保育士の仕事の実情は?資格持ちが参考にすべき転職ノウハウ

保育士の仕事の実情!人間関係の悩みや残業の少ない職場を見つけよう
スポンサードリンク

今回の記事では、保育士への転職に必要な情報を網羅してご紹介しています。

「保育士の資格を取得済みの方」が転職を考える際に必要な情報に絞って解説していきますので、保育士の転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

ぼっち

保育士の転職先選びってどうすればいいの?

はかせ

保育士が転職する際には、自分に合った転職サービスを複数活用することが大切じゃ。また、希望の条件や給与などの実情をおさえておき、現実的な計画をたてることも重要じゃな。

ぼっち

じゃあ、転職するときに必要な情報を教えてよ!

保育園以外で活躍する保育士の種類

保育園以外で活躍する保育士の種類

保育士の転職方法を見ていく前に、保育園以外で活躍する保育士の種類を見ていきましょう。保育園での勤務以外にも、保育士には様々な働き方があります。

転職先選びに直接関わることですので、ここで選択肢おさえておきましょう。

乳児院

乳児院とは、親族や保護者がいない場合や、保護者が病気、死別、またはその他の理由で育てていくことが難しくなった場合に2歳未満の乳幼児を育てていく施設です。保育する子どもの年齢は、生まれてすぐの赤ちゃんから2歳未満までの間になります。

仕事内容は、保護者が家庭で行っているようなお世話になります。ミルクを飲ませたり、おむつを替えたりといったことなどが仕事内容になります。

保育園と異なり、お迎えなどはなく乳幼児はずっと乳児院で生活します。そのため、一日のスケジュールを踏まえた仕事をする必要があるでしょう。

乳児院では、保育士のほか保健師・調理栄養士・看護師・臨床心理士等も勤務します。

児童養護施設

入所施設である児童養護施設は、乳児以外の18歳までの児童が入所します。保護者がいない児童や、虐待を受けて入所した児童など、「ココロに傷を追った子ども」に対する対応が求められます。

仕事内容としては、遊びの指導や保育全般になります。

障がい者施設

障がい者施設には「知的障がい児通所施設」と「情緒障がい児短期療養施設」の2つが存在します。

知的障がい児通所施設が対象とする児童の年齢は、18歳までとなっています。しかし、現状としては乳幼児の利用が多く保育士が求められています。仕事内容としても、保育園と同様の場合が多いようです。ただし利用者それぞれの障がいのレベルが異なるため、保育園勤務よりも個々人のレベルに合わせた対応が求められます。

情緒障害児短期療養施設が対象とする児童の年齢も18歳までになっています。引きこもりや不登校、過食や拒食症など神経障がいを持つ児童が利用します。特に、学校に通えないほどの障がいを持っている児童に生活の指導をすることが保育士の役目になります。

病棟保育士

病院に入院している子どもの援助を行うのが、病棟保育士の仕事内容になります。保育園で求められる仕事とほとんど同じです。

病院で生活を送る児童の精神的ストレスを和らげ、遊びや食事、着替え等のサポートを行います。

ただし、病棟保育士の仕事は特に求人数が少ないため、病棟保育士を目指す場合は転職活動に時間がかかると考えられます。

保育園ではたらく「保育士」以外にも、保育士の資格を持ち保育士として登録をしていれば、様々な選択肢があることをおさえておきましょう。

勤務形態や給与、勤務地に加え、働き方の選択肢を多く知っておくことも、転職活動では重要になります。

保育士のやりがい・魅力

保育士のやりがい・魅力

ここでは、保育士のやりがい・魅力を整理してご紹介しています。

転職を検討している方の中には、「保育士以外の仕事を検討しようか?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。もちろん、ほかの職種・業種を含め転職先を選ぶことは大切です。

しかし、保育士の仕事の魅力ややりがいをもう一度おさらいしておくことで、改めて保育士としての働き方をイメージするキッカケになるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

1 子どもの成長に関われる

保育士の仕事の一番のやりがいは、何と言っても「子どもの成長に関われること」にあるのではないでしょうか。たくさんの子どもたちと接することで、学べることややりがいを感じることは多いはずです。

もちろん、実情をみると楽しいことばかりではなく、「きつい」「辛い」という声が多いことも事実です。また、他の業界と同様、職場の人間関係で悩むことも多いでしょう。

しかし、「子どもたちの成長を見守る仕事をしたい」という思いを持ち続けて仕事ができる保育士には、多くの魅力があることも事実といえるのではないでしょうか。

2 雇用形態が様々である

保育士の実際的なメリットとしては、「雇用形態が様々である」ということがあげられるでしょう。

たとえば、家庭の事情や健康上の理由などで、長時間勤務が難しい場合には「契約社員」「派遣社員」「パート」といくつかの雇用形態を選択して働き続けることが可能です。そのため、午前/あるいは午後のみの出勤や、残業や休日出勤の免除など、利点も多くなります。

ほかの職種ですと、なかなかこうは行きません。将来的に、パートや契約社員として働き続けることを考えているなら、保育士として働き続けることには大きなメリットがあります。

3 保育園以外でも「保育士」は求められている

先述の通り、保育士の仕事は「保育園」だけにとどまるものではありません。求人の数こそ少ないものの、様々な施設で保育士は求められています。

また、放課後児童福祉員や児童福祉施設でも保育士の資格は重宝されます。想像以上に、保育士の活躍の場は多いのです。

つまり、保育士としての仕事を継続するだけで、とにかく仕事を探せないということはないといえます。担い手も減っている現状では、いかに働きやすい職場を見つけて、保育士として仕事を続けていくかが重要であるといえるでしょう。

 

保育士の実情 -仕事は辛い?-

保育士の実情 -仕事が辛い?-

では次に、保育士の実情や仕事内容の実態について、数々の口コミや経験談から解説していきます。保育士として既に経験があっても、「ほかの職場はどうなのか?」ということはなかなか情報として入ってくることはありません。

そこで、保育士として働く中でよく言われがちな実情をおさえておきましょう。転職先選びにも繋がりますので、ぜひ参考にしてください。

保育士の勤務時間

保育士の仕事時間は、勤めている保育園や施設によって異なりますが、1日8時間が通常です。しかし、「想起保育」「延長保育」を行っている保育園では、「早番」「中番」「遅番」とシフトを組んで仕事時間を調整しているケースも多いでしょう。

たとえば、早番は7:30〜16:30、中番は8:30〜17:30、遅番は9:30〜最終までと、時間をずらした勤務形態が一般的です。また、お遊戯会などのイベントの準備や、保育園だより等の書類作成などで残業が発生する場合も多いです。

休日は、土曜、日曜、祝日で週休2日制を導入している園が多いのですが、実質的には土曜や日曜に保育を行う園もあり、その場合は平日休みとなることもあります。

中でも、最も大変なのは書類作成などの事務作業であるとの声が多く、一定以上の事務系のスキルはどこの保育園・施設でも必要になります。

保育士の給与・将来性

保育士の給与・将来性

では、次に保育園の給与や将来性など、今後の保育士の展望を簡単にご紹介していきます。「保育士として転職するか悩んでいる」という方は、他の職種と比較し保育士の将来性について自分なりに知っておくべきでしょう。ぜひ参考にしてください。

給与

保育園には「公立」「私立」の2種類があります。

公立保育園の場合は、各自治体の給与規定に沿った給料が支払われます。また、公務員と同様に手当もつきます。対して、私立保育園の給料や待遇は職場によって異なるため、転職先選びは慎重に行う必要があります。

安定を求めるなら公立保育園への転職がベターですが、その分狭き門であることをおさえておきましょう。「絶対公立に転職する!」と決めておくのではなく、具体的な初任給や年収等を比較して具体的に転職先の待遇を調べておくことをおすすめします。

私立保育園の初任給平均は15万円ほど、保育士全体の平均年収は300万円ほどが相場になっています。

保育士の将来性

日本では少子化が叫ばれて久しいですが、一方で共働き世帯の増加にともなって保育園の需要は高まっています。待機児童の問題がニュース等でも取り上げられているため、把握している方も多いのではないでしょうか。

今後も保育施設は不足しがちであり、保育士のニーズは高まっています。また、保育園・保育所に限らずデパート等の施設やその他様々な施設で保育サービスが展開されているため、保育園に限らず保育士が働ける職場は今後も増えていくことが予想されます。

保育士に必要な資格と保育士への登録

保育士の資格を持っているが、一度も保育士として仕事をしたことがない方は「保育士への登録」が必要です。

保育士資格自体は「保育士試験」に合格することで取得することができますが、合格後「保育士」になるためには保育士登録手続きをして保育士証を取得する必要がありますので、転職前にチェックしておきましょう。

参考:保育士登録申請手続き(新規登録) 確認ページ – 保育士の登録

保育士への転職方法・注意ポイント

広告代理店へ転職する方法とは?

では、保育士への転職で最も重要な「転職する方法」をご紹介していきます。転職するために必要なアクションを3つご紹介していますので、ぜひ参考にして頂き実践してみてください。

転職するために必要な3つのこと

転職するために必要な3つのこと

転職に必要なことはこの3つです。順に解説していきます。

1 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。

比較的余裕ができてきてからいざ自分自身のスキルを振り返ろうと思ってもなかなかできることではありませんし、転職を機会として自分を見つめ直さなければ、この棚卸しをするタイミングはほとんどありません。これを機に、自分の「経験・スキル」を過去の具体的な仕事内容とともに書き出しておきましょう。

2 転職する理由

転職することを考えている以上は、何らかの「理由」があるでしょう。理由のない転職はない、それは当然のことですが、実は転職する理由が固まっていないという可能性もあるのです。

「自分は何を要因として転職を考えているのか?」を今一度明確にして書き出してみましょう。それは給与・待遇面でしょうか? 仕事内容でしょうか? 求める人間関係でしょうか?

3 具体的な企業(職場)

自身の経験と転職理由をハッキリさせたあとは、具体的に「ここで働きたい」と思える企業を探す必要があります。具体的に企業を見ていくためには、業界に数多存在する企業をひとつひとつ調べるのではなく、「事業の内容」「商品・サービスの内容」などを区別して、自身の求める条件や「やりたいこと」に照らして選んでいく必要があります。

異業種への転職の場合は、具体的にどんな仕事があるのかについて詳しく知らない方がほとんどでしょう。その場合は、「実際どうなの?」はさておき、とにかく自分が「やりたい!」と思う仕事内容や、企業の提供するサービスや取り扱う商品を事前にリサーチしておくことが大切です。

ハッキリと「転職したい企業」が定まっていない場合でも、「転職したい業種・職種」をハッキリさせておくことで、転職活動における企業選びをスムーズに行うことができます。

「転職に必要な3つのこと」を学んだ上ですべき2つのこと

1で自分自身の経験・スキルを再確認し、2で転職する理由を明確にしました。さらに、3では具体的な企業選びをする準備を整えました。さらに、ここからすべきことは2つです。

4 志望動機を明確にする

「志望動機」は、「なぜこの企業に入りたいのか?」を明確にし、面接で企業側にあなたを採用するメリットを理解してもらうために必要な要素になります。

中途採用で最も採用基準として重視されているポイントは、「必要スキルの経験年数」です。

具体的に、どのような採用基準を変更されたのですか?(複数回答可)

引用:http://partners.en-japan.com/enquetereport/091/

参考:中途採用の採用基準について – エン人事のミカタ

応募先企業が、あなたを採用するメリットをよく理解するためには「マッチするスキルや人間性」をわかりやすい形でアピールする必要があり、そのためには具体的な経験に基づいた志望動機が重要になります。

5 転職エージェントを活用する

「転職活動は初めて」という方は、保育士の求人を紹介してくれる転職エージェントサービスを活用するか、求人情報を多数取り扱うサイトを活用することをおすすめします。

特に、「転職エージェント」は本来1人で進めなければならない転職活動を、業界に精通したエージェントがサポートしてくれるため、転職成功の確率がぐんと上がります。

下記では、ほかの転職方法の解説や、転職エージェントのメリット・デメリット、そして登録後の流れをご紹介しています。保育士への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

転職活動をする方法、決まっていますか?

転職活動をする方法、決まっていますか?

転職活動を検討している方の中には、どこの転職サイトを使うべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。とりあえず転職サイトに登録したはいいものの、なかなか企業選びが進んでいない…そんな方は「自分に合った転職活動の方法」を知った上で転職活動を始めるべきです。

自分に合った転職活動の方法を知るためには、「転職活動にはどんな方法があるのか?」をおさえて置く必要があります。ここでは、一般的な転職方法を3通りご紹介していきます。自分はどれに当てはまるかを確認しながら参考にしてくださいね。

1 転職求人サイト

転職者が個人情報や経歴・スキルを登録後、掲載されている求人情報を探すことのできるサービスが転職求人サイトです。「転職活動をする」というと、真っ先に思い浮かぶ方法ですよね。

代表的な転職サイトには、リクナビNEXTなどがあります。

とにかく自分で求人情報を探したい方や自分のペースで転職活動を進めたい方、転職が初めてではない方にとっては、最も効率的な転職方法です。

2 スカウトサービス

スカウトサービスとは、サービス上に登録された転職者に対して企業側がスカウトを送信しマッチングする転職方法になります。

代表的な転職スカウトサービスには、DODAがあります。また、通常の転職求人サイトの機能のひとつとして「スカウト」「オファー」の機能がある場合もあります。

転職サイトとは異なり、登録した方の経歴やスキルを元に「企業側から連絡が来る」ことが特徴です。今よりいい条件の企業へ転職したいと考えている方や、転職サイトを使うよりも確実な転職がしたいと考えている方におすすめの方法です。

3 転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴やスキル、求める条件をもとに求人情報を紹介してくれるサービスです。スカウトサービスとは異なり、企業と転職者の間に「エージェント」が仲介します。

転職エージェントには大手から業界特化型まで様々な種類があるため、「業界・業種が決まっている方」におすすめです。また、初めから最後までサポートしてくれるため「転職が初めての方」が最初に活用すべきサービスです。

転職に対する不安が大きい方は、自分一人で転職活動を進めるのではなく「転職エージェント」を活用してみてはどうでしょうか。転職エージェントについてもっと知りたい方は、下記を参考にしてください。

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントとは、いうなればあなたの「秘書」のような存在です。転職エージェントサイトは多数ありますが、共通しているのは「担当者がつき、転職活動を一貫してサポートしてくれる」ということ。

ここでは、転職エージェントを使用することのメリット・デメリットをご紹介しています。転職を検討している方は、下記のメリット・デメリットをよく理解した上で活用していきましょう。

メリット

自分に合った職場を探してくれる

転職エージェントの最大の特徴は、業界や転職事情に精通したエージェントが転職相談に乗ってくれること。つまり、あなたの特性や経歴を活かしたアドバイスを受けること、「どんなところに転職すべきか?」といった悩みを相談することができるということです。

その上で求人を紹介してくれるため、「自分に本当に合っているのだろうか?」という悩みを持つ必要がなくなりますし、万が一悩みを持ったとしても、その都度相談をすることができます。

転職が初めてな方や、転職に大きな不安を抱いている方にとって、一人で転職活動を行う必要がない転職エージェントはかなり心強い味方であるといえます。

転職活動に必要な準備をサポートしてくれる

相談やアドバイスだけではなく、内定を得るための面接の準備や面接に必要な選考書類の準備を行ってくれるのもエージェントの特徴です。また、在職しながらの転職活動で最も不安のある「スケジュール調整」も、最適な日程を企業側と相談した上で決めてくれるため、面接のスケジュール調整がとても楽になります。

転職活動は想像以上に「すべきこと」が多いため、「まず、何をすべきかわからない」という方にはぜひ転職エージェントをおすすめします。

デメリット

自分で数多くの求人情報を見ることができない

転職活動を複数回行っている方や、既に細かな条件等まで決まっている方にとっては、「多くの求人情報を見たい」が転職活動の最大のポイントといえます。

転職エージェントは、最適な求人を提案してくれるという点では優れていますが、どうしても「自分でみたい」という場合の量や効率としては一般の転職サイトに劣ります。

しかし、その分ひとつひとつの求人情報を綿密に紹介してくれるため、求人内容に対する信頼性は高いといえます。

転職する業界や職種・業種などが明確になっていない場合、一人で転職サイトを使い多くの求人を見ることは、転職活動に多くの時間を割いてしまうことになりますので、注意が必要です。

担当するエージェントによって対応が変わる

転職エージェントは、転職者によって担当者が就くシステムなので、その分具体的なサポートを得ることができます。反面、担当するエージェントによって、対応やアドバイスの内容に幅があることに注意が必要です。

転職エージェントサービスは、複数活用する方がとても多いというデータがあります。

転職の際は複数のサービスを使うべき

転職エージェントは「4社」以上の活用で転職に成功する割合がぐんと上がります。担当者に不安がある場合でも、それを解決する方法はあるといえますね。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

転職サービス選びのコツは?

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

■転職エージェントを選ぶコツ

  1. 求人数(多くの数がある分、選択肢が増える)
  2. サポート内容(エージェントサイトによってサポートしてくれる内容や方法が変わる)
  3. どの業界に強いか?(職種・業界に特化したエージェントがある)

この3つの観点から、自分にあった転職エージェントを複数活用していくことをおすすめします。

転職する際に活用すべき転職サービスは?

日本トップクラスの求人数!『保育ひろば』

保育広場

https://hoiku-hiroba.com/lp/?utm_source=a8&utm_medium=affiliate&utm_campaign=site

『保育ひろば』の特徴

『保育ひろば』は、保育系の求人を探すことのできる転職サービス。好条件や高待遇の非公開求人が公開されています。

それぞれの地域に特化して求人情報を持っている専任コンサルタントが転職をサポートしてくれるので、ご自身の地域や求める条件に合った仕事を見つけることができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・保育士のキャリアを給与の面でステップアップさせたいと考えている保育士の方。

・保育士として転職したいが、自力で探すことが難しいと感じている方。

・いい条件(地域、職場の規模などの環境)の保育士としての仕事を探している方。

保育士への転職におすすめの転職サービスTOP5

ぼっち

もっと転職サービスに登録しておきたいんだけど、何を見ればいい?

はかせ

下記「おすすめ記事」では、保育士への転職におすすめの転職サービスを紹介しておる!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「保育士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|保育士への転職を成功させよう

まとめ|保育士への転職を成功させよう
ぼっち

なるほど、転職エージェントで転職先を選ぶことが一番効果的なんだね!

はかせ

その通りじゃ。保育士の仕事は今後もさらに必要になってくる。よって、転職の方法をおさえておけば再度転職する際もよりスムーズに転職活動を進めることができるぞ。

ぼっち

まずは「転職エージェント」に登録してみるよ!

はかせよりエージェントにアドバイスもらったほうがいいや!

はかせ

出て行け!(泣)

今回の記事では、保育士への転職に必要な情報を網羅してご紹介してきました。

これからも保育士は社会の様々な場所で必要とされる仕事ですし、また、勤務形態も柔軟に変更することができるため、共働きや結婚・子育てなどのライフプランを明確にする上でも魅力的な仕事といえます。

今回の記事内容を参考に、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

スポンサードリンク