトの機能のひとつとして「スカウト」「オファー」の機能がある場合もあります。

転職サイトとは異なり、登録した方の経歴やスキルを元に「企業側から連絡が来る」ことが特徴です。今よりいい条件の企業へ転職したいと考えている方や、転職サイトを使うよりも確実な転職がしたいと考えている方におすすめの方法です。

3 転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴やスキル、求める条件をもとに求人情報を紹介してくれるサービスです。スカウトサービスとは異なり、企業と転職者の間に「エージェント」が仲介します。

転職エージェントには大手から業界特化型まで様々な種類があるため、「業界・業種が決まっている方」におすすめです。また、初めから最後までサポートしてくれるため「転職が初めての方」が最初に活用すべきサービスです。

転職に対する不安が大きい方は、自分一人で転職活動を進めるのではなく「転職エージェント」を活用してみてはどうでしょうか。転職エージェントについてもっと知りたい方は、下記を参考にしてください。

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントとは、いうなればあなたの「秘書」のような存在です。転職エージェントサイトは多数ありますが、共通しているのは「担当者がつき、転職活動を一貫してサポートしてくれる」ということ。

ここでは、転職エージェントを使用することのメリット・デメリットをご紹介しています。転職を検討している方は、下記のメリット・デメリットをよく理解した上で活用していきましょう。

メリット

自分に合った職場を探してくれる

転職エージェントの最大の特徴は、業界や転職事情に精通したエージェントが転職相談に乗ってくれること。つまり、あなたの特性や経歴を活かしたアドバイスを受けること、「どんなところに転職すべきか?」といった悩みを相談することができるということです。

その上で求人を紹介してくれるため、「自分に本当に合っているのだろうか?」という悩みを持つ必要がなくなりますし、万が一悩みを持ったとしても、その都度相談をすることができます。

転職が初めてな方や、転職に大きな不安を抱いている方にとって、一人で転職活動を行う必要がない転職エージェントはかなり心強い味方であるといえます。

転職活動に必要な準備をサポートしてくれる

相談やアドバイスだけではなく、内定を得るための面接の準備や面接に必要な選考書類の準備を行ってくれるのもエージェントの特徴です。また、在職しながらの転職活動で最も不安のある「スケジュール調整」も、最適な日程を企業側と相談した上で決めてくれるため、面接のスケジュール調整がとても楽になります。

転職活動は想像以上に「すべきこと」が多いため、「まず、何をすべきかわからない」という方にはぜひ転職エージェントをおすすめします。

デメリット

自分で数多くの求人情報を見ることができない

転職活動を複数回行っている方や、既に細かな条件等まで決まっている方にとっては、「多くの求人情報を見たい」が転職活動の最大のポイントといえます。

転職エージェントは、最適な求人を提案してくれるという点では優れていますが、どうしても「自分でみたい」という場合の量や効率としては一般の転職サイトに劣ります。

しかし、その分ひとつひとつの求人情報を綿密に紹介してくれるため、求人内容に対する信頼性は高いといえます。

転職する業界や職種・業種などが明確になっていない場合、一人で転職サイトを使い多くの求人を見ることは、転職活動に多くの時間を割いてしまうことになりますので、注意が必要です。

担当するエージェントによって対応が変わる

転職エージェントは、転職者によって担当者が就くシステムなので、その分具体的なサポートを得ることができます。反面、担当するエージェントによって、対応やアドバイスの内容に幅があることに注意が必要です。

転職エージェントサービスは、複数活用する方がとても多いというデータがあります。

転職の際は複数のサービスを使うべき

転職エージェントは「4社」以上の活用で転職に成功する割合がぐんと上がります。担当者に不安がある場合でも、それを解決する方法はあるといえますね。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

転職サービス選びのコツは?

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

■転職エージェントを選ぶコツ

  1. 求人数(多くの数がある分、選択肢が増える)
  2. サポート内容(エージェントサイトによってサポートしてくれる内容や方法が変わる)
  3. どの業界に強いか?(職種・業界に特化したエージェントがある)

この3つの観点から、自分にあった転職エージェントを複数活用していくことをおすすめします。

転職する際に活用すべき転職サービスは?

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

コンサルタントへの転職におすすめの転職サービスTOP5

はかせ

下記「おすすめ記事」では、金融業界への転職におすすめの転職サービスを紹介しておる!

おすすめ記事:【お得な情報見つかる】「コンサルタント」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|コンサルティング業界・コンサルタントへの転職を成功させよう

まとめ|コンサルティング業界・コンサルタントへの転職を成功させよう
ぼっち

なるほど!転職エージェントを使えば、自分の強みを活かした転職がしやすくなるね。

はかせ

そうじゃ。資格を取ってから…と考えていると、せっかく転職できるのに結局あきらめてしまった…ということになりかねない。しっかり自分の強みを理解した上で転職先を探すことが重要じゃな!

ぼっち

わかった!まずは転職エージェントに登録してみる。

はかせより全然頼りになりそうだなぁ…しみじみ…

はかせ

おい!頑張るのはこれからだっつーの!

ぼっち

はかせはすぐキレるなぁ。

今回は、コンサルタントを目指す転職者向けに、コンサルタントの仕事内容から必要な資格、そして転職方法までを網羅してご紹介してきました。

コンサルタントは、持っている資格よりも「前職での経験」やスキルが重要視されます。クライアントの課題解決のためには、現場に即した改善案を提案することが大切だからです。

今回の記事を参考に、ぜひ転職活動をよい形でスタートさせてくださいね。

スポンサードリンク