エグゼクティブの意味とは?キャリアアップを目指すなら知るべき用語

エグゼクティブの意味とは?キャリアアップを目指すなら知るべき用語
スポンサードリンク

「エグゼクティブ」という概念には、どのような意味・定義があるのでしょうか?

今回は、よく使われるけど実はあまり意味をよく知らない…そんな「エグゼクティブ」という言葉の意味や定義について詳しく解説していきます。

ビジネス現場でもよく利用される言葉なので、今後ビジネス現場で知らない用語が出てこないように学んでおくことが大切です。

また、エグゼクティブにはどうすればなることができるのかについても同時に解説しています。年収アップやキャリアアップを少しでも目指しているなら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、下記記事をぜひご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

エグゼクティブの意味とは?

エグゼクティブの意味とは?

 

「エグゼクティブ」という概念にはどのような意味があるのでしょうか?

ここでは、ビジネス用語として利用されることの多いエグゼクティブの具体的な意味・定義について詳しく解説していきます。

 

 

エグゼクティブとは?|意味・役割

企業などの上級管理職。経営幹部。重役。転じて、高級。ぜいたく。「エグゼクティブカー」

企業で運営・管理などにあたる上級管理職。企業の幹部。

引用:エグゼクティブ – コトバンク

エグゼクティブとは、主にビジネス用語として「経営者・経営幹部」「重役」という言葉として用いられます。

また、大企業の経営者・経営幹部には年収が高く富裕層が多いため、高級、ぜいたくという意味でも「エグゼクティブ」が用いられます。

たとえば、エグゼクティブが乗るような車は「エグゼクティブカー」ですし、エグゼクティブが泊まるようなホテルは「エグゼクティブホテル」となります。

(管理・経営などで)実行する,実行力のある.a man of executive ability 実行力のある人.

引用:研究社 新英和中辞典での「executive」の意味 – Weblio

また、形容詞として「実行する」「実行力のある」という意味でも用いることができます。経営層や経営者、重役は大きな責任と権限で物事をマネジメントすることが多いため、この意味にも納得できますね。

 

エグゼクティブの種類は?

 

エグゼクティブと呼ばれる経営層・重役などには様々な肩書があります。一般に、エグゼクティブと呼ばれるのは、CEOなど企業の経営に深く携わる役職を持つ人達です。

  • CEO(チーフエグゼクティブオフィサー):最高経営責任者。社長や代表取締役。
  • COO(チーフオペレーティングオフィサー):最高執行責任者。事業運営の最高責任者。
  • CFO(チーフフィナンシャルオフィサー):最高財務責任者。企業の財務の最終意思決定者。
  • CMO(チーフマーケティングオフィサー):最高顧客市場分析調査責任者。マーケティング部門長。
  • CIO(チーフインフォメーションオフィサー):最高情報責任者。情報そのものや情報技術を扱う部門長。
  • CIO(チーフインベストメントオフィサー):最高投資責任者。投資に関する最終意思決定を行う人
  • CTO(チーフテクニカルオフィサー):最高技術責任者。技術に関する最高意思決定を行う人。

そのほかにも「CHRO」「CKO」など様々な役割がありますが、一般に企業の管理職を管理する重大な役割を担う肩書の人が「エグゼクティブ」に当てはまります。

 

ほかにもある「エグゼクティブ」の肩書や用法

 

エグゼクティブは名詞の前に付けられることが多いため、様々な使われ方があります。下記では、その一例をご紹介していきます。

  • エグゼクティブプロデューサー:製作総指揮(TV業界)、プロデューサーのさらに上の管理職。
  • チーフエグゼクティブ(the Chief Executive):最高行政官・アメリカ州知事
  • エグゼクティブ・サーチ:社外から経営幹部を採用する方法の一手法
  • エグゼクティブダイエット:忙しい人向けに流行したダイエット手法

また、「エグゼクティブな雰囲気の〜」というような、高級感を表す形容詞としても、そのまま活用される事例もあります。


ここまで、エグゼクティブの定義や意味、様々な用法について解説してきました。エグゼクティブは、本来実行力がある人を形容したり、その立場にいる重役のことを表す言葉になります。

下記では、エグゼクティブを目指す方法について解説していきます。キャリアアップや年収アップをいつか達成したいと考えている方はざっくりとチェックしてみてください。

 

 

エグゼクティブを目指すにはどうするべきか?|目指せる人の条件

エグゼクティブを目指すにはどうするべきか?|目指せる人の条件

 

エグゼクティブを目指すとは、具体的には経営幹部や企業経営に携わるハイエンド人材を目指すということになります。

今では、ヘッドハンターや企業からのスカウト、転職エージェントを通した年収アップ・キャリアアップ転職の重要性がかなり高まって来ています。

そのため、今現在管理職として企業で働いている方や、プロジェクトマネージャーなど特定分野のマネジメントをしている方であれば、自身の経験・スキルに対して待遇の良い求人を見つけやすくなってきています。

そして、急成長中の企業などに転職すれば、経営企画に携わるエグゼクティブを目指すことも十分可能です。

下記では、エグゼクティブを目指せる方の特徴や条件をご紹介していきますので、「自分に当てはまっているかもしれない」という方は、ぜひ前向きに転職を検討しましょう。

 

1 管理職・マネージャーとして仕事をしている

今現在管理職・マネージャーとして現場の指揮を取っている方であれば、ほかの業界・企業でこれまでの経歴・社歴を活かした中途採用転職を目指すことが可能です。

管理職・マネージャーとしての仕事は、現場で実際に手を動かす人材を管理したり、目標設定をおこなったりすることが主な役割であるため、ほかの業界でも通用する可能性はとても高いです。

管理職・マネージャーの転職求人は、主に非公開求人や紹介、スカウトによって探すことがメインになります。一般転職サイトでは、なかなか見つけることができません。

転職求人を探すには、まずあなたがどの業界・企業へ転職したいのかを決めたうえで、転職エージェントを通して求人を紹介してもらうことが最も確実な方法です。

 

2 年収500万円以上の収入がある

年収500万円以上の収入があるなら、ミドル人材やハイエンド人材などの採用を強化している企業が多い転職エージェントや、スカウトサービスを活用することで、さらに年収アップできる可能性が高いです。

特に、外資系企業ではなく日系企業に勤めている方は、年功序列の文化がまだ残っている企業で働いている人も多いはずです。

そういう場合、本来もっと多くの年収が稼げるはずなのに、その地位で働いてしまっているというケースも十分ありえます。

同じ会社にずっといると、自分の人材市場価値を正確に測ることが段々むずかしくなっていくのです。

働く環境を変えれば、あなたの能力をもっと活かし待遇も良くなる企業で働くこともできます。転職活動自体は在職中にできますから、一度求人を探してみるべきです。

 

3 特定分野について深い専門知識がある

スペシャリスト的な専門知識を持っているが思うように年収が上がらない方や、独立しようか迷っている方も、エグゼクティブを目指せる可能性が高いです。

この場合、採用先の企業とあなたの専門知識・分野のマッチングが丁寧に行われる必要があります。権限や責任だけが増えても、転職にメリットがありませんよね。

そのため、転職エージェントを通してご自身のスキルに合った転職先を紹介してもらうことが最も効果的な転職方法です。


ここまで、エグゼクティブを目指せる人の条件を簡単にご紹介してきました。

あなたがすでに管理職・マネージャーの経験があったり、年収が伸び悩んでいるがまだまだキャリアアップしたいと考えているなら、転職することもひとつの方法です。

次では、実際に転職をする場合に、どうやって希望条件の転職先を探すのが良いかを解説しています。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

ただし、エグゼクティブを最終的に目指す転職では、転職サイトよりも転職エージェントやスカウトサービスを活用するほうが良いでしょう。

転職サイトでは、ハイキャリアを目指す人にマッチする求人が少ないですし、見つけるのも一苦労です。

転職エージェントは、自分の年代の年収の相場を確認したり、求人を出している企業のうち、ご自身が希望する業界の動向をチェックするに留めておくのが良いでしょう。

実際、転職サイトを通したら書類審査にすら通らなかった企業へ、転職エージェントを通して応募したら面接にこぎつけた…という事例もあります。

高待遇の転職先を見つけたいのであれば、「転職サイトよりも転職エージェント」というイメージを持っておくべきでしょう。

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を初めたいけど、なぜか不安…キャリアアップを目指したい人の中にも、そう感じている方は多いと思います。

転職活動に不安を抱えているなら、まずは「転職活動の全体の流れ」を知ることが大切です。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、そのうえで実際に転職活動を始めることで成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じず前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|エグゼクティブを目指すなら転職しよう

まとめ|エグゼクティブを目指すなら転職しよう

 

今回は、よく使われるけど実はあまり意味をよく知らない…そんな「エグゼクティブ」という言葉の意味や定義について詳しく解説してきました。

エグゼクティブは限られた一握りの人材しかなることができないと感じてしまいますが、一方で確実にキャリアを積むことを意識すれば決して夢物語ではありません。

また、上を目指す考え方で働き続けることができれば、これからの激動の時代でも、常に成果を出せるビジネスパーソンを目指すことができます。

エグゼクティブを最終的に目指したい方は、この記事をキッカケにしていただき、キャリアアップや年収アップを目指していきましょう。

スポンサードリンク