ニッチの意味とは?語源と市場における意味、建築での使われ方

ニッチの意味とは?語源と市場における意味、建築での使われ方
スポンサードリンク

「ニッチ」とは、どのような意味・定義を持つ言葉なのでしょうか?

ニッチは主にビジネスシーンで使われる言葉ですが、生物学用語でもあります。また、語源は建築史にあるため、もともとの意味を知っておくことが大切です。

また、「ニッチ市場」「ニッチ戦略」などというように、経営企画・マーケティング分野とも密接な関わりがある用語であるため、ビジネスシーンで聞いて困ることのないように覚えておくと便利です。

そこで今回は、ニッチの意味や定義を解説しつつ、様々な分野からの意味とビジネスシーンにおける使い方を解説していきます。

この記事を読むことで、ニッチの意味が一通りわかるようになります。ぜひ参考にしてくださいね。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「ニッチ」とは?|意味と定義を知ろう

「ニッチ」とは?|意味と定義を知ろう

 

「ニッチ」の意味・定義

ニッチは、辞書を観ると様々な意味がありますが、最も一般的に使われているのは「隙間」の意味です。

ニッチ(niche)[名・形動]

1 西洋建築で、厚みのある壁をえぐって作ったくぼみ部分。彫像や花瓶などを置く。壁龕(へきがん)。
2 ある生物が生態系の中で占める位置。生態的地位。ニッチェ。
3 橋・トンネルなどのわきに設けられる非常用の退避空間。
4 《すきまの意》市場で、大企業が進出しない小規模な分野。また一般に、普通には気づきにくいところ。「ニッチ産業」「ニッチな趣味」

引用:ニッチとは – コトバンク

ニッチとは、直訳で「隙間(すきま)」のことを指します。主に、経済・マーケティング用語として「隙間市場」「ニッチ市場」という言葉で使われています。

また、ニッチは西洋建築用語「niche」で、壁をえぐって作られたくぼみ部分を指します。

西洋建築で、壁に花瓶が置かれているスペースをイメージできる方は多いでしょう。同じような意味で、トンネルや橋のわきに非常用に使える退避空間を指すこともあります。

加えて、生物が生態系で占める位置のことを指します。動物のある種族が行きていくための外部環境(食べ物、住処、その他環境の条件)自体のことを「ニッチ」と呼びます。

概念的なものであれ、物質的なものであれ、「隙間」であればニッチと呼ぶことができることが分かりますね。

また、小規模で誰も気づかない、マニアックであるという意味に転じて「ニッチな趣味」「ニッチなもの」という意味でも利用されます。

つまりニッチは下記3つの意味があることが分かります。

  1. 西洋建築・建造物の隙間
  2. ある生物が行きていくための環境の隙間
  3. 他社が気づいていない市場の隙間

 

ニッチの語源

ニッチはもともと西洋建築における壁龕(へきがん)と呼ばれるくぼみのことを表す用語として使われるようになった言葉です。もともとは、建築分野以外で使われることはありませんでした。

それが後年、生物学の生態的地位を表す言葉として使われるようになります。

また、生物学のうち人が作り出した経済分野にさらに応用されることで、マーケティング分野の「ニッチ市場」という言葉が生まれました。

ニッチという言葉以外にも、ひとつの分野で利用されていた言葉がほかの分野で活用される事例は多いです。

しかし、用法は歴史が長ければ長いほどもともとの意味とズレてくることがあるので、語源をチェックすることがとても大切になります。

 

建築業界におけるニッチの意味と定義

西洋建築では、彫像や花瓶などを壁に置く場所のことをニッチと呼ぶことはすでに解説した通りです。また、彫像や花瓶のほか、絵画を置く場合もあります。

 

生物学におけるニッチの意味と定義

生物学におけるニッチは、とある生物が生息するための役割を果たしている環境や地位を指します。生息場所や餌、気候などの環境はすべて当てはまります。

また、異なる種族の生物が同じニッチを占めることはできません。そのため、餌を食い分けたり、空間や時間を分けたりして分化していきます。これを「ニッチ分化」といいます。

ここまで知ると、マーケティング分野でなぜニッチという言葉が使われたのかが少しずつ分かってきます。

企業の活動は市場の中で適した商品・サービスを作り売ることが利益を上げる方法です。そのため、企業が生き残っていくためには、「適した環境=ニッチ」を見つけることが大切になります。

 

マーケティングにおけるニッチの意味と定義

経済・マーケティング分野では、企業が参入できる市場のうち、「潜在的な需要があり、誰も手を付けていない隙間のような市場」を「ニッチ市場」「ニッチマーケット」と呼びます。

建築分野の「壁のくぼみ」、生物学でいう「地位や役割」を知っておくと、マーケティング分野のニッチの意味も分かりやすいですよね。

企業が経済という生態系の中でどのように活動するべきかを決める基準としてニッチ市場と言う考え方が生まれるのは自然のことのように思えます。

 

企業がおこなう「ニッチ戦略」とは

すでに多数の企業が参加している市場には参入障壁ができるため、後から他の企業が市場に参入しても売上を上げることがかなり難しくなります。

一方、隙間のような市場で最初に商品・サービスを提供することができれば、先に見つけた企業が最初に売上を上げることができますよね。

こういったニッチ市場を見つけて施策を打っていくことを「ニッチ戦略」「ニッチマーケティング」と呼ぶことがあります。また、ニッチ市場で販売する商品・サービスを「ニッチ商品」「ニッチサービス」と呼ぶことがあります。

しかし、ニッチ市場と言っても規模の大小があるため、企業の戦略によって参入するかしないかを決める必要が出てきます。

「誰も気が付かず市場規模も大きいニッチ市場」は参入することができれば莫大な利益になりますが、商品・サービスを作るのが難しかったり、上手く参入できても大企業が後から参入してきたりする可能性があります。

一方、「誰も気づかないくらい市場規模が小さいニッチ市場」だと、大企業がわざわざ参入してくることがないので売上が取られてしまう危険性はありませんが、せっかく商品・サービスを作っても利益にあまり結びつかないという場合もあります。

このように、ニッチ市場を見つけたあとも、企業の規模や状況に合わせてニッチ市場に参入するかどうかを判断するのが難しい事実があります。

 

ビジネスシーンで使われるニッチの例文

ここでは、ビジネスシーンで用いられるニッチの例文や使い方を解説していきます。

「ニッチな○○」

「ニッチな商品を開発する」というときには、潜在的な需要があるニッチ市場に向けた商品を開発するということを指しています。

ニッチな商品、ニッチな戦略、ニッチなマーケティング…などなど、ニッチ市場に向けて商品開発を進めたりマーケティング施策を打っていくときに使う言葉になります。

 

「ニッチャー」

ニッチャーとは、ニッチ戦略を取って市場で優位性を取り、先行者利益(つまり先に参入した企業の利益が最も高い)を得ようする企業のことを指します。

ニッチャーのほか、ニッチプレーヤーと呼ぶこともあります。資本の少ないベンチャーやスタートアップ、中小企業はニッチ戦略に基づいて事業を考えていかなければなりません。

 

「グローバルニッチ」

経営戦略上のひとつの方向として使われるニッチには「グローバルニッチ」というものがあります。

たとえば、日本だけの市場ではほとんど利益が出ないものであっても、世界各国のニッチ市場にすぐ販売できる商品サービスであれば、大きな売上を上げることができます。

そのため、流通経路を最初から海外で作っていくなどの戦略を取ることになります。今ではグローバルニッチ戦略を取りやすい時代なので、今後はますますグローバルニッチ戦略が重要になってくるでしょう。

 

ニッチの類義語

ニッチには様々な類語がありますが、半分ほどはあまり良い意味で使われません。ただし、ビジネス上でニッチというと良い意味が大半なので、主にビジネスシーンだけで使うようにしましょう。

  • 一部の人しか興味を持たないような性質を持っている
  • ニッチな
  • マイナーな
  • マニアックな
  • 奇特な
  • 風変わりな
  • 変わった
  • 珍しい
  • アンダーカルチャーの
  • アングラな

特に、「マイナー」とニッチは言葉の意味が似ているので、下記で詳しく2つの語句の意味の違いについて解説していきます。

 

ニッチとマイナーの違いは?

マイナーの意味は「規模や重要度が小さいさま」「あまり知られていないさま」を指す言葉です。

マイナー【minor】 ( 形動 )

① 規模や重要度が小さいさま。
② あまり知られていないさま。有名ではないさま。 「 -な作家」
③ マイナー-リーグの略。

引用:マイナーとは – コトバンク

 ニッチであるということはつまり「マイナー」でもあるということです。その中でも、マーケティング用語としてのニッチは「あまり知られていないけど儲かりそう」という将来性を含めた意味合いがあります。

つまり、ニッチはマイナーでなければなりませんが、マイナーなものが必ずニッチなのかどうかはその都度判断していく必要があります。

たとえば、マイナーな趣味を持つ人が1人いるとしても、それが世界中に何百万人もいなければ市場としては成立しません。


ここまで、ニッチの意味や定義のほか、語源やビジネスシーンにおけるニッチの意味まで、様々な観点からニッチを解説してきました。

マーケティングや経営、企画などの分野では「ニッチ」が多用されるので、今後キャリア・働き方を変えるうえで、ニッチの意味を覚えておかなくてはいけない可能性がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|ニッチは営業よりも幅広い業務を担当する

まとめ|渉外は営業よりも幅広い業務を担当する

今回は、ニッチの意味や定義を解説しつつ、様々な分野からの意味とビジネスシーンにおける使い方を解説してきました。

ニッチには様々な意味がありますが、ビジネスシーンで使う場合には主に経済・マーケティングの意味であることを抑えておけば大丈夫です。

今後、企画・マーケティングへのキャリアチェンジを考えている方や転職を考えている方は特に、用語を抑えておくと仕事がスムーズに進むでしょう。

ぜひ、今回の内容を参考にしてくださいね。

スポンサードリンク