化学素材メーカーの営業への転職!仕事内容とやりがい・激務度まとめ

化学メーカーの営業の仕事内容・特徴・転職方法まとめ
スポンサードリンク

化学メーカーの営業職には、他の業界とは異なる業務や特徴があります。それを理解した上で、自分の活かせるスキルや経験を見つめ直しておくことが転職成功の近道になります。

今回の記事では、化学メーカーの営業職への転職を検討している方向けに、営業職の仕事内容や転職方法をご紹介しています。

転職方法や転職の際の注意ポイントについてもご紹介していますので、化学メーカーの営業職への転職を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

ぼっち

化学メーカーの営業の仕事ってどんな仕事なの?

はかせ

ん?どうしたぼっち。転職するのか??

ぼっち

そうなんだ。化学メーカーの企業を求人で見つけてね。

その条件が結構良さそうなんだけど、実際どうなんだろ…と思って。

はかせ

なるほどな!じゃあまずは化学メーカー営業の仕事内容を観ていこう。

転職活動を始める前に転職先の業界について知っておくことが大切じゃ。

 

INDEX

化学素材メーカーの営業職の仕事内容

化学素材メーカー営業の仕事内容
ぼっち

営業職が良いなとは思ったものの…化学素材メーカーの営業職って、どんな仕事をしているの?

はかせ

基本的には他業界の営業職と変わらないぞ!

営業職経験者であれば、転職活動を突破さえすればすぐに活躍できるじゃろう!

 

ここでは「化学素材メーカーの営業職とはどのような仕事なのか?」についてご紹介しています。営業職の経験がある方は、前職や今の仕事とどのような点が異なるのかを考えつつ参考にしてみましょう。

 

既存ルート営業

化学素材メーカーでは、企業ごとの既存営業ルートでの営業活動が半分以上を占めることが多いため、これまでの会社の実績や販路を守るための仕事が主となります。

といっても、継続的に営業先とのコミュニケーションを取るためには、普段からの情報収集や競合の動きの調査が欠かせません。

 

新規開拓営業

営業の新規開拓には3つの種類があります。

  1. 既存商品を新規顧客に売る
  2. 新商品を既存顧客に売る
  3. 新商品を新規顧客に売る

化学メーカーの場合、新商品の開発はほかの業界と比べ短期的に行われることはなく数年単位で行われる場合がほとんどです。

よって、新規開拓の場合でも最も多い仕事は、1の「既存商品を新規顧客に売る」というもの。

つまり、新規ルート開拓が主な仕事になります。ただし、他の業界と比べて「飛び込み営業」などが多いわけではないため、着実な営業活動が求められます。

 

デスクワーク

毎月提出する営業月報や、報告資料、加えて会議の資料作成などを営業活動の合間に行うことも営業の仕事のひとつになります。この点は、化学メーカー以外の営業職と変わりはありません。

 

海外における営業

海外営業の場合は、営業活動の内容自体は国内での仕事と変化ありません。変わるのは、顧客になる企業になります。

海外駐在なのか駐在せずに営業活動を行うのかで仕事の仕方や時間などは異なりますが、現地のメーカーとのやり取りを行う点では変わりありません。


ここまで、化学素材メーカーの営業職の仕事内容について解説してきました。

すでに営業職を経験している方から見れば当たり前の情報だと思いますが、次は化学素材メーカーの営業職だけの特徴を見ていきます。

激務度はどのくらいなのか、楽なのは本当なのか知りたいことは山ほどだと思いますが、ひとつひとつチェックしていきましょう。

 

化学素材メーカー営業だけの特徴・やりがいと激務度

化学素材メーカー営業だけの特徴・やりがいと激務度
ぼっち

基本的な営業職の仕事内容については知ってるけど…

化学素材メーカーの営業職だけの特徴ってあるの??

はかせ

化学素材メーカーの営業職だけに見られる特徴について解説していくぞ!

自分の志向性に合っているかどうか、チェックしていこう。

 

では、化学素材メーカーの営業職だけに観られる特徴とはどのようなものでしょうか?

ここでは、具体的な化学メーカー営業職のイメージをつかむための特徴をご紹介していきます。

 

少数精鋭で営業を行う

化学メーカーの営業は、大人数でチームを組織し活動することは少なく、「少数精鋭」で行われる場合がほとんどです。

部署あたり5人ほどの人数であるのに対し、売上は数十億〜数百億と規模が大きい点も特徴です。

重要な顧客から直接的にやり取りを行うため、すべての取引先と同じようにコミュニケーションを取ることは人数的にも不可能な点が出てきます。

また、商社経由で営業活動を行う場合もあるため、顧客との接点があまり少ない場合もあります。

また、新卒採用で入社する割合も化学メーカーは少ないので、「人数不足」が大変と感じることもあるかもしれません。

ただし、少数精鋭であるということはそれだけ一人ひとりの業務のウェイトが大きいということでもあるため、やりがいを感じられる機会はたくさんあるでしょう。

 

実績が出るまでに長い時間がかかる

化学素材メーカーは既存商品を既存ルートに販売することが主となるため、新商品や新規市場開拓といった新たなルートを立ち上げるために時間を要します。

特に、実績として化学素材メーカーの商品が市場に馴染むまでには、10年といった長い期間を要する場合がほとんどです。その分、安定性が高く同じ仕事が多いと言い換えることもできます。

IT業界や電機メーカーなど、商品・サービスの変化の流れが早い営業職の方が転職する場合、こういったある程度固定化した業務が増えるということをあらかじめおさえておくべきでしょう。

 

法人ルート営業が主な業務

化学メーカーの法人ルート営業では、顧客の状況の変化や市場の変化を捉えていかに最適な提案ができるかが重要です。

そのため、法人ルート営業での最たる目的は、「顧客の情報収集」になります。

しかし、化学メーカーの場合は既存顧客の状況があまり変化することはなく、さきほども解説したように「ビジネスの状況があまり変わらない」のも化学メーカー営業職のひとつの特徴になります。

毎日のタスクの中で、細かな改善を考えて実行する論理的思考力を発揮すれば、安定しつつもやりがいを感じられるようになるでしょう。

 

海外での仕事も多い

化学素材メーカーの海外売上比率を観てみると、売上の半分以上が「海外での売上」になっているメーカーが多いことが分かります。

日本国内の市場はすでに「飽和状態」であり、海外に目を向け事業活動を行う企業が増えています。

具体的には、欧米からアジア圏まで、幅広い地域で売上を上げることが今の化学メーカーの大まかな方向性です。

もちろん、業績が低迷しているわけではなく、日本市場での売上が大きく下がるということは現在のところ起きているわけではありません。

話は逸れましたが、その下で働く以上は年齢に関係なく「海外営業」を任されることもあります。ほかの業界ではあまり考えにくいことですが、これも化学メーカー営業の特殊なポイントです。


ここまで、化学素材メーカーの営業職だけに見られる特徴ややりがいについて解説してきました。次は、化学素材メーカー営業職のつらいことや実情を整理してみていきましょう。

 

化学素材メーカー営業職の辛いこと・実情|楽って本当?

化学素材メーカー営業職の辛いこと・実情|楽って本当?
ぼっち

やり方によってはやりがいを感じられる仕事だということはわかったよ!

…でも、なんにもデメリットはないのはなんか違和感あるな。

はかせ

デメリットがないわけじゃないぞ!

メリットの裏返しとしてのデメリットもあるわけじゃから、その点についてもチェックしていこう。

 

では次に、化学メーカー営業職の実情をご紹介していきます。

ほかの業界と比べ、激務度は少なそうに見える化学メーカー営業職ですが、いい面・悪い面の両方を観ておくことで、より現実的な企業選びが可能になります。

 

納得のいかない商品を売ることになる場合も…

社内でも重要度が低い商品や事業として上手くいっていない商品などの担当を任された場合、どうしても納得できないものを営業で売る…という仕事になってしまう可能性があります。

もちろん、化学メーカーの営業職に限った話ではありません。

しかし、新商品開発の期間が長い化学メーカーでは変化が少ないため、納得のいかない商品を売る期間もそれに応じて長くなってしまう可能性は十分にあるでしょう。

 

「仕事が楽」ゆえの悩み

品質が安定し、顧客のルートも決まっている化学メーカー営業職では、顧客の動向により業務の忙しさが異なります。

しかし、激務度を調べてみると「楽」であるという声がとても多いのが事実です。

つまり、他の業界と比較しても変化が少ない業界である以上、安定はしている反面、切迫した状況になったり、努力で何とか成果を出したり…といった「自分を成長させてくれる状況」がほかの業界よりも少ないといえるかもしれません。

また、クレームも発生するものの、消費者からの苦情よりも理不尽な注文は少ないといえます。

化学メーカーの商品は品質がよく、設備などの根本部分に問題が無い限りはクレームに対して悩まされることも少ないのです。

 

顧客によっては激務度が増すこともある

たとえば、化学メーカーの中でも原料や製造過程に問題が発生した場合などは、土日祝日を問わずクレーム対応に追われるなどということも発生します。

業界や企業により、どんな商品を扱っており、どのようなルートで販売されているのかによって状況は異なりますが、商品に問題が発生した場合には、それを研究開発している企業にまで責任が及びます。


ここまで、化学素材メーカー営業職のつらいことや実情を解説してきました。次は、化学素材メーカー営業職へ転職するメリットを、転職者の視点から見ていきましょう。

 

化学素材メーカー営業職へ転職するメリット

化学素材メーカー営業職へ転職するメリット
ぼっち

化学素材メーカーの営業職に転職するメリットを整理したいな。

頭こんがらがってきた。

はかせ

簡単に言うと、「未経験からも目指せる」「化学業界の経験を学べる」の2点じゃな!

…アタリマエのことのようじゃが、実は結構大きなメリットじゃぞ。もちろん、給与がある程度安定しているのは前提だしな。

 

では、実際に化学メーカー営業職へ転職するメリットをご紹介していきます。転職者の視点から、実際に化学素材メーカーへの転職時に気になるメリットをチェックします。

 

化学の知識は必ずしも必要ないため未経験からでも目指せる

文系の学部を卒業した方や、前職で化学メーカー関連の仕事をしていない場合でも、化学メーカーの営業職として仕事をすることは可能です。

ただし、自身の販売する商品の特徴や利点を正確に理解した上で営業活動を行わなければならない点は、ほかの業界と変わりありません。

よって、基礎的な化学知識などは勉強しつつ、仕事をすべきであるといえます。裏を返せば、技術職として働か無い限りは事務系の職種であれば十分転職は可能です。

 

社外の人材との接点が多く経験を多く積むことができる

化学メーカーはあまり「辛い」「きつい」といった評判が多くありません。なぜなのかは、これまでご紹介してきたように、業界の特徴として「変化が少ない」点にあるといえます。

しかし、社外の顧客や商社マン、技術者や技術コンサルタントといった化学メーカー関連の様々な人材と接する機会があるため、業界内で経験し学べることは数多くあります。

ここまで、化学メーカー営業職の仕事内容や実情、メリットについて解説してきました。実際に化学メーカー営業職の転職先選びを行うためには、下記3つの方法のうち自分に合った転職方法を選ぶことが大切です。

がむしゃらにスタートさせるのではなく、それぞれの転職方法の特徴を知った上で転職活動を進めていきましょう。


化学素材メーカーへの転職のメリットを解説してきました。

次の具体的な転職方法を見る前に、転職時に気になる「文系/理系」での転職方法の違いをチェックしておきましょう。

学歴が文系なのか理系なのかで転職方法は変わるのでしょうか?

 

化学素材メーカー営業職への転職方法は「文系・理系」で違うのか

化学素材メーカー営業職への転職方法は「文系・理系」で違うのか
ぼっち

ボク文系なんだけど、理系と文系で転職方法って変わるの??

はかせ

結論からいうと、どちらでも違いはないぞ!

ただし、理系の人はちょっと注意が必要じゃな。

理系・文系で転職方法には違いがない!

化学素材メーカーの営業職への転職に関しては、特に理系・文系で大きく変わる点はありません。

これまでの仕事の経験・スキルのうち、営業職として活躍できるものをアピールし、適切な求人を選ぶことだけが大切です。

もちろん、理系分野で学歴のある人は、化学メーカーで営業職をするにあたって活用できる知識が豊富であるため、有利な点もいくつかあるでしょう。

ただし、営業スキルというのはどの業界でも実地で学ぶことができるものです。実際に働き始めてからでも、営業職としてスキルアップするのは簡単ではありませんが、可能なことです。

 

理系は他の職種も検討できないか考えるべき

ここでひとつ注意点があります。

すでに技術職や研究開発職としてキャリアをスタートさせている理系の方(学部卒・修士・博士)は、営業職以外の専門職で転職を検討したほうが良いでしょう。

営業職に転職することはできるものの、理系で学歴がある方は、今の職場で不満に思っていることや転職理由をもう一度整理したうえで、希望条件に合った同じ職種の求人を探すほうが良いでしょう。

もし、「自分に合った求人が分からない」というのであれば、下記でご紹介している転職エージェントを活用し、転職相談をした上で求人を紹介してもらうこともできます。


ここまで、理系と文系で転職方法に違いはあるのか、について解説してきました。基本的には、転職活動の方法は同じです。

しかし、キャリアに不安がある方、営業職を本当に目指すべきかわからない方は、一度立ち止まって広く職種・業界を検討してみるほうが良い場合もあります。

下記では、転職活動を進める方法を3つご紹介しています。おすすめは転職エージェントですが、自分に合った転職方法を選びましょう。

 

転職活動をする人が知っておきたい「3つの転職方法」

転職活動をする方法、決まっていますか?
はかせ

ここからは、具体的にどうやって転職活動を進めていくか、その方法について解説していくぞ!

 

転職活動を検討している方の中には、どこの転職サイトを使うべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

とりあえず転職サイトに登録したはいいものの、なかなか企業選びが進んでいない…そんな方は「自分に合った転職活動の方法」を知った上で転職活動を始めるべきです。

自分に合った転職活動の方法を知るためには、「転職活動にはどんな方法があるのか?」をおさえておく必要があります。

ここでは、一般的な転職方法を3通りご紹介していきます。

自分はどれに当てはまるかを確認しながら参考にしてくださいね。

 

1 転職求人サイト

転職者が個人情報や経歴・スキルを登録後、掲載されている求人情報を探すことのできるサービスが転職求人サイトです。「転職活動をする」というと、真っ先に思い浮かぶ方法ですよね。

代表的な転職サイトには、「リクナビNEXT」などがあります。

とにかく自分で求人情報を探したい方や自分のペースで転職活動を進めたい方、転職が初めてではない方にとっては、最も効率的な転職方法です。

 

2 スカウトサービス

スカウトサービスとは、サービス上に登録された転職者に対して企業側がスカウトを送信しマッチングする転職方法になります。

代表的な転職スカウトサービスには、ビズリーチDODAがあります。また、通常の転職求人サイトの機能のひとつとして「スカウト」「オファー」の機能がある場合もあります。

転職サイトとは異なり、登録した方の経歴やスキルを元に「企業側から連絡が来る」ことが特徴です。今よりいい条件の企業へ転職したいと考えている方や、転職サイトを使うよりも確実な転職がしたいと考えている方におすすめの方法です。

 

3 転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴やスキル、求める条件をもとに求人情報を紹介してくれるサービスです。スカウトサービスとは異なり、企業と転職者の間に「エージェント」が仲介します。

転職エージェントには大手から業界特化型まで様々な種類があるため、「業界・業種が決まっている方」におすすめです。

また、初めから最後までサポートしてくれるため「転職が初めての方」が最初に活用すべきサービスです。

転職に対する不安が大きい方は、自分一人で転職活動を進めるのではなく「転職エージェント」を活用してみてはどうでしょうか。

転職エージェントについてもっと知りたい方は、下記を参考にしてください。

 

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントとは、いうなればあなたの「秘書」のような存在です。

転職エージェントサイトは多数ありますが、共通しているのは「担当者がつき、転職活動を一貫してサポートしてくれる」ということ。

ここでは、転職エージェントを使用することのメリット・デメリットをご紹介しています。転職を検討している方は、下記のメリット・デメリットをよく理解した上で活用していきましょう。

 

転職エージェントのメリット

自分に合った職場を探してくれる

転職エージェントの最大の特徴は、業界や転職事情に精通したエージェントが転職相談に乗ってくれること。つまり、あなたの特性や経歴を活かしたアドバイスを受けること、「どんなところに転職すべきか?」といった悩みを相談することができるということです。

その上で求人を紹介してくれるため、「自分に本当に合っているのだろうか?」という悩みを持つ必要がなくなりますし、万が一悩みを持ったとしても、その都度相談をすることができます。

転職が初めてな方や、転職に大きな不安を抱いている方にとって、一人で転職活動を行う必要がない転職エージェントはかなり心強い味方であるといえます。

 

転職活動に必要な準備をサポートしてくれる

相談やアドバイスだけではなく、内定を得るための面接の準備や面接に必要な選考書類の準備を行ってくれるのもエージェントの特徴です。また、在職しながらの転職活動で最も不安のある「スケジュール調整」も、最適な日程を企業側と相談した上で決めてくれるため、面接のスケジュール調整がとても楽になります。

転職活動は想像以上に「すべきこと」が多いため、「まず、何をすべきかわからない」という方にはぜひ転職エージェントをおすすめします。

 

転職エージェントのデメリット

自分で数多くの求人情報を見ることができない

転職活動を複数回行っている方や、既に細かな条件等まで決まっている方にとっては、「多くの求人情報を見たい」が転職活動の最大のポイントといえます。

転職エージェントは、最適な求人を提案してくれるという点では優れていますが、どうしても「自分でみたい」という場合の量や効率としては一般の転職サイトに劣ります。

しかし、その分ひとつひとつの求人情報を綿密に紹介してくれるため、求人内容に対する信頼性は高いといえます。

転職する業界や職種・業種などが明確になっていない場合、一人で転職サイトを使い多くの求人を見ることは、転職活動に多くの時間を割いてしまうことになりますので、注意が必要です。

 

担当するエージェントによって対応が変わる

転職エージェントは、転職者によって担当者が就くシステムなので、その分具体的なサポートを得ることができます。反面、担当するエージェントによって、対応やアドバイスの内容に幅があることに注意が必要です。

転職エージェントサービスは、複数活用する方がとても多いというデータがあります。

転職の際は複数のサービスを使うべき

転職エージェントは「4社」以上の活用で転職に成功する割合がぐんと上がります。担当者に不安がある場合でも、それを解決する方法はあるといえますね。

 

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
はかせ

転職エージェントに登録したあと、どのように転職活動が進むのかをおさえておこう!

 

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。

転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

 

転職サービス選びのコツは?

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

転職エージェントを選ぶコツ

  1. 求人数(多くの数がある分、選択肢が増える)
  2. サポート内容(エージェントサイトによってサポートしてくれる内容や方法が変わる)
  3. どの業界に強いか?(職種・業界に特化したエージェントがある)

この3つの観点から、自分にあった転職エージェントを複数活用していくことをおすすめします。

 

化学素材業界への転職する際に活用すべき転職サービスは?

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

 

化学素材メーカーへの転職におすすめの転職サービスTOP5

はかせ

下記「おすすめ記事」では、化学メーカーへの転職におすすめの転職サービスを紹介しておる!

おすすめ記事:【お得な情報】技術職(化学系)におすすめの転職サイトTOP5

おすすめ記事:【お得な情報見つかる】「営業職」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

 

まとめ|化学素材メーカー営業職を目指そう!

まとめ|化学素材メーカー営業職を目指そう!
ぼっち

なるほど〜。化学メーカーの営業はほかの業界と違った特徴がたくさんあるんだね!

はかせ

そうじゃ。転職先選びでいちばん重要なのは「自分に合った企業を探す」こと。

まずは自分が求めている条件や魅力に感じる企業を探すことが第一じゃな。

ぼっち

うん、じゃあまずは転職エージェントに登録してみるよ。

はかせより、頼りになりそうだね(笑)

はかせ

やかましい!!!

今回の記事では、化学メーカーの営業職への転職を検討している方向けに、営業職の仕事内容や激務度などの実情、そして転職方法までご紹介してきました。

今回見てきたように、「営業職」といっても化学メーカー独自の特徴があります。ご自身の求める働き方や、働きたい企業探しにぜひ今回の情報を役立ててみてください。

スポンサードリンク