ソース(source)の意味とは?ネット・IT業界・ビジネスにおける定義

ソース(source)の意味とは?ネット・IT業界・ビジネスにおける定義
スポンサードリンク

「ソース(source)」には、どのような意味・定義があるのでしょうか?

ソースとは「情報源」を表す用語ですが、業界によって言葉の使われ方が異なります。

また、ビジネスシーンでは情報源や根拠をハッキリ示したうえで、アイディアや情報を共有する必要があります。ソースの概念をしっかり理解しておくことが大切です。

そこで今回は、ソースの意味や定義、類義語やビジネスシーンでの使われ方を解説していきます。ぜひ、あなたの仕事でも活用してください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「ソース(source)」の意味・役割とは?

「ソース(source)」の意味・役割とは?

 

「ソース」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

ここでは、ソースの本来の意味から解説していき、ビジネスシーンで活用されるソースの意味までご紹介していきます。

 

「ソース」の本来の意味・定義

「ソース」とは主に情報の出どころ、出典、情報源のことを指します。

料理のソース(sauce)ではなく、「出所」「出典」を意味する「source」です。

引用:ソース – コトバンク

ネット上ではSNSが発展する前から情報のやり取りが活発に行われていました。

しかし、今のように出所を明記しないでデマが拡散することも多かったため、「ソースは?」と追求する文化がネット掲示板で存在していました。

一般的にもネット上で使われることが多くなったため、馴染みのある言葉としてとらえている人も多いかもしれませんね。

また、ソースは単なる情報源として用いられるほかにもいくつかの用法があります。有名なのは「ソースコード」と呼ばれるプログラムコードのことです。

パソコンの世界では、データの中にそのデータを扱うソフトに対する指示や追加の情報が含まれていることがあります。例えばウェブや電子メールでは、ブラウザやメールソフトがサーバーから受信したデータをもとに表示内容を決めます。ソフトがこうした処理をする前の元データをソースといいます。「プログラムのソース(ソースコード)」という場合は、パソコンで実行できるようにする前の、作者がプログラム言語に従って処理手順を記述したもののことです。

引用:ソース – コトバンク

 

「ソース」の語源

ソース(Source)の語源は、ラテン語にあります。「起こる」という意味が転じて「根源」を表すようになり、それが英語として「原因」「情報源」「出どころ」という意味になりました。

エネルギーや物事の起因を表す意味も持っており、資源という意味の「Resources」という言葉にも現れています。

ちなみに、人的資源のことを「Human Resources」と言います。人事などを表す「HR」の正式名称です。

sourceとは 主な意味

源泉、元、源、原因、水源(地)、情報源、出所

引用:sourceとは – Weblio英和辞典・和英辞典

 

ITで活用される言葉「ソースコード」の意味とは

先ほど少しだけ触れた「ソースコード」について詳しく解説していきます。IT分野では、「Source」をソースコードという言葉で用います。これは、「人の言葉で書いたプログラム」のことを表しています。

プログラミング言語は、人が書きコンピュータがそれを変換させるための言語です。

そして、プログラミング言語で書いたソースコードを、コンピュータが理解できるように変換することを「コンパイル」と呼びます。

 

私たちが普段使っているスマホアプリや退勤システムなど、この世の中にあるプログラムの「源」こそが、ソースコードと呼ばれるものであるといえるでしょう。

 

ITで活用される「オープンソース」の意味とは

ソースコードのほかにも、IT分野では「ソース(Source)」という言葉が用いられます。その一つの例が、「オープンソース」と呼ばれる概念です。

オープンソース (英: open source) とは、言葉通りのソースコードへのアクセスが開かれている(ソースコードが公開されている)ことを意味するのではなく、ソースコードを商用、非商用の目的を問わず利用、修正、頒布することを許し、それを利用する個人や団体の努力や利益を遮ることがないソフトウェア開発の手法を意味する。

引用:オープンソース – Wikipedia

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコードが無償で一般に公開されており、誰もがアクセスしたり、改良・改善・再配布ができるようにすることです。

そして、そのように一般に公開されているソフトウェアを「オープンソースソフトウェア」と呼びます。

基本的には、ソフトウェアのソースコードは企業秘密になったり、利用するにあたって料金が発生したりするのが旧来の基本でした。しかし、オープンソース化される事例も増加しています。

IT分野で有名なオープンソースソフトウェア一覧

下記でご紹介しているソフトウェアは、オープンソース化されています。

  • Linux
  • Apache
  • MySQL
  • Perl
  • Firefox
  • Thunderbird
  • FIMP
  • OpenOffice

オープンソースのメリット

オープンソースは一見プログラムの作り手の損になることのように思えますが、実はそうではありません。

世界中の技術者たちが改善・改良を協同で行うことができる分、より利便性の高いソフトウェアとして発展を遂げるメリットがあるからです。

また、無償で利便性の高いソフトウェアを使える点でも、世界中のユーザーにメリットがあります。

 

電子工学で用いられる「ソース」の意味とは

電子工学でも「ソース(Source)」が用いられるケースがあります。電子工学分野では、電界効果トランジスタFETの名称として「ソース(Source)」が使用されています。

電子工学分野において用いられる語で,電界効果トランジスタ FETの一部分の名称。キャリアをチャネルへ送り込む入口,およびその電極をいう。

引用;ソース – コトバンク

 

ソースの活用例・使い方

ネット掲示板では、「情報のソースを出せ」「ソースは俺」のようなかたちで用いられることがありますが、これらはすべて情報の出どころや出典を明記しなさいという意味です。

日常生活ではあまり使わない言葉かもしれませんが、情報収集が簡単になった現代のネット社会では、情報源や情報の出どころを自分自身でチェックし、一次情報を調べることが重要になります。

 

ソースの同義語・類義語

ソース(Source)の類義語や訳語は下記の通りです。ビジネス現場で使う際には、情報元の明記や明示を下記の言葉で言い換えたほうが良い場合が多いでしょう。

  • 情報源
  • 出所
  • 出処
  • 出どころ
  • 出典

 

ビジネスシーンでソース(情報源・根拠)を意識することの重要性

ビジネス現場では、実際に「ソース」という言葉は使わないまでも、あらゆるシーンで情報元の明示・明記、そして共有が大切になります。

仮定で推論を始めても時間の無駄になることがビジネス現場ではたくさんあります。根拠や出典が明らかな情報を駆使して仕事をしていく姿勢が求められます。

ここでは、ビジネスシーンで情報源や根拠を意識することの重要性について解説していきます。

1 出典を共有してから報告・連絡・相談をする

上長への報告・連絡・相談は、仕事をすすめるうえでかなり重要なポイントです。若手社会人であれば、上司からこの3つの項目を徹底しろ、と厳しく言われている方も多いはずです。

また、管理職レベルでも、部下と上司の間で情報をつぶさに共有することはとても重要な役割のひとつです。

しかし、仕事が忙しい時期・タイミングでは、仕事の進捗や現場の状況を誰かに共有する際に、憶測や予想で報告・連絡・相談をしてしまいがちです。

そうなると、後から情報に誤りが発覚した場合に周囲に迷惑をかけてしまうことに繋がります。憶測で物事を共有しないように意識するだけでも、仕事の進め方が確実に良くなるはずです。

2 商談や営業で根拠を示すときの「ソース」の明示

社内でのコミュニケーションに限らず、営業職における商談や営業活動においても、情報源や出典の明示は必要不可欠です。

たとえば、自社製品である家電のおすすめポイントを店頭で顧客に伝える場合には「なぜこのような機能がついているのか?」「なぜ、この性能なのか?」ということを、根拠とともに示す必要があります。

根拠を示したうえで丁寧に説明するほうが、まくしたてて営業するよりもうまくいく可能性が高いです。

もちろん、営業ノウハウはたくさんありますが、情報源を意識して根拠を示すだけでも、顧客や取引先との商談の仕方を工夫することができます。

3 根拠や情報源が求められる会議での発言

「〇〇さんがそう言っていました」「確かそうだったような気がします」というあいまいな表現を、あなたは使いがちではないでしょうか?

「たしか〇〇だった気がする」「あの人がそう言っていた」「〇〇のようだと記憶している」…これらは、根拠のある発言と受け取るのは難しいといえます。

普段の雑談なら構いませんが、情報源や出どころをきちんと示さないと納得されない状況はたくさんあります。たとえば、会議では「たぶん」という言葉を使う人はいませんよね。

ただ、発言に注意するだけではなく、自分の発言に自信を持つことができるかどうかが重要です。

自身を持つためには、自分のアイディアや改善策について、ハッキリとした根拠を自分で用意することが大切になります。


ここまで、ビジネス現場における「ソース(Source)」の意味や重要性について解説してきました。

情報源としての「ソース」という言葉自体はあまり使わないものの、ビジネスシーンにおいても重要な概念であることをご理解いただけたのではないかと思います。

ビジネスシーンで「ソース」を意識して、仕事で良いパフォーマンスを出せるようにしていきましょうね。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|アテンドの意味を正確に知ろう!

まとめ|アテンドの意味を正確に知ろう!

今回は、ソースの意味や定義、類義語やビジネスシーンでの使われ方を解説してきました。

ソースには情報源という意味がありますが、業界や分野によって示すことや、使われ方は多様です。また、ビジネスシーンを中心として、情報源や出典などについて意識しておくことはとても重要です。

今回の記事内容を参考に、情報源や出典の意味であるソースの意味を学び、あなたの仕事にもしっかり活かしてみてくださいね。

スポンサードリンク