調理師は異業種・他職種へ転職できる!おすすめの転職先と転職方法

調理師は異業種・他職種へ転職できる!おすすめの転職先と転職方法
スポンサードリンク

調理師として働くのを辞め、異業種・異職種へと転職したいと考えている方は「どんな職種・業界へ転職しようか?」といった悩みを抱き、なかなか転職活動をスタートできていないのではないでしょうか。

確かに、調理師として働いてきた以上、どんな業界・職種であれば転職することができるのか、なかなか分かりづらいですよね。

しかし、調理師が異業種・異職種へ転職できる方法は数多くあります。また、転職先を探すことはそう難しいことでもありません。

そこで今回は、調理師からほかの業界・職種へ転職したいと考えている方向けに、調理師が転職しやすい職種や転職の具体的な方法について解説しています。

今回の記事を参考にして頂き、ぜひ転職活動を成功させてください。

調理師の転職では「転職エージェント」がおすすめ?

>>その理由はこちら!

ぼっち

調理師を辞めてほかの仕事をしたいんだけど…

上手く転職できる自信がないや…

はかせ

自信よりも、「調理師から転職するために必要な知識」を身につけることが大切じゃ!

まずは、調理師を辞めたい理由について考えてみよう!

 

調理師を辞めたい理由を明確にしよう

調理師を辞めたい理由を明確にしよう
ぼっち

はぁ、早くこんな職場やめたいなぁ。。。

はかせ

これこれ、ぼっちよ。

ほかの業界・職種に転職する前に、自分がなぜ、転職したいのかをハッキリさせておくことが大切じゃぞ。

そうしないと、また同じような悩みを抱えてしまう転職先を選んでしまうんじゃ。

調理師から異業種への転職を考えている方のほとんどは、「調理師」としての仕事が嫌になったり、仕事内容が自分に合わないと感じたり…といった経験を持っているのではないでしょうか。

調理師が「転職したい」と考えるキッカケは、おおよそ次のようなものでしょう。

調理師を辞めたいと思うタイミング

  1. 職場の人間関係が辛い
  2. 給料が低い
  3. 仕事内容があまり好きではなくなった
  4. 休みが少ない
  5. 労働時間が長い/忙しすぎる

特に、調理師の方々の中で最も多い「辞めたいと思うタイミング」は、仕事時間が長すぎて、精神的にも体力的にもかなり疲れてしまう…といったものです。

労働時間の長さや、職場の人間関係などは、調理師以外でも職場の悩みとして共通するものです。

そのため、業種・職種を変えても同じような職場に転職してしまう危険性は十分にあります。

だからこそ、「なぜ転職したいのか?」をハッキリさせ、次の職場に最低限求めたい条件を決めておくことが大切です。

求めたい条件とは、給与や福利厚生だけではなく、「人間関係」「残業時間」なども含んだものです。

自分に合った条件の求人を探す方法を知る前に、調理師が転職できる職種や仕事内容を下記でご紹介しています。

まだ転職したい業界や職種が決まっていない方は、ぜひ参考にしてください。

また、異なる業界・職種へ転職することだけが悩みを解決する方法ではありません。今の職場から転職するだけで、悩みが解決する場合があります。

調理師として働き続けたい方は、下記記事もぜひ参考にしてください。

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「調理師」におすすめの転職サイトTOP5

 

調理師が転職できる職種・仕事内容は?

調理師が転職できる職種・仕事内容は?
ぼっち

調理師が転職しやすい職種・仕事って、どんなものがあるの??

はかせ

大きく分けると…

  1. 「調理師の経験・スキルを活かす仕事」
  2. 「未経験から目指せる仕事」

の2つに分けることができるぞ!順に解説していこう!

調理師が転職しやすい職種・仕事内容には、どんなものがあるでしょうか。

未経験から目指せる職種には様々なものがありますから、「調理師のスキルを活かす/活かさない」にこだわらなければ多様な仕事を選ぶことができます。

下記では、「調理師の経験・スキルを活かした仕事」と、「未経験から目指せる仕事」の2つに分けてご紹介していきます。

それぞれ、青文字になっているリンクをタップすると業界・職種の転職サービス紹介ページにジャンプします。

 

調理師の経験・スキルを活かした仕事

 

未経験から目指せる仕事

もちろん、販売職や営業職、そして事務職への転職を検討した上で、飲食関連業界を目指すことも可能です。

また、調理師としての経験を活かした料理教室や講師などといった選択肢もあるでしょう。

調理師としての経験・スキル、そして資格を活かすかどうかは年収に直結するわけではありませんので、自分の得意分野に合わせて転職先を決めましょう。

では、具体的な企業を探すには、どんな方法が最もカンタンなのでしょうか?

未経験で他の業界や職種へ転職する場合には、求人の良し悪しや業界の常識を一人で調べ上げるのがとても大変ですよね。

また、人間関係の悩みが少なく、待遇の良い職場を見つけることもカンタンなことではありません。

しかし、そういった転職活動の悩みを全力でサポートしてくれるのが「転職エージェント」なのです。

 

調理師からの転職には「転職エージェント」がおすすめです

調理師からの転職には「転職エージェント」がおすすめです
ぼっち

なんで、普通の転職サイトではなくて、「転職エージェント」がおすすめなの?

はかせ

おすすめの理由は、「転職活動で必要なことを全部やってくれる」からなんじゃ。

たとえば、給与交渉や転職先の実情を調べたり、面接対策や履歴書の作成などをサポートしてくれたりするんじゃよ。

待遇改善のための転職も、親身になって相談にのってくれるじゃろう。

 

調理師から異業種・他職種への転職を考えるなら、転職サイトやハローワークを使った求人探しではなく、「転職エージェント」を使った転職活動をおすすめします。

調理師からの転職で転職エージェントを利用すべき理由は下記の通りです。

 

1 「給料が高い」「休みが多い」などの条件で求人を探すことができる

調理師からほかの職種へ転職したいと考える大きな理由として、「給料が安い」「休みが少ない」という条件面での不満を持っていた方は多いと思います。

そのため次の転職先では「以前の職場より手取りがよくしっかりと休める職場」を探したいと考えているはずです。

転職サイトでは、もう一度同じような環境で働くことがないように、募集要項をよく読んで自分だけで求人を探さなければならないため、多くの時間と手間がかかります。

また、実際に転職した後にギャップがあり、転職したことを後悔してしまう可能性が高いのです。

しかし、転職エージェントを使えば、各業界の実情をよく知らなくても担当者があなたの希望を聴き、あなたにあった求人を紹介してくれます。

 

2 派遣やパートではなく正社員の求人を紹介してくれる

調理師からほかの業種・職種へ転職するときに考えがちなのが、「一度派遣やパートで未経験から経験を積んで、正社員に転職しよう」というプランです。

もちろん、経験を積んで上手く転職活動をすれば、経験者を優遇してくれる会社へ転職できる確率が高くなるため、間違った選択ではありません。

しかし、一方で一度派遣やパートで転職してしまうと、もう一度正社員転職を目指すのが難しくなってしまう現実があります。

できることなら、最初から正社員として転職できたほうが良いですよね。

最初から正社員を目指す最も確実な方法は、正社員求人を紹介してくれる転職エージェントを利用することです。

 

3 調理師としての経験や、志望動機・自己PRを一緒に考えてくれる

調理師からほかの業種・職種へ転職する場合に最も心配なのは、面接対策や履歴書・職務経歴書の準備ではないでしょうか?

異業種へ転職する場合、調理師として働いてきた経験を自己PRや志望動機に活かすのはむずかしく、面接対策がむずかしいですし、面接前に提出する履歴書・職務経歴書の書き方がわからない方も多いでしょう。

 

転職エージェントは、求人に応募した後に履歴書・職務経歴書の作成サポートや添削、面接対策や模擬面接をおこなってくれるため、一人で悩む心配がありません。

頼れる部分はどんどん頼り、未経験転職を成功させることができます。


では、転職エージェントに登録すると、どのような流れで転職活動が進むのでしょうか?

次を参考にしていただければ、転職活動の大まかな流れを知ることができます。

 

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

転職エージェント登録後の流れ

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。

また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

 

調理師からの転職で活用すべき転職サービス

リクルートエージェント|異業種・他職種転職なら絶対に登録すべき!

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービスが「リクルートエージェント」です。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

ほとんどの業界の求人を取り扱っているため、求人の幅が広く、数多くの求人を紹介してくれます。

未経験職種への転職では、とにかく幅広い業界の中から正社員求人を紹介してもらうことが大事。リクルートエージェントであればそれが可能です。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。
ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

TOPページより、自分の転職したい業界・職種から転職サービスに複数登録するんじゃ!

>>TOPページへ戻る(すべての業界・職種の情報が掲載されています)

 

まとめ|異業種・他職種への転職を成功させよう

まとめ|異業種・他職種への転職を成功させよう
はかせ

調理師からほかの業界・職種へ転職する場合には、転職エージェントを活用すべきじゃ!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職エージェントに登録」してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、調理師からほかの業界・職種へ転職したいと考えている方向けに、調理師が転職しやすい職種や転職の具体的な方法について解説してきました。

調理師が異業種・異職種へ転職する場合、最初はわからないことや不安なことも多いと思います。しかし、開設した内容についてしっかり考え、転職活動を進めていけば失敗することはありません。

記事の内容を参考にして頂き、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

>>TOPページから転職エージェントを探す

スポンサードリンク