【ビジネス用語】鑑みるの意味とは?いまさら聞けない誤用のパターン

【ビジネス用語】鑑みるの意味とは?いまさら聞けない誤用のパターン
スポンサードリンク

「鑑みる(読み方:かんがみる)」とは、どのような意味を持つ言葉なのでしょうか?

鑑みるという言葉は使いやすく一般にも使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。

使いやすい言葉なので、無意識に使っているという方も多いかもしれません。しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。

そこで今回は、鑑みるの本来の意味や定義を解説するとともに、ビジネスシーンでの例文や使い方について解説していきます。また、「考慮する」「踏まえる」などの類語や言い換え、対義語の意味についても触れていきます。

「鑑みるの意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

「鑑みる」とは?|意味と定義を解説!

「鑑みる」とは?|意味と定義を解説!

 

「鑑みる」にはどのような意味・定義があるのでしょうか?

ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの環境では使われることが多いはずです。だからこそ、鑑みるの意味を検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。

しかし、鑑みるの意味・ニュアンスや内容は職場や個人の使い方によって異なります。もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。

鑑みるの本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。

もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。ぜひ活用してください。

 

鑑みるとは?|読み方・意味・定義

鑑みるとは「〜に鑑みる」「〜に鑑みて…」と使います。

意味は「先例や規範などのすでに決まったものに照らし合わせて考える」ことを指します。

似ている言葉や、類語などの言い換えができる場合と、できない場合があるので注意が必要なビジネス用語です。

辞書の意味は下記の通りです。

かんがみる【鑑みる】

( 動マ上一 ) [文] マ上一 〔「かがみる(鑑)」の転〕先例や規範に照らし合わせる。他を参考にして考える。 「先例に-・みて…」 「過去の失敗に-・み…」

引用:鑑みるとは – コトバンク

「これまでの事例に鑑みて〜だろう」というように使いますが、「〜を鑑みる」という誤用がとても多く、辞書や英語の訳文などでも度々誤用が見られる言葉として有名でもあります。

鑑みるは、「前例や事例に照らし合わせて考える」と言い換えることができます。そのため、「〜に」と用います。

しかし、間違った用法では「○○を鑑みて〜」となります。これを本来の意味に鑑みると「〇〇を照らし合わせて〜」と不自然な意味になりますよね。

ただし、誤用から生まれた使い方が広く一般に広まると、そのうちそれが正しい意味になるということはけっこう起きます。

そのため、このまま誤用が続くと、数年後には「〜を鑑みる」がふつうになってしまうかもしれません。

ただ、今現在は「〜を鑑みて」だと誤用だと知っている人も多いため、ビジネスで活用するなら誤用を避けたほうが良いでしょう。

また、意味を汲み取るのがむずかしい言葉なので、ほかの言葉で言い換えるのも良いかもしれませんね。

 

鑑みるの英語・語源・由来

ここでは、鑑みるの英語や、言葉の語源・由来について見ていきます。由来を知ることで、ビジネスや日常生活で「鑑みる」を使うべきタイミングがわかりやすくなります。

また、英語に触れる機会のあるビジネスパーソンも多いと思いますので、英語にすると鑑みるがどのような熟語になるのかを知っておきましょう。

 

鑑みるの英語

鑑みるは基本的に「…に鑑みて」と文中で使います。

そのため、英語でも下記のような熟語で使用されますので、3つを覚えておくと便利です。

  • in view of…
  • in consideration of…
  • in the light of….

参考:鑑みる – Weblio英和・和英辞典

いずれも、日本語に訳すと「…に鑑みて」となります。

「In view of her presentation skills, she should prepare for her presentation from 2 months ago.」であれば、「彼女のプレゼンスキルに鑑みて、彼女は2ヶ月前からプレゼン準備をすべきだ」となります。

 

鑑みるの語源・由来

鑑みるという言葉には「鑑(かがみ)」という漢字が含まれています。

「鑑」は「図鑑(ずかん)」「印鑑(いんかん)」「名鑑(めいかん)」などにも使われており、「物の形をうつすもの」「手本」という意味を持つ漢字です。

「〇〇の鑑だ」という風に能力の高い人を評価する言葉を聞いたことのある人もいると思いますが、その場合の「かがみ」とは「鏡」ではなく「鑑」、お手本のことを指します。

つまり、鑑みるとは「手本を参考にする」「手本を反映させる」という行動を指します。

鑑る(かがみる)が変化し「かんがみる」という読み方になったものとされています。

 

ビジネスにおける「鑑みる」の意味

ビジネスシーンでは、主にビジネス文書で「鑑みる」が使われます。報告資料や会議資料、その他様々なビジネス上の説明資料にも「鑑みる」が使われます。

ただ考慮する、考えるよりも、熟慮したうえで出した結論というニュアンスがあるため、公式文書でも使われることが多いようです。

「〜に鑑みる」とは、事例や先例、すでに決まっていることやすでに結果が分かっていることを分析したうえで、次の行動をどうするべきかを決めること。

たとえば、「過去の実績に鑑みて、今年度の実績目標を決定する」というように使われます。

ビジネスや仕事では、過去に一度行なったことや結果が出たことをもう一度初めからやるのではなく、手本・参考にしたうえで効率的に仕事を進めて結果を出す必要があります。

そのため「鑑みる」という言葉はかなり頻出する用語です。

ただし、ビジネス文書や書籍、インターネット上で「鑑みる」が使われている場合、本当にふさわしい使い方がされているかをチェックすることが大切です。

もし、意味がよくつかめないなということがあれば「〜に鑑みて」を「〜に照らし合わせて」と読み替えることをおすすめします。

 

鑑みるの例文・使い方

鑑みるの例文・使い方は下記の通りです。鑑みるはそれほど様々な意味合いで用いられることはありません。

しかし、正しい使い方とそれっぽいが間違った使い方が混同されているため、あなた自身が意味を理解しておくことが大切になります。

 

「鑑みた結果〜だった」

「鑑みた結果〜」という言葉で続く文書や説明を見たり聞いたりしたときは、「鑑みた結果」を「照らし合わせた結果」と読み替えましょう。

照らし合わせた結果に変換して意味が通じない文章や説明になった場合には、誤用の可能性があります。この場合、「考慮した結果」「振り返った結果」「考えた結果」とさらに言い換えをしてみます。

「考慮した」をさらに深い意味を持たせるニュアンスにするために使われている場合があるので、読み手側に注意が必要ですね。

 

その他の鑑みるの例文・使い方一覧

「鑑みる」の例文や使い方を一覧でご紹介しています。鑑みるが使われるほとんどの用例を掲載しているので、ビジネスや日常生活で目にする「鑑みる」はおおよそ理解できるでしょう。

  • 過去の事例に鑑みて、今回は〇〇という対策を実行に移すべきである。
  • 前回の失敗に鑑みてやるべきことをリストアップしていく。
  • 過去の実績に鑑みると、彼は今回もこのくらいの売上をあげてくれそうだ。
  • 先例に鑑みた結果、今回の方法ではうまくいかない可能性があります。根拠としては…

「事例や過去の出来事に照らし合わせて考えた結果どう考えられるか?」を説明するときに使いましょう。

 

鑑みるの類語・言い換え語

「鑑みる」は、ビジネスや日常生活で必ず「正しい使い方」がされているわけではありません。ケースによっては、出版されている書籍でも誤用が起きている場合があります。

しかし、もっと難しいのは類語との関係や意味の違いです。

ここでは、鑑みるとニュアンスの異なる類語との関係・違いについて解説していきます。また、「言い換え」に使える言葉も、最後に一覧で掲載しているので、「鑑みる」を他の言葉で言い換えたい場合に活用しましょう。

 

鑑みると踏まえるの違い

類語のひとつとしてよく疑問・質問にあげられるのが「踏まえる」との違いです。

踏まえるとは「物事の判断・考え方の根拠にする」という意味合いがあります。そのため、過去の事例を参考にするというニュアンスでは同じ意味を持つと考えて良いでしょう。

ただし、鑑みるが「先例に照らし合わせて考える」ことを表すのに対して、踏まえるは「先例を参考にして判断する」ことを表します。

つまり、鑑みるは事例と今の状況を照らし合わせる作業をするのに対して、踏まえるでは事例を基準として今の状況を判断するという意味があります。

踏まえるのほうが、決めるスピードが早く、考える量が少ないというニュアンスになりますね。

 

鑑みると顧みる(省みる)の違い

鑑みると顧みる(省みる)という言葉も似ています。しかし、この2つには大きな違いがあります。

顧みる(省みる)には、「過ぎたことを思い起こすこと」「振り返ること」という意味がありますが、これは人の感情に関係することです。

たとえば、懐かしい思い出を振り返ったり、大切だと感じることを思い出したり…というニュアンスです。

一方、鑑みるは、事例や過去の先例をもとに今の状況を考えることを指します。

そのため、顧みるのように感情を入れるわけではなく、あくまで客観的な分析をおこなうことを表します。

 

鑑みると考慮するの違い

鑑みるとほぼ同じように使われることの多い「考慮する」ですが、考慮の意味を調べると、鑑みると意味が大きく違うことに気づくことができます。

考慮するとは、「判断や行動を起こす前に、いろいろな要素を考えることや思いを巡らすこと」を指す言葉です。たとえば、「〇〇を考慮に入れる」「気持ちを考慮する」という用法があります。

考慮するという場合には、たとえば過去の実例がなく、全く新しいことを始めなければならないとき、使う言葉であるといえますね。

一方、鑑みるという場合には過去に同じような実例があるから、それを参考にしつつ次の行動のために考えることを指します。

一言でいうなら、実例がすでにあるかないかで考えると分かりやすいです。

ただし、「考慮する」という言葉は「過去の経験を考慮に入れて…」「過去の事例を考慮して…」という使い方があります。

そのため、主に先例を基準に今の状況を分析する場合には「鑑みる」を、新しい要素を取り入れて考えることに「考慮する」を使うようにすると良いでしょう。

 

その他の「鑑みる」の類語一覧

「鑑みる」では伝わらない!というシチュエーションの場合には、下記の言葉で言い換えて使うと良いでしょう。特に照らし合わせては分かりやすい言葉です。

  • 参考にする
  • 念頭に置く
  • 照らし合わせる

また、簡単なことなら「踏まえて」と表現したほうがふさわしい場合がありますので、状況によって使い分けましょう。

 

鑑みるの対義語

鑑みるにははっきりとした対義語があるわけではありません。

そのため、反対の意味となる言葉としては、「考慮に入れない」「踏まえない」など類語の否定で表現する必要があります。


鑑みるの意味や定義、そしてビジネスシーンにおける使い方・使われ方を解説してきました。

ここまで読んできた方は、鑑みるの本来の意味や定義について、これまで自分が知っていたこと以上に深い教養・ボキャブラリーが身についたと感じるのではないでしょうか?

ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね!

 

次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、「転職活動のコツ」を解説しています。あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。

  • 今の職場での人間関係やコミュニケーションに疲れている。
  • 仕事が楽しくなく、毎日が変わり映えしない。
  • ほかの業界・職種/業種に転職したいと考えている。
  • 給料をアップさせたいが方法が分からない。
  • 自分に合った職場はほかにあるんだと感じ始めている。

ひとつの項目でも当てはまるあなたは、用語を学ぶだけではなく、働き方や生き方を満足できるものにするために、働き方や生き方を変えるべきです。

「このままずっと同じ職場で働くつもりだ」と、あなたは自信を持って言えるでしょうか?

少しでも自信がないなと感じる方は、ぜひ下記の転職するための4つのコツをお読みください。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

2018.02.22

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25
スポンサードリンク