【例文】刷新の意味とは?一新との違いと読み方・類語を解説!

【例文】刷新の意味とは?一新との違いと読み方・類語を解説!
スポンサードリンク

「刷新」とは、どのような意味・定義を持つ言葉なのでしょうか?

刷新はビジネスシーンにおいても多用される言葉ですが、場合によっては他の言葉で言い換えたほうが良い場合もある、けっこう使いみちが難しい言葉です。しかし、意味や定義、そして使い方を覚えておくことで正しく使うことができます。

ビジネスの課題を解決するときに、正しく刷新の意味を理解したうえで行動できるよう、刷新の意味について深く理解しておくことが大切になります。

そこで今回は、刷新の本来の意味・定義について解説しながら、ビジネスシーンにおける刷新の意味や津例文、そして類語とのニュアンスの違いを解説していきます。

「刷新の意味あやふやだな…」と感じる人はぜひ参考にしていただき、仕事やビジネスシーンで活用してみてくださいね。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「刷新」とは?|意味と定義を解説!

「刷新」とは?|意味や仕事内容・役割を解説

 

「刷新(刷新)」とはどのような意味なのでしょうか?

ビジネスや政治で使われることが多い刷新にはどのような意味・定義があり、様々な観点からどのようなニュアンスで使われているのでしょうか?

多用される言葉のひとつである刷新は、ほかにも似たような言葉があり、実際に意味を正確に理解したうえで使っている方も少ないのではないかと思います。

そこでここでは、刷新の基本的な意味と定義をチェックした後に、例文や類語などを参考にしながら、刷新に意味について考えていきます。

 

「刷新」の読み方・意味・定義

刷新とは、「弊害の除いたうえでまったく新しいものにすること」を表す言葉です。

一新や更新がただ物事を新しくするのと比較すると、「悪い状況のものを見直したうえで改善する」という意味ととらえることができます。

辞書的な意味合いについては下記の通りです。

[名](スル)弊害を除き去って、全く新しいものにすること。「人事を刷新する」

( 名 ) スル 事態を改めて、全く新しいものにすること。

引用:刷新とは – コトバンク

主に組織など人の集合体の仕組みや制度を変えることを表す言葉です。また、ただ新しくするだけではなく、問題が起こっているときや根本的な問題を解決するためにおこなう行動を表します。

また、旧態依然とした仕組みや慣習を打ち壊し、新しく仕組みや制度を作っていくことも刷新と呼ぶことができます。

 

ビジネスシーンにおける「刷新」の意味

ビジネスシーンにおける刷新は、組織やチーム、部署などの体制改善などの文脈で使われることが多い言葉です。たとえば…

  • 「人事の刷新」
  • 「組織の刷新」
  • 「体制の刷新」

といったかたちで刷新という言葉が使われます。

主に刷新というと、仕組みづくりの権限や人事権を持っているトップやリーダーが、非効率な部分や悪い慣習として残っている部分を壊し、新しい風を組織に取り入れることを表します。

 

また、定期的に繰り返すものというニュアンスがある「更新」などとは異なり、定期的かどうかは関係ありません。「弊害」が起こっている組織や部署を新たに作り直すときには刷新を使います。

組織や部署、チーム、そして会社全体の弊害とは、下記のようなことを指します。

  • 専門に分かれた縦割りの部署が相互に関わりを持たずタコツボ化する。
  • チーム全体の雰囲気がある出来事を境に悪くなる。
  • 組織間の対立が激しく、ムダな競争意識が芽生えている。
  • 非効率・生産性の低い仕事の処理の仕方が慣習的になっている。
  • 会社の新規事業への投資が昨年度まで消極的だった。
  • 特定のグループが組織全体に悪影響を及ぼしている。

ビジネスシーンにおいては、必ず人間関係の問題が発生します。放置しておくと、組織全体の不和に繋がることも大いにあるでしょう。

また、人はほうっておくと楽な方向に物事を進めようと流れてしまうので、諦めや非効率が発生しないような仕組みづくりが求められます。

このように、組織のマネジメントの観点から、組織の刷新をおこなうのはとても重要なことなのです。

何か問題が起きてからでは遅いので、将来的に発生する弊害を予測したうえで刷新をおこなうケースもあります。

組織マネジメントについては、下記記事も参考にしてください。組織をまとめ上げるには、様々な観点からのマネジメント手法が求められます。

参考記事:マネジメントの意味とは?管理職初心者が知っておくべき定義と方法

マネジメントの意味とは?管理職初心者が知っておくべき定義と方法

2018.03.02

 

刷新の語源・漢字の意味

刷新は「刷(さつ)」「新(しん)」の2語で構成されている言葉です。刷新というと、そのまま解釈すれば「新しく刷る」ことを意味しますが、これだけでは意味が分かりませんよね。

そのため、2つの感じの意味をそれぞれ詳しく解説していきます。

 

「刷(さつ)」の意味

「刷(さつ)」とは、「こすって清める」「はく」という意味があります。これは「印刷」「増刷」などで使われる「刷」とは異なる意味合いがある言葉です。

デジタル大辞林によれば、刷には下記の2つの意味合いがあることが分かります。

1 こすって清める。はく。「刷新」
2 こすって文字を写し取る。する。「印刷・縮刷・増刷」

引用:刷(サツ)とは – コトバンク

刷は、版木を刷る動作を表す言葉(2の意味)ですが、それと同時に「汚れを拭い去るへら」という意味もあります。そのため、刷新の「刷」は、”弊害を拭い去る”という意味を表しています。

 

「新(しん)」の意味

「新(しん)」は日常生活でも「新しい」「新規性」などという言葉で比較的なじみ深い漢字です。新には、「支社の神位・位牌を作るために木を切り出す儀式」を意味するとも言われています。

また、木を切った際の切り口の鮮やかさが転じて「あたらしい」という意味で使われるようになりました。

つまり、刷新という言葉は「こすって清めること」「切り口が鮮やかなものであること」の2つの意味が込められている言葉になります。

語源を知ると、一新や更新などの類語との違いについても自然と明確になります。

汚れをへらで脱ぎ去るように、組織やチーム、部署の弊害を取り除くこと、鮮やかな切り口で新しい体制を作っていく意味を読み取ることができますね。

 

刷新の例文・使い方

刷新は、「悪いものを良いものに変える」というニュアンスで使うことができます。また、「○○を刷新する」というかたちで利用することができる言葉なので、使い方について迷うことはないでしょう。

刷新は、具体的には下記のような用法で利用されます。

  • 組織体制を刷新する
  • 管理体制を刷新する
  • 管理システムを刷新する
  • 会社の人事を刷新する
  • 賃金制度を刷新する
  • プロジェクトチームの非効率を刷新する
  • 導入し時間が経っている機器を刷新する
  • リニューアルに伴い店内のレイアウトを刷新する
  • 経営陣を刷新する
  • 会社の経営方針を刷新する。

「今の状態が悪いため良い状態に改善する」という意味で使うことができます。「新しくする」「変更する」などよりも上手く伝わる表現なので、状況によって使い分けていくことが大切です。

 

刷新の類語と意味の違い

刷新には似ている言葉や類語があります。

ここでは、特に似ている「一新する」「更新する」「改善する」と刷新の意味を比較しながら、それぞれの意味について解説していきます。

3つの言葉の意味を整理すると、下記のようになります。

  • 一新する:(特に問題はない場合でも)すっかり新しくすること
  • 更新する:前の状態を改めること、期間を伸ばすこと
  • 改善する:劣っていることを改めて良くすること

 

一新(する)

一新は、前の状態が悪い場合でも良い場合でも、物事を新しくするときに使うことのできる言葉です。

たとえば、人間関係に問題がある組織を改善するために社内人事を整えるのは「刷新」になりますが、特に人間関係やほかの課題がない場合でも人事異動を行う場合には「一新」になります。

ニュアンスの違いがわかりやすいため、使い分けもしやすいです。

 

更新する

更新は、「前の状態を改めること」全般を意味する言葉です。たとえば、免許証の更新や行政の手続きの最新世などが当てはまります。

刷新と意味の違いは明確ではありませんが、更新は前の状態の期間を伸ばすという意味があるため、刷新よりも悪い状態の改善というニュアンスが少ないです。

そのため、手続き的な側面や、期間の延期など場面で使う言葉といえるでしょう。

 

改善する

改善は、以前の悪い状態を改めて良くすることなので、刷新とほとんど同じ意味です。しかし、改善は細かな修正や欠陥の是正が含まれるため、局所的な場面で使われます。

たとえば…

  • 人間関係を改善する
  • 致命的な欠陥部分を改善する
  • 問題の発生源を突き止め改善する

このように「改善」を利用することが多いです。

刷新の場合は、個別の問題や課題も含めた全体を改善するニュアンスで使われることが多いです。

同じように使っても構いませんが、刷新はより抜本的、根本的な解決策を講じるときに使う言葉と認識しておくと使い分けがはっきりするかもしれません。

 

その他の類語

刷新にはほかにも類語があります。関連する言葉は下記の通りです。

  • 更始:古いものを改め、新しく始めること
  • 更生:もとの良い状態へと戻ること
  • 再生:動かない状態から、もとの動く状態に戻ること
  • 更改:前と異なる契約内容などに変更すること

状況によっては、刷新よりも上記類語のほうがふさわしい場合があります。状況によって使い分けられるように、それぞれの意味について詳しく抑えておくことが大切になります。


ここまで、刷新の意味や定義のほか、例文や使い方、類語などについて詳しく解説してきました。場合によっては、刷新以外の言葉のほうが状況的にふさわしい場合もあります。

ただ、類語よりも刷新は抜本的解決や根本的な問題への対処というニュアンスがあるため、大々的な対策を講じる場合などは「刷新」を使うべきでしょう。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|刷新の意味を正しく理解しよう

まとめ|刷新の意味を正しく理解しよう

今回は、刷新の本来の意味・定義について解説しながら、ビジネスシーンにおける刷新の意味や津例文、そして類語とのニュアンスの違いを解説してきました。

刷新の使い方や、類語とのニュアンスの違いを知ることで、状況に合わせて使い分けることができます。また、ビジネスシーンで「刷新」という言葉を聞いたときの理解力も高まるでしょう。

ビジネスの課題に立ち向かううえで多用される言葉なので、ぜひ意味を抑えておくことをおすすめします。ぜひ今回の記事を役に立ててくださいね。

スポンサードリンク