販売職への転職はエージェントを活用しよう!転職成功のコツ

販売職への転職はエージェントを活用しよう!転職成功のコツ
スポンサードリンク

販売職への転職を考えている方に向けて、転職に成功するためのコツをご紹介するとともに、販売職への転職に強い転職サービスを特徴ごとにご紹介しています。

販売職への転職を成功させるためにはどんなコツがいるのか? 何をすれば良いのか? と課題を抱えているあなたは、ぜひ今回の記事を参考にし、転職を成功させてくださいね。

販売職への転職で最初にすべき3つのこと

販売職で転職をするにあたっては、大まかに3つすべきことがあります。転職活動で知っておくべき基本の3項目をおさらいしておきましょう。転職準備として下記の3つが明確になっているかどうかを確認してみてくださいね。

転職に必要なことはこの3つです。順に解説していきます。

1 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。

比較的余裕ができてきてからいざ自分自身のスキルを振り返ろうと思ってもなかなかできることではありませんし、転職を機会として自分を見つめ直さなければ、この棚卸しをするタイミングはほとんどありません。これを機に、自分の「経験・スキル」を過去の具体的な仕事内容とともに書き出しておきましょう。

2 転職する理由

転職することを考えている以上は、何らかの「理由」があるでしょう。理由のない転職はない、それは当然のことですが、実はあまり深く転職する理由が固まっていないという可能性もあるのです。

「自分は何を要因として転職を考えているのか?」を今一度明確にして書き出してみましょう。それは給与・待遇面でしょうか? 仕事内容でしょうか? 求める人間関係・チームでしょうか?

3 具体的な企業

自身の経験と転職理由をハッキリさせたあとは、具体的に「ここで働きたい」と思える企業を探す必要があります。具体的に企業を見ていくためには、業界に数多存在する企業をひとつひとつ調べるのではなく、「事業の内容」「商品・サービスの内容」などを区別して、自身の求める条件や「やりたいこと」に照らして選んでいく必要があります。

異業種からの転職の場合は、販売職が具体的にどんな仕事なのかについて詳しく知らない方がほとんどでしょう。その場合は、「実際どうなの?」はさておき、とにかく自分が「やりたい!」と思う仕事内容や、企業の提供するサービスを事前にリサーチしておくことが大切です。

販売職への転職を成功させるための4つのコツ

販売職への転職を成功させるための4つのコツ

 

では、販売職への転職を成功させるためのコツについて5つ紹介していきます。どれも基本をおさえ転職活動の際に実践していくことで転職を成功させることができるポイントになっていますので、必ず参考にしてくださいね。

1 販売職の仕事内容を知る

小売業ではたらく人はほとんどの場合「販売職」に分類されます。販売職と言っても、コンビニ・スーパー・量販店での販売員や、化粧品等の訪問・移動販売員も含まれます。

販売職は、個々の現場ごとに求められる仕事内容が大幅に異なるために、「こんなはずじゃなかった」「想像と違う」といった転職後の後悔が起きやすい職種といえます。求人情報の他にも、口コミや転職エージェントによる相談を重ね、実態を慎重に調べていきましょう。

2 販売職への志望理由を明確にする

販売職に限らず、志望理由を明確することが転職活動においてはもっとも重要です。志望理由は、前職での不満や批判、「給与」「残業時間」といった理由以外に、「応募先企業の魅力」や「事業内容の魅力」をもとに伝える必要があります。

志望動機に関しては、下記記事でご紹介していますので、志望動機を明確にしたい方はぜひコチラの記事を参考にしてください。

未経験から販売職に転職!「志望動機」の伝え方のポイント

2017.07.04

3 前職で得たスキル・経験を整理し自己PRの準備をする

たとえば、前職が「事務職」である場合を想定してみます。この場合、事務職では基本的には社内でのコミュニケーションや応接、電話対応が求められますので、販売職とは異なる業務内容です。

しかし、販売職は顧客との対話や部署を超えた人とのコミュニケーションが必要とされる職業ですので、事務職の経験から引き出せる販売職でのあなたの強みもカンタンに見つけることができるでしょう。

販売職でも活用できるあなたのこれまでのスキルや経験を書き出し、具体的にどんな場面でそのスキルや経験が活用できるかを明確にすることで、採用担当者に明確に伝わる自己PRに繋げることができます。

4 相談サポートしてくれる転職エージェントを活用する

転職活動においては、自身のスキルの棚卸と転職する理由、そして具体的な転職先の企業を探すことの3つが基本の流れです。そして、そのために必要なコツについても1〜3でご紹介してきました。ざっとみるだけでも、考えるべきことがたくさんあります。

その中で、自分ひとりではなく相談やサポートを手厚くしてくれる転職エージェントサイトを活用することは、あなたの転職を成功させる確率を高くすることに繋がります。

下記ではおすすめの転職エージェントサービスを特徴ごとにご紹介しています。是非参考にしてくださいね。

販売職の転職におすすめの転職エージェント3選!

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

質の高いエージェント『ワークポート』

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

『ワークポート』の特徴

25歳〜29歳の転職者に特に利用されている転職サービス『ワークポート」の特徴は、転職相談をしてくれるエージェントの質の高さにあります。年収300万円の方々の利用者が60%を超えており、親身に転職に関する相談にのってくれます。

登録後、面接の日程等を調整し面談。その後は、面談の内容をもとに求人の案件を紹介してもらえます。(面談は電話でも可能です)『ワークポート」を活用すれば、多少転職に不安があっても安心です。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安がある転職希望者の方。

・年収があまり高くないが、信頼感のある転職サービスを活用したい方。

他にもおすすめ転職エージェントを掲載中!販売職向け転職サービス

「販売職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました

2017.05.06

販売職への転職を成功させましょう!

販売職への転職を成功させましょう!

今回は、販売職の転職を考えている方に、転職を成功させるためのコツとおすすめの転職エージェントをご紹介してきました。

サポートしてもらえる部分を積極的にサポートしてもらうことは重要ですが、自分自身の転職については自分が最も考え、実行していく点に変わりはありません。ぜひ今回のノウハウやコツを参考にして、転職を成功させてくださいね。

スポンサードリンク