税理士の募集を探している人が必ず読むべき「転職の注意点」

税理士の募集を探している転職者が必ず読むべき「転職活動の注意点」
スポンサードリンク

税理士の転職ではじめにやらなければいけないことは、志望動機を考えることでも、ただひたすら求人を探すことでもありません。

税理士の転職ではじめにやらなくてはいけないことは、転職でやらなくてはいけないことをしっかり把握した上で、税理士の転職に特化した転職サービスを最大限活用することです。

求人・転職先を探すことに焦る前に、着実により良い待遇の職場を見つけることが重要です。

そこで今回は、税理士の募集に応募しようとしている税理士の転職者の方に向けて、転職で注意すべきポイントや、活用すべき転職サービスについて解説しています。

ぼっち

はかせ、ボク税理士の募集で良さげな条件の求人見つけたから、そこに転職しようと思うんだけど…職場の実情がわからないからちょっと不安だな…

はかせ

税理士の転職では失敗例も多いんじゃ。

まずは、税理士の転職活動をスムーズに進めることができるよう、転職に失敗しないための方法を知ることが大切じゃぞ。

税理士の転職で失敗する人は多い!転職に成功するための注意ポイント

税理士の転職で失敗する人は多い!転職に成功するための注意ポイント
ぼっち

絶対転職に失敗したくないわ…💧

はかせ

誰だって、自分のイチバン求めていた条件で転職したいはずじゃ。

しかし、転職が初めての方は特に、転職に焦りすぎて妥協して転職先を選んでしまうことが多い。

下記で紹介している失敗例も、そのケースに当てはまるんじゃ。

税理士の募集求人は今でも数多く、税理士としての専門知識を活かして働き続けることは今後も可能です。そのため、税理士の募集要項を見て、すぐに転職面接へ…という方も多いようです。

しかし、これから長く働ける職場をしっかり見つけるためには、転職活動に失敗してしまうケースから学び失敗を回避することが重要です。そこで下記では、税理士の転職で失敗例と、その対処法をご紹介しています。

1 転職後、人間関係に悩んでしまう

職場の人間関係に悩み、転職を考え始めた方も多いのではないでしょうか。人間関係だけで転職を決意する方はイメージよりも少ないようですが、働く上で人間関係は非常に重要な要素です。

実は、転職自体が成功したは良いものの、職場の人間関係がイメージより悪く、転職に後悔することも多いのです。

職場の人間関係の良い職場を見つけるためには、転職決定前に実際の現場を見学したり、内情を知っている人から事前にどんな雰囲気なのかを聞いておくことが必要です。

転職先に知人がいる場合に直接話しを聴くことや、面接後に職場見学の許可をもらう、転職エージェントを通して職場の実情を聴くなどといった方法で解決することができます。

おすすめ記事:30代税理士が転職に成功するには?良い待遇や人間関係の職場を探そう

2 志望動機が上手く書けず(話せず)転職面接で志望先に採用されない

志望動機は、転職面接で非常に重要です。あなたの税理士としての人材価値を短い時間で簡潔に伝える必要があります。

志望動機を話すためには、自己分析・転職先を志望する理由などを明確にする必要があります。しかし、転職活動中になんとなく求人を選んでしまうと、志望する理由をハッキリ述べることも難しいのです。

志望動機に自信がない方は、下記記事で志望動機に関するノウハウをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事:税理士の転職 志望動機!「なぜその職場なのか?」を明確にする

3 給与や福利厚生だけを見て転職先を決めてしまう

「転職したい!」というモチベーションのあるうちに、具体的な行動にできることはとても大切です。しかし、転職活動にはある程度の時間を確保した上で慎重に行う必要があります。個人差はありますが、早くて1ヶ月〜遅くて半年という視点で転職先を見つけ、転職することが一般的です。

転職したいと考えるあまり、給与や福利厚生さえよければそれでよしと求人を選び転職してしまうと、先ほど挙げた人間関係の問題や、転職先の職場の風土など、思いがけないことで転職後後悔してしまうことがあります。

ですので、給与や福利厚生などの条件面に加えて、「休日はどのくらいあるのか?」「有給を取得しやすい雰囲気か」など、現場の実情をしっかり調べておきましょう。

転職エージェントに相談すれば、「職場の雰囲気」などを事前に教えてもらうことができます。

4 年齢に応じた転職活動の注意点があることを知らない

税理士に限らず、一般的な傾向ですが、年齢ごとに面接でアピールすることや職務経歴書に重点的に書くことは異なります。目安として、年代ごとにどのような違いがあるのかをご紹介します。

<20代の場合>

20代の場合、基本的に経験やスキル、実績よりも「仕事への意欲」「転職先の志望動機」が重要になります。

これまで得てきた経験・知識よりも、「自分がどのくらい熱意を持ってどんな仕事に取り組んできたか?」「なぜ、他の職場ではなくこの職場を選んだのか?」を面接で話すことが大切です。

<30代の場合>

20代よりも、仕事での実績や経験、関わってきた仕事内容をより詳細に説明できることが重要です。また、転職先に合わせて自分がどのようにスキルを活かすことができるのかをハッキリ述べましょう。

しかし、下記記事でもあるようにミドル層転職の求人数が増える傾向にあります。

よって、20代と同様に「なぜ転職先を選んだのか?」「今後、どのように働いていきたいのか?」を面接でハッキリ述べることができれば、あなたの人材価値を理解してもらえるでしょう。

おすすめ記事:税理士の転職は年齢によって難しくなる?20代後半〜30代は適齢です

<40代の場合>

40代税理士の場合、求められるのはマネージャークラス(管理職級)の経験とスキルです。

税理士としての経験・知識のみならず、管理職としてのマネジメントスキルや、広範な仕事内容を理解できる即戦力的な転職活動を行う必要があります。

これまでの経験に照らして、転職先で自分が何をすることができるかを面接できちんと述べましょう。

このポイントをおさえておくだけで、自分の年齢に合わせてどのような面接対策をすべきかがなんとなく理解できたのではないでしょうか。

ご自身の役割をしっかり理解した上で転職活動を進めていきましょう。

5 通常の転職サイトのみで転職先を決めてしまう

世の中に存在している税理士求人は、一般求人情報サイトだけでは探し尽くすことはできません。そのため、本来なら転職できたはずの高待遇の求人を見逃すことになってしまいます。

よって、税理士の転職では「転職エージェント」を活用することを強くおすすめします。登録していない人は応募できない「非公開求人」をエージェントは持っていますから、高待遇で選り抜きの求人を紹介してくれます。

中でも、「総合型エージェント」と呼ばれる多数の業界求人を扱っているエージェント+税理士特化型エージェントの2つに同時に登録すれば、より高い確率で高待遇の求人を見つけることができるでしょう。

一般の求人情報サイトでも税理士求人を探すことはできますが、転職エージェントであれば転職活動における様々な悩み(面接対策や履歴書・職務経歴書の作成など)をサポートしてくれる点が大きなメリットです。

税理士が転職活動を行うには「転職エージェント」がおすすめ

税理士が転職活動を行うには「転職エージェント」がおすすめ
ぼっち

なんで、普通の転職サイトではなくて、「転職エージェント」がおすすめなの?

はかせ

その理由を一言でいうと、「転職活動で必要なことを全部やってくれる」からじゃ。

たとえば、給与交渉や転職先の実情を調べたり、面接対策や履歴書の作成などをサポートしてくれたりするんじゃよ。

待遇改善のための転職も、親身になって相談にのってくれるじゃろう。

税理士の転職において、転職エージェントは下記の理由からおすすめできます。転職が不安な方こそ、下記のメリットをしっかりおさえておきましょう。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成)
  • 時間がかかる転職活動でもサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

特に、転職先の内部情報を教えてくれたり、自分の求める条件(休日のとりやすさ・給与など)に合った求人を紹介してくれる点は、「待遇の良い職場」を見つけるためにイチバン大切なことですよね。

エージェントで未経験者の転職が必ずできるとは限りません。しかし、転職サイトだけではなくエージェントも同時に活用すれば、その分だけ探せる求人の数が多くなり、効率的です。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。また、正社員への転職はエージェント活用がほとんどの場合必須です。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきます。転職エージェントは馴染みのない方が多いと思いますので、登録後の流れをつかんだ上で登録してしょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

経理職の転職で活用すべき転職サービス

はかせ

税理士に特化した転職エージェントはコレじゃ!

税理士専門の転職サービス『マイナビ税理士』

マイナビ税理士

引用:https://zeirishi.mynavi-agent.jp/

『マイナビ税理士』の特徴

求人を閲覧できるだけでなく、さまざまな業界・職種に精通したキャリアコンサルタントから転職活動にあたってのアドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を「無料」で受けられます。

また、業界毎に専任のキャリアコンサルタントが在籍しているため、高い専門性を兼ね備えており、業界・職種毎の書類添削、面接対策など手厚いサポートがあリます。

どんな人にオススメ?

  • キャリアコンサルタントによる転職相談を受けたい方。
  • 転職したいが、自力で探すことが難しいと感じている方。
  • いい条件(地域、職場の規模などの環境)の仕事を探している方。
はかせ

総合型転職エージェントはコレじゃ!

特化型と総合型、どちらにも登録しておこう!

転職実績No.1『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「税理士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|税理士の転職を成功させよう

まとめ|理学療法士の転職を成功させよう
はかせ

転職エージェントを使えば、条件の合う求人を効率的に見つけることができるじゃろう!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職エージェントに登録」してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、税理士の募集に応募しようとしている税理士の転職者の方に向けて、転職で注意すべきポイントや、活用すべき転職サービスについて解説してきました。

税理士の求人は、転職エージェントを活用することでより効率的に見つけることができます。また、好条件の求人も多いため、クオリティの高い転職先を紹介してもらうことができるでしょう。

今回の記事を参考にして頂き、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

 

スポンサードリンク