30代未経験から電気工事士への転職!見習いがきついのは本当か?

スポンサードリンク

今回は、電気工事士への転職を検討している方向けに、電気工事士の仕事内容や、電気工事士の転職で知っておきたいポイントを網羅して掲載しています。

電気工事士を未経験から目指す場合でも、現職が電気工事士の方もまずは転職に必要な情報をすべておさえた上で転職活動を進めることが転職成功のカギになります。

転職に成功するためには、何より「転職を有利に進めるためのポイント」をおさえておくことが大切です。この記事ではそのポイントに沿って、すべて解説していきます。

ぼっち

電気工事士って、どんな仕事をするの??

はかせ

電気工事士は、ビルや工場、住宅といった電気設備の工事を行う「国家資格」の職業じゃ。

ぼっち

そうなんだ…じゃあ、資格持っていないと転職は出来ないんだね。。。

はかせ

資格は最初に取得しておくべきじゃな!

ただし、実務未経験の場合でも即採用されるほど求められている職種でもあるんじゃ。

「未経験可」の求人はたくさんあるぞ!

 

INDEX

電気工事士の仕事内容とは?

電気工事士の仕事内容とは?
ぼっち

電気工事士の仕事内容をおさらいしたいな!

はかせ

うむ!

では、電気工事士の仕事内容を紹介していくぞ!

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。その資格のある人を電気工事士といいます。

引用:一般財団法人 電気技術者試験センター

電気工事士は、ビルや工場、店舗や住宅など、電力を扱う施設の工事を行う職業です。

電気工事士の仕事内容には、大きく分けて2つの種類があります。また、それぞれ細かく仕事内容が分かれていますので、具体的な場所のイメージをしながら読んでいくと理解しやすいでしょう。

 

1 建築電気工事

建築電気工事はさらに4つの仕事内容に分類されます。

屋内配線工事

室内配線を主として行う工事です。

一般家庭の配線工事では、電源からVVFケーブルを壁に張りつけ、コンセントやスイッチなどの機器に配線する工事を行います。

一方で、工場やビルを担当する会社もあります。工場やビルの場合は、設計や電気配線の加工、点検までを請け負う形が一般的です。請け負う工事内容は企業により異なります。

外線の配線工事

外線の配線工事は、街中で電柱を工事している光景でよく見ることがあります。電柱から各施設(住宅などの建物)に外線を繋ぐ工事です。

最近では地中に配線することも増え、トラブルが発生しないための技術も出来ています。

冷暖房設備の工事

家電量販店でエアコンを買った場合、そのエアコンを家に取り付けるために工事を依頼します。そのときに工事してくれるのが、電気工事士です。エアコンの取付けと取外し、交換の際のクリーニングまでを行います。

ビル管理の工事

電気、水道、空調、ボイラー、自動ドア、エレベーター…多くの設備の工事や管理を行うのがビル管理の仕事になります。工事のみならず、様々な種類の仕事を行う点が特徴です。

第二種の資格のみならず、「ボイラー技士」や「消防設備士」など多くの設備を取り扱う資格を所持していることが条件である場合が多いです。

 

2 鉄道電気工事

鉄道電気工事には、3つの種類に分けることができます。どの工事も鉄道工事なので、電車が走っていない夜間の工事がメインです。

変電設備工事

電車に電気を通すための変電設備の工事です。新幹線、在来線など、工事を行う対象は様々です。電気工事士は、変電所の工事や管理、点検を行います。

線路工事

電車の上についている「トロリ線」に、”パンタグラフ”と呼ばれる部品を当てて通電させることで電車は動いています。変電所から電車までの設備を工事を行うのが線路工事です。

線路には電線を支えるための支持塔や、信号などの設備があります。その設置や定期点検も仕事に含まれます。

駅の設備工事

改札や駅構内の照明、空調やモニターなど駅にある電気設備のすべてを工事・管理します。

ここまで、電気工事士の仕事内容を大まかに見てきました。「電気工事士」の資格や仕事は、他の業種・職種で働いている人にとっては聞き慣れないものかもしれません。しかし、私達の生活の中を支える大きな役割を担っているといえます。


ここまで、電気工事士の仕事内容を細かく見てきました。

あなたが転職する場合、企業や職場の事業によって細かな点は変わるものの、おおよそ上記の業務を担うことになります。

次に、電気工事士へ転職するために必要な資格をご紹介します。すでに資格を取得している方は、飛ばして頂いて構いません。

 

電気工事士の資格の種類|第一種と第二種のどちらを取得するべき?

電気工事士の資格の種類は?
ぼっち

電気工事士は資格が必要な職種なんだよね?

具体的に、どんな資格が必要なの??

はかせ

未経験から電気工事士を目指す場合には、第二種の資格を選ぶことになるぞ!

種別により、担当できる業務の範囲が変わる!

仕事で経験を積みながら、ステップアップしていくのが電気工事士の仕事じゃな!

電気工事士の資格には、「第一種」「第二種」の区分があり、それぞれ工事のできる基準が法律で定められています。

第一種電気工事士

500kW未満の自家用電気工作物(中小工場ビル、高圧受電の商店等)(ネオン工事及び非常用予備発電装置工事を除く)および一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)

第二種電気工事士

一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)

引用:電気工事士 – Wikipedia

未経験の場合、まず最初に第二種の取得を目指すことになります。

実際に現場で「電気工事士」として働く経験を積みながら、第一種の資格取得を目指すというキャリアプランになるでしょう。

 

電気工事士への転職は資格なしで可能か?

電気工事士への転職は資格なしで可能か?
ぼっち

電気工事の仕事は、必ず資格を持っていないとだめなの??

はかせ

うむ、電気工事士の仕事は、資格内容によって携われる仕事に制限があるんじゃよ。

だから、いくら熟練の上司がいたとしても、本人が資格を持っていなければ仕事ができないんじゃ。

電気工事士への転職は未経験から可能なのでしょうか?

結論から述べると、資格を持たなくても電気工事士見習いとして転職することは可能ですが、求人数はどうしても少なくなってしまうのが現状です。

そのため、第二種の資格を取得してから、転職活動を進めることをおすすめします。

参考:一般財団法人電気技術者試験センター

ただし、どうしても今すぐ建設業界に転職したい場合には、資格なしでも周辺作業の仕事を任せてくれる会社の求人を探しましょう。

未経験求人は、下記転職サイトランキングから利用するサイトを選び、検索すると便利です。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

電気工事士の仕事は見習い時期からきついのは本当?

電気工事士の仕事は見習い時期からきついのは本当?
ぼっち

電気工事士の仕事について調べてると、「仕事がきつい」という声があるよね。

やっぱり、電気工事士の仕事って厳しいのかなぁ。

はかせ

たしかに、技術がなければ成立しない職業である以上、見習いだからといっても正確な仕事が求められるのは確かじゃ!

しかし、働き始める前から心構えをしておくだけでも、状況はかなり違ってくるじゃろう。

 

電気工事士の仕事は、「きつい」とよく言われることのある職種になります。具体的に、どんな場面やシチュエーションできついと感じるのかを知っておきましょう。

特に、30代、40代から電気工事士として働き始めた方の中には、きついと感じる人も多いようですので、働く前にチェックしておくことが大切です。

 

1 身体的にきついことが多い

電気工事士の仕事は、住宅の設備の配線や空調の電気工事を主に請け負う仕事。そのためとにかく現場で1日中体力を使うことになります。

体力を必要とする仕事はほかにもたくさんありますが、電気工事士は資格が必要な職務であるために、知識も当然必要です。

見習いのころは特に、先輩のサポートなどを通して現場における実務経験を積んでいくことになりますが、不慣れなうちは体力を特に消耗するでしょう。

そのため、できる限り早く仕事や作業の流れを覚え、体力を温存しつつも最大限働けるように、入社後から地道な努力が必要になります。

 

2 精神的につらいことが多い

電気工事士は資格を取得後になることのできる職種ですが、業務内容はかなり職人的であると言われます。

知識を現場で生かすためには、先輩や上司の作業フローをよく学び、実践で活かせるようにする必要があります。

職場環境にもよりますが、危険な作業を伴う仕事も多いために、指導方法が厳し目だったり、失敗に対してはかなり厳しく見られたりと、ほかの仕事と比べても大変だと感じることも多いようです。

特に、見習いの時期には、指導してくれる先輩の性格や相性により、精神的につらいと感じることもあるかもしれません。

 

3 仕事内容を覚えるのが大変である

これまで解説してきたように、電気工事士の仕事は多種多様ですし、職場によっても業務内容は変化します。

また、仕事の流れをあらかじめよく理解しておくことが必要ですし、現場で使う用語や工具、材料と言った物に関する情報も、自分でしっかり覚えておく必要があります。

資格を取ってすぐ生かすことのできる職種というよりも、資格を取って電気工事士として入社することがスタート…といえるような仕事になるため、仕事内容自体を覚えることが大変と感じる方も多いようです。

 

4 収入面や将来性に不安がある

30代〜40代から電気工事士の資格を取得し、前職を辞めて転職した方の中には、前職との収入面の落差などに不安を抱く方も多いようです。

30代以降の方は、管理職についている方や、ある程度昇給している方が多いはず。だからこそ、転職後の収入の低さに大変な思いをしてしまうこともあるようです。

また、収入面に不安が残ると、どうしても今後のことや将来が心配になります。そのため、見習いとして電気工事士を目指す前から、給料や生活費などについて計算しておくことが大切になるでしょう。


ここまで、電気工事士の見習いとして働き始めることの大変さについて解説していきました。

体力を使うだけではなく、精神的に大変なことや、仕事自体に必要な知識量・経験量が多いことも、電気工事士の仕事がつらいと言われる原因です。

しかし、電気設備の工事は、今後もなくなることはありません。きちんとキャリアを積めば、昇給や転職によるキャリアアップも十分な可能な業界であることが分かります。

では、電気工事士に向いている人はどんな人かを次で見ていきましょう。

 

電気工事士に向いている人の特徴

電気工事士に向いている人の特徴
ぼっち

電気工事士には、どんな人が向いているの??

はかせ

一言でいうなら、「コツコツと努力できる人」が向いている職種じゃな!

 

電気工事士には、どのような特徴を持った人が向いているのでしょうか?

電気工事士を目指そうと思っているけど、本当に自分に適性があるのかわからないという方は、ここで向いている人の特徴をチェックしてみましょう。

 

1 目標設定がうまくコツコツと努力できる人

電気工事士は資格取得が前提となる職業です。しかし、資格を取得してしまえばすぐに活躍できるのかというと、そうではありません。

現場でしか学べない技術や臨機応変な対応、専門知識が必要になります。また、作業自体の正確性やミスのなさも重要になります。

そのため、上司や先輩などからどんどん積極的に知識を吸収し、我が物にできる人が向いています。

正確に言えば、「こうなりたい」という目標を設定し、それをコツコツと達成していく努力ができる人こそ、電気工事士として長く働ける人であるといえるでしょう。

 

2 精密な作業が得意な人

目標を設定しできることを増やしていく努力だけではなく、現場における作業を精密におこなうことのできる人が、電気工事士に向いているといえます。

電気工事士は配線工事や電気設備工事をおこなう仕事であるため、危険と隣り合わせの職務です。決められた作業手順を地道に繰り返し、確実な仕事を達成していくことが大事になります。

たとえば、事務作業などのコツコツとした作業を面倒臭がらずに実行できる人や、ものづくりが得意な人は、電気工事士に向いているといえるでしょう。

 

3 コミュニケーション能力が高い人

電気工事士は、経験量・知識量を現場業務の中で少しずつ身に付けていくことが求められる職種です。そのため、見習いの頃はとくに上司や先輩の指示を素直に実践することができるかが重要になります。

ただし、もっと大事なのは、現場でともに働く関係者の方々と上手にコミュニケーションを取れることになるでしょう。

現場におけるコミュニケーションを適切に取ることができれば、人から学べる技術や知識を早く得ることに繋がりますし、指示や業務内容を的確に判断することができるようになります。

そのため、営業職や販売職など、もともと対人コミュニケーションスキルを磨いてきた方であれば、有利な側面もたくさんあります。

 

電気工事士への転職に有利な年齢は?

電気工事士への転職に有利な年齢は?
ぼっち

電気工事士って、年齢によって転職の有利/不利があるの??

はかせ

電気工事士に限らず、転職は若手のほうが有利なのが現状じゃ!

…ただし、電気工事士は30代の割合がとても多いため、30代からの転職も十分可能じゃよ!

電気工事士に限らず、年齢が上がるとともに「未経験分野」「専門的な分野」への転職は難しくなってくるのが現状です。

しかし、決して電気工事士への転職ができないわけではありません。

また、若手であればあるほど「未経験」での転職ができる確率はアップします。

20代であれば未経験可の求人を探すとともに第一種の資格勉強に取り組むことが先決です。30代以降の場合は、資格取得を最優先にして、資格取得後転職活動を行うことが求められるでしょう。

下記データを見てみましょう。このグラフは、男性の電気工の年齢の割合を示しています。

電気工の年齢割合

引用:http://denkikoujishi-shikaku.com/tensyoku.html

電気工事士の資格を所有している年齢の割合は、30代以降で大半を占めています。

つまり、30代から未経験で電気工事士を目指す場合は、資格取得後に転職を行うことも十分可能です。

また、関連業界や関連企業に他の職種として応募し、資格取得を目指しながら働くという方法もあります。

資格勉強をしながら、電気工事士として働きたい企業で仕事をすることで、学習量は増えますし経験も多く積むことができます。

 

電気工事士への転職で必要な面接対策のポイント

電気工事士への転職で必要な面接対策のポイント
ぼっち

転職面接で気をつけるべきことはある??

はかせ

履歴書・職務経歴書に書く内容や、面接で最も重視すべきなのは「志望動機」じゃ!

電気工事士の資格を持っているうえで、仕事への熱意や前職での仕事ぶりをアピールすることが大切じゃぞ!

 

電気工事士として転職活動を行う際に最も重要なのが、面接対策です。面接でどのような内容を話すことができるのかで、内定を取ることができるかが決まります。

具体的に言えば、たとえ資格を持っていたとしても、「仕事への熱意」や「前職での経験」などの志望動機を明確に示すことができなければ、採用する側である企業は「この人材がほしい」と考えることができないからなのです。

電気工事士への転職では、面接で話す内容を年代別に分けて考えることが有効です。なぜなら、転職する年齢によって、「どんな点をアピールすべきか?」という内容が大きく変化するからです。

10〜20代と、30〜40代に分けて「志望動機」の書き方を解説していきます。

 

「10代」「20代」の志望動機の書き方

10代から20代は、仕事がまったくの未経験か、経験が浅いことがすぐに理解できます。

企業側は、それを理解した上で面接や選考書類の判断をするので電気工事士に関連する経験があることをアピールする必要はありません。

その代わり、「入社後にどのように仕事をしていきたいのか?」「入社後どのように資格取得を目指すか?」といった熱意を具体的に示しましょう。

 

「30代」「40代」の志望動機の書き方

社会経験がある程度あると見込まれる30代から40代の転職者の場合は、熱意や今後の展望よりも「実際にもっているスキル」「前職までで得た経験」のうち、電気工事士としての仕事に役立つ部分をハッキリと示す必要があります。

また、電気工事士は現場でいかにはたらくことができるかが一番重要です。そのため、体力面に不安がないかどうかも面接や選考書類で判断されます。

よって、志望動機の内容としては「今までの経験から電気工事士の仕事で活かせること」「現在持っている資格のうち電気工事士としての仕事で活かせるもの」そして「体力面で心配なくはたらくことができること」をハッキリと示しましょう。

 

電気工事士へ転職するためには転職エージェントがおすすめである理由

電気工事士へ転職するためには転職エージェントがおすすめである理由
ぼっち

転職求人を探す方法を教えてよ!

はかせ

一般的な転職サイトでも探すことができるが、適正に合わせた求人を紹介してくれる転職エージェントを利用することをおすすめするぞ!

未経験から電気工事士へ転職する場合は、記事中でも何度か言及しているように、「未経験可」「未経験歓迎」の求人を探し、応募する必要があります。

また資格を取得しているが実際に電気工事士として働いたことがない場合も、「未経験」枠で応募することが一般的です。

電気工事士への転職は、事実として経験者や資格の有無が最初に判断されるため「未経験者」の転職は決して簡単ではありません。

しかし、その分一度働き始めることができれば、順調に勉強を続けるながら長く働ける場合が多いといえます。

電気工事士への転職をする際には、下記でご紹介している転職方法のうち、どれか一つに絞って転職活動を進めることをおすすめします。

中でも、「転職エージェント」を活用して転職活動を行えば、「転職相談」や「面接の準備」など転職活動にまつわる様々なことをサポートしてもらえます。

「転職が初めて!」という方には特に転職エージェントをおすすめしています。

 

転職活動中の方が知っておきたい「3つの転職方法」

転職活動をする方法、決まっていますか?

転職活動を検討している方の中には、どこの転職サイトを使うべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

とりあえず転職サイトに登録したはいいものの、なかなか企業選びが進んでいない…そんな方は「自分に合った転職活動の方法」を知った上で転職活動を始めるべきです。

自分に合った転職活動の方法を知るためには、「転職活動にはどんな方法があるのか?」をおさえておく必要があります。

ここでは、一般的な転職方法を3通りご紹介していきます。自分はどれに当てはまるかを確認しながら参考にしてくださいね。

 

1 転職求人サイト

転職者が個人情報や経歴・スキルを登録後、掲載されている求人情報を探すことのできるサービスが転職求人サイトです。「転職活動をする」というと、真っ先に思い浮かぶ方法ですよね。

代表的な転職サイトには、リクナビNEXTなどがあります。

とにかく自分で求人情報を探したい方や自分のペースで転職活動を進めたい方、転職が初めてではない方にとっては、最も効率的な転職方法です。

 

2 スカウトサービス

スカウトサービスとは、サービス上に登録された転職者に対して企業側がスカウトを送信しマッチングする転職方法になります。

代表的な転職スカウトサービスには、ビズリーチDODAがあります。また、通常の転職求人サイトの機能のひとつとして「スカウト」「オファー」の機能がある場合もあります。

転職サイトとは異なり、登録した方の経歴やスキルを元に「企業側から連絡が来る」ことが特徴です。今よりいい条件の企業へ転職したいと考えている方や、転職サイトを使うよりも確実な転職がしたいと考えている方におすすめの方法です。

 

3 転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴やスキル、求める条件をもとに求人情報を紹介してくれるサービスです。スカウトサービスとは異なり、企業と転職者の間に「エージェント」が仲介します。

転職エージェントには大手から業界特化型まで様々な種類があるため、「業界・業種が決まっている方」におすすめです。

また、初めから最後までサポートしてくれるため「転職が初めての方」が最初に活用すべきサービスです。

転職に対する不安が大きい方は、自分一人で転職活動を進めるのではなく「転職エージェント」を活用してみてはどうでしょうか。

転職エージェントについてもっと知りたい方は、下記を参考にしてください。

 

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントとは、いうなればあなたの「秘書」のような存在です。

転職エージェントサイトは多数ありますが、共通しているのは「担当者がつき、転職活動を一貫してサポートしてくれる」ということ。

ここでは、転職エージェントを使用することのメリット・デメリットをご紹介しています。転職を検討している方は、下記のメリット・デメリットをよく理解した上で活用していきましょう。

 

転職エージェントのメリット

自分に合った職場を探してくれる

転職エージェントの最大の特徴は、業界や転職事情に精通したエージェントが転職相談に乗ってくれること。つまり、あなたの特性や経歴を活かしたアドバイスを受けること、「どんなところに転職すべきか?」といった悩みを相談することができるということです。

その上で求人を紹介してくれるため、「自分に本当に合っているのだろうか?」という悩みを持つ必要がなくなりますし、万が一悩みを持ったとしても、その都度相談をすることができます。

転職が初めてな方や、転職に大きな不安を抱いている方にとって、一人で転職活動を行う必要がない転職エージェントはかなり心強い味方であるといえます。

 

転職活動に必要な準備をサポートしてくれる

相談やアドバイスだけではなく、内定を得るための面接の準備や面接に必要な選考書類の準備を行ってくれるのもエージェントの特徴です。また、在職しながらの転職活動で最も不安のある「スケジュール調整」も、最適な日程を企業側と相談した上で決めてくれるため、面接のスケジュール調整がとても楽になります。

転職活動は想像以上に「すべきこと」が多いため、「まず、何をすべきかわからない」という方にはぜひ転職エージェントをおすすめします。

 

転職エージェントのデメリット

自分で数多くの求人情報を見ることができない

転職活動を複数回行っている方や、既に細かな条件等まで決まっている方にとっては、「多くの求人情報を見たい」が転職活動の最大のポイントといえます。

転職エージェントは、最適な求人を提案してくれるという点では優れていますが、どうしても「自分でみたい」という場合の量や効率としては一般の転職サイトに劣ります。

しかし、その分ひとつひとつの求人情報を綿密に紹介してくれるため、求人内容に対する信頼性は高いといえます。

転職する業界や職種・業種などが明確になっていない場合、一人で転職サイトを使い多くの求人を見ることは、転職活動に多くの時間を割いてしまうことになりますので、注意が必要です。

 

担当するエージェントによって対応が変わる

転職エージェントは、転職者によって担当者が就くシステムなので、その分具体的なサポートを得ることができます。反面、担当するエージェントによって、対応やアドバイスの内容に幅があることに注意が必要です。

転職エージェントサービスは、複数活用する方がとても多いというデータがあります。

転職の際は複数のサービスを使うべき

転職エージェントは「4社」以上の活用で転職に成功する割合がぐんと上がります。担当者に不安がある場合でも、それを解決する方法はあるといえますね。

 

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

 

転職する際に活用すべき転職サービス選びのコツ

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。

「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

転職エージェントを選ぶコツ

  1. 求人数(多くの数がある分、選択肢が増える)
  2. サポート内容(エージェントサイトによってサポートしてくれる内容や方法が変わる)
  3. どの業界に強いか?(職種・業界に特化したエージェントがある)

この3つの観点から、自分にあった転職エージェントを複数活用していくことをおすすめします。

 

転職する際に活用すべき転職サービスは?

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

 

電気工事士の転職におすすめの転職サービスTOP5

はかせ

下記「おすすめ記事」では、機械・電気系の技術職への転職におすすめの転職サービスを紹介しておる!

おすすめ記事:【お得な情報】技術職(機械・電気系)におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

 

まとめ|電気工事士への転職を成功させよう

まとめ|電気工事士への転職を成功させよう
ぼっち

電気工事士の仕事って、すっごく幅広いんだね〜!

はかせ

そうじゃな!電気工事士はこれからも需要が絶えない将来性のある仕事じゃ。

未経験の場合でも、しっかり働ける職場を見つけることができるじゃろう。

ぼっち

そっか!

じゃあ、まず「転職エージェント」に登録してみるよ!

いろいろ相談できそうだし!はかせよりも頼りになりそう!

はかせ

な、なに!!!!

今回は、電気工事士への転職を検討している方向けに、電気工事士の仕事内容や、転職前に知っておきたい情報をご紹介しました。

電気工事士は仕事をする上で「資格取得」が求められる仕事ですが、その分専門的な価値のある職種であり、やりがいもたくさんあるといえます。

今回の記事を参考にして頂き、電気工事士への転職をぜひ成功させてくださいね!

スポンサードリンク