パートを辞める理由の考え方は?言い訳・嘘で退職するのがNGなワケ

パートを辞める理由の考え方は?言い訳・嘘で退職するのがNGなワケ
スポンサードリンク

今働いているパートをやめたいと考えている方の中には、辞めるための理由をどう伝えるべきかについて悩んでいる人が多いのではないでしょうか。どんな仕事であれ、自分が辞めたいことを伝えるのはとても難しいこと。

しかし、早め早めに行動に出ないと、自分の事情が後回しになったり、円満ではない退職の仕方になってしまいます。また、嘘や言い訳をして辞めてしまうこともできる限り避けるべきです。

そこで今回は、パートをやめたいと考えている方に向けて、パートを辞めるときの辞める理由の伝え方や注意点、辞めるまでにあなたができることをまとめて解説しています。

今回の記事を参考にすることで、パートを円満に辞めるために何をすべきかが分かります。ぜひ参考にしてくださいね。

パートを辞めるべきかどうか悩んだときにチェックすべきこと

パートを辞めるべきかどうか悩んだときにチェックすべきこと

パートを辞めるべきか、辞めるべきではないか、という悩みは、今の仕事を辞めたいと考えている人の中にも大勢いることでしょう。そのくらい抱きがちな悩みです。

しかし、なかなか解決することが難しい悩みであることも事実。では、どうやって辞めるべきかどうかを決めれば良いのでしょうか?

結論としては、「あなた自身が辞めたいと感じたら辞めるべき」ということになりますが、不安を消すのはなかなかできませんよね。

辞めるべきか悩んでいる人は、まず自分自身を振り返ってみることと、辞めることのメリット・デメリットをしっかり考えることが大切です。

1 ストレスや人間関係で辞めても良い

仕事のストレスや人間関係で辞めても良い、それがこの記事での最終的な結論です。

辞めたいと感じている方がたとえ辞めるべきではないと同じ職場で働き続けても、精神的なストレスが解消されることはないですし、モチベーションも上がりません。

パート探しはもう一度やるしかありませんが、正しい求人の探し方を知ることで、はたらく場所を見つけることはできます。

それよりもまず、あなたがなぜパートを辞めたいのか、その理由から見ていきましょう。

  • 会社・職場に行くことが泣きそうなくらい辛い。
  • 不眠や食欲不振などストレスが身体に悪影響を与えている。
  • パワハラやセクハラ、モラハラを受けている。
  • 給料が低くて生活が成り立たない。
  • 人間関係が悪くて仕事が辛い。

やめたいと考えている人は、上の理由のうちどれかに当てはまっているのではないでしょうか。

冷静に考えてみると、このポイントに当てはまる人はパートを辞めるべきです。なぜなら、この理由はあなただけが頑張っても変えられない状況・職場環境の問題だからです。

ほかの仕事を探すことはできますから、余計に心配する必要はありません。

2 パートを辞めることのメリット・デメリットを知る

今の仕事を辞めることのメリット・デメリットをしっかりおさえておくことも大切です。

何となく嫌だなと思い辞めてしまってから、やっぱり今のタイミングで辞めるべきではなかった…と後悔することのないようにしましょう。

パートを辞めることのメリット

  • 給与が低い職場で働かなくても良くなる。
  • 人間関係の煩わしさから解放される。
  • ストレスがたまらなくなる。
  • やりたくない仕事をやらずに済む。
  • 新しい職場を探すことができる。

パートを辞めることのデメリット

  • 一時的に収入がなくなる可能性がある。
  • 次の職場探しをしなければならなくなる。
  • 家族の了解を得る必要がある。
  • ローンや毎月の支出に関して考え直さないといけない。

パートを辞めるときには、特にデメリットを自分でしっかり理解できているのかどうかをチェックすることが大切です。

毎月の支出から逆算して、お金が足りなくなる心配はないでしょうか?

家族からの了解が得られそうでしょうか?

もし不安が残るようであれば、家族と相談してみて、辞めるべきかどうかを話し合うことも大切です。

 

パートを辞める理由に嘘や言い訳はNG?

パートを辞める理由に嘘や言い訳はNG?

パートを辞めると決めている方に向け、ここではパートを辞める理由を職場の上司や職場側に伝えるときの注意点について解説していきます。

よく、パートとして働いている方が辞める理由を伝えるときには「嘘」を話すべき、とアドバイスしている記事や質問の答えがありますが、これはできる限り避けるべきです。

嘘をつくことで、辞めやすくなるのは確実ですが、後から知人を通して嘘がバレたり、後々にトラブルに発展してしまったりする原因になります。

また、嘘をつかなくても「本当の理由」の伝え方や言葉に注意すれば、角を立てず(上司などに嫌な思いをさせない)やり方で辞めることを伝えることはできます。

角を立てずに上司や職場に辞める理由を伝えるやり方は、次の次の見出しでご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

みんなが考える「パートを辞める理由」のランキング

みんなが考える「パートを辞める理由」のランキング

「辞める理由が思い浮かばない」という場合もあります。何となく今の仕事に違和感を感じているものの、それを整理することができないときもありますよね。

そんなときは、世の中のパートの方々が、どんな理由で辞めようと決断したのかを知ることが大切です。

あなたは、下記のどれかに当てはまっているでしょうか?

チェックしてみましょう。

1 家庭の事情(介護など)

親の介護などの理由からパートを辞めることにする方は大勢います。これまでパートと介護を両立していた方でも、そのストレスや体力的な辛さに絶えられず、パートとして働くことを諦める人も多いです。

介護などの家庭の事情を辞める理由にすると、「どうしようもないこと」で辞めると説明することができるため、上司や職場からの了承を受けやすいです。

また、信頼できる同僚や上司からアドバイスを貰えることもあるでしょう。

2 資格の勉強

資格勉強を理由にパートを辞める方も多いです。

資格の勉強やスキルアップなどを本格的に目指す場合には、パートで働くのを辞めて学習に専念することが最も効率が良いです。

中途半端に資格の勉強をすると、どうしても時間に余裕がなくなってしまい、結局資格取得を諦めてしまう…といった状況になりがちです。

もちろん、働きながら資格取得の勉強をすることは不可能ではないですが、もし専念したいということであれば、パートを辞めて働くべきでしょう。

資格取得後に転職活動をすることで、事務職などの正社員採用の内定をもらえる可能性も高くなります。

3 自分や家族の体調不良

自分や家族の体調不良を理由に辞める人も多いです。

家族が何らかの病気にかかったときは、無理して時間を作るよりも、一度パートを辞めて家族のサポートをしたほうが良いでしょう。

特に注意したいのは自分の体調不良のときです。職場の人に迷惑をかけたくないという思いが強く、ムリをして働き続けてしまう方もいます。

少しでも不調を感じたら、まずは家族に相談しましょう。

4 結婚・出産・子育て

結婚や出産、子育てを理由にパートを辞める人は多いです。

結婚や出産、子育ては、夫が忙しい仕事についている場合特に妻である女性が苦労することが多く、仕方なしに辞めるという決断をしなければならないときも多いです。

ただ、辞める理由としては上司や会社側に伝えやすいため、辞める理由として正直に話すことをおすすめします。

5 引っ越し

引っ越しも、出産や子育てと同じく「仕方ない」理由のひとつです。

引っ越しがひかえている場合には、辞めるタイミングが非常に大切になります。直前に辞めるとなると、引越し準備とぶつかってしまい、予定を組むのが難しくなってしまいます。

早め早めに行動していくことをおすすめします。

スポンサードリンク