セオリー(theory:理論)の意味とは?使い方と類語・例文を解説!

セオリー(theory:理論)の意味とは?使い方と類語・例文を解説!
スポンサードリンク

「セオリー(theory)」とは、「理論」「学説」という意味を持つ言葉です。しかし、ビジネスシーンを中心として、日々様々な場所・シチュエーションで活用される言葉でもあります。

そのため、本来の意味からズレたかたちで利用されていたり、企業や職場ごとに違ったニュアンスで使われたりすることもある言葉なので、注意が必要です。

日々のコミュニケーションでは、自分が使う言葉や他人から言われた言葉を正確に理解したうえで、前後の状況や出来事にふさわしい意味へと解釈していく必要があります。

そこで今回は、「セオリー」の本来の意味や定義を解説しながら、ビジネスシーンで使われるセオリーの意味についても詳しくご説明します。

今回の記事を読むことで、「セオリー」という言葉の全体像をつかむことができます。ビジネス・仕事で活用できる知識としてぜひおさえてくださいね。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「セオリー」とは?|意味と定義を知ろう

「セオリー」とは?|意味と定義を知ろう

 

「セオリー」の意味・定義

「セオリー(theory)」とは、「理論」「学説」という意味を持つ英単語です。カタカナ語としてビジネスシーンで用いられることが多い言葉のひとつです。

セオリー [1] 【theory】

①理論。学説。仮説。
②持論。私見。

引用:セオリーとは – Weblio辞書

日常会話やビジネスでは、経験則や持論、自分の意見というニュアンスで利用されることが多い言葉ですが、元々は「理論」「学説」といった、科学的な思考に基づく学問的な内容のものを指します。

しかし、個人的な持論であれ、科学的に証明されている理論であれ、それが「確立された方法」であればセオリーと呼ぶことができるのが一般的です。

そのため、日常的に使う「セオリー」は「モットー(標語)」のような意味を持つ場合があります。また、確立されている方法という意味では「定石(定跡)」という言葉にも近いです。

「セオリーどおりにことが進んだ」「セオリーに則って行動する」など、原則や最も効果的であるやり方というニュアンスで使用されることもあります。

セオリーという言葉を使うときには、個人の持論なのか、それとも客観的に判断することのできるものなのかを明確に区別しないと、トラブルの原因になるので注意が必要です。

 

セオリーの語源

セオリーの語源は、ギリシャ語の「theoría(テオーリア)」にあります。

テオーリア [2] 【ギリシャ theōria】

〘哲〙 〔見ること,の意〕 アリストテレスの用語で,実践(プラクシス)や制作(ポイエーシス)と区別され,真理そのものの認識や直観をいう。観想。観照。

引用:Theoriaとは – Weblio辞書

もともとは、真理を探求する古代ギリシャの哲学者のアリストテレスが、「真理そのものを観る」ことを表す言葉として定着させたものです。

それが転じて、「理論」になり、それがさらに個人レベルに分解されて「持論」という意味を持つに至ったようです。

theoryとは

(実際に対して)理論、学理、理屈、空論、仮説、学説、説、論、意見、持論

引用:theory – wlebli辞書

現在は、theoryというと様々な意味合いがあります。ときには「空論」…つまり、実際に実践には落とし込んでいないが論理的な考えからできたものを指す場合があります。

ビジネスや仕事に置き換えると、「セオリーどおりにはいかない」ということがほとんどです。そのため、現場では臨機応変な対応が求められますよね。

たとえば、接客業は、お客様に対応するマニュアルどおりにことが進むことはほとんどなく、クレームや要望に対処することが業務の大半なはずです。

ただ、マニュアルが無くてもよいかと言われればそういうわけではなく、ある程度マニュアルのようなセオリーがあってこそ、臨機応変な対応を取ることが可能だとも考えられます。

 

セオリーの使い方・例文

セオリーにはこれといって決まりきった例文や使われ方があるわけではありませんが、下記のようなかたちで使うのが一般的です。

  • 仕事も恋愛もセオリーどおりにはいかないようだ。
  • この状況で継続することがセオリーだ。
  • まずはセオリー通りにことを進め、その後にアドリブを加えるべきだ。
  • セオリーを作っていくことで現場をまとめ上げることができる。

決まりきった方法、仕組み化したもの、システムとして整えたものを「セオリー」と言い換えても良いかもしれません。

たとえば、上司から任された仕事に何らかのトラブルが発生した場合には、特に指示がなくても上司に報告しますよね。それが、上司と部下のコミュニケーションのセオリーだということです。

暗黙裡に共有されている暗黙の了解的なセオリーもあるので、新しい部署に異動したり、転職をしたりしたときには、現場のセオリーをつかむことも大切になってくるでしょう。

 

セオリーの類語

セオリーにはいくつか類語があります。

先ほども軽く触れましたが、様々なものがあるので一緒に抑えておくとさらにセオリーの意味合いがしっかりつかめるようになるでしょう。

 

1 定石(定跡):じょうせき

定石とは、囲碁のルールで最も有利になる打ち方のことを指します。定石通りというのは、すでに数多くの先達が囲碁のルールの中で編み出してきた方法を実践するということ。

また、囲碁だけではなく将棋でも「じょうせき」は使われますが、この場合の漢字は「定跡」になります。どちらも、「すでに実践され確立された有利な打ち方」という意味です。

囲碁・将棋に限らず、限定されたルールのゲームやスポーツでは、一定の基礎基本を知ってからが本当の実力勝負です。

勉強も、スポーツもゲームも、上達をするためにはセオリーを学ばなければ楽しめないといえるのではないでしょうか。もちろん、仕事も一緒ですね。

 

2 マニュアル

マニュアルとは、「説明書」「ルールブック」のような意味を持つ言葉です。

家電を購入したときについてくる取扱説明書は家電を取り扱うセオリーが書いてあります。また、接客業ではお客様対応マニュアルやクレーム対応マニュアルがほとんどの場合準備されています。

マニュアルもセオリーも、どちらもすでに確立された手法のことを表しますが、マニュアルは初心者向け、セオリーは上級者が活用するもの、というニュアンスがあります。

たとえば、「マニュアル通りに対応する人」というと、無味乾燥で気持ちがこもっていない対応をする人のことを指します。

一方「セオリーに則って行動する人」というと、ストイックで仕事をしっかりこなす人、というイメージを持つことができます。

 

3 理論

理論とは、科学研究で事実だけを集めたうえでものごとを説明するための論理体系のことです。

人の個人的な感情を挟まず、出来事や論理的思考、事実を組み合わせて作られるものです。

①科学研究において,個々の現象や事実を統一的に説明し,予測する力をもつ体系的知識。狭義には,明確に定義された概念を用いて定式化された法則や仮説を組み合わせることによって形作られた演繹的体系を指す。

引用:理論とは - Weblio辞書

理論は、持論とは異なり人の感情や思いを挟まないようにして作られるものなので、ほんとうの意味で「セオリー」だといえます。

持論や個人的な意見ではなく、真理を追求するために考えられたものが理論であるともいえます。

ただし、一般的にセオリーという場合には、個人的な意見が含まれていることも多くあるため、うのみにするのは危険なことも多いです。

 

4 持論

持論とは、個人が持ち続けている意見や自説、主張のことを指します。

理論と比べて、事実関係や審議に疑問が残ることが多いため、持論をセオリーとして信じすぎてしまうのは危険です。

あることに関して前から主張し続けている,その人独自の意見。持説。

引用:持論とは – Weblio辞書

特にビジネスにおいては、一見「セオリー」と呼ばれているものも、個人の経験だけに基づく経験則だけであったり、特殊な条件下でのみ通用するものであったりと言う場合が少なくありません。

そのため、ビジネスや仕事で「セオリー」と言われた場合には、本当にそれが事実に基づいているものなのかどうかをチェックすることが大切になります。

 

ビジネスシーンにおけるセオリーの意味・使い方の注意点とは?

ビジネスシーンにおけるセオリーの意味・使い方の注意点とは?

 

この記事を読んでいる方のほとんどは、ビジネスシーンにおけるセオリーの意味や使い方について知りたい方がほとんどではないでしょうか。

セオリーは便利な概念ですが、仕事で使用する場合や耳にした場合には注意が必要です。便利な言葉はほとんどの場合、あまり明確な意味を持たないまま使われることが多いからです。

ここでは、ビジネスシーンで使われるセオリーの意味や使い方の注意点をご紹介していきます。

 

1 セオリーには2種類ある

セオリーには、「理論」「持論」のどちらの意味も含まれています。

ですので、セオリーにも「事実や客観的なものごとに裏付けされたセオリー」と「個人や一定数の人々の思い込みや偏見でできたセオリー」の2週類がある点に注意が必要です。

たとえば、理論ではなく経験則やこれまでの慣習で何となく残っているものがセオリーになっている場合があります。

慣習や経験則で何となく残っている仕事は、ほとんどの場合非効率を生む原因になっているので、自分から改善していくことが大切になります。

また、セオリーを定期的に見直したり、改善点を見つけていくことができない職場や、自分から改善しようとしても上司から止められるなどの職場環境の方は、転職も検討するべきでしょう。

 

2 セオリーは業界・企業・部署によって異なる

ビジネスでは、セオリーがかなり重視されます。たとえば、「前例や以前のデータではこういう結果になったから、今回も定石どおりそうする」といったことは毎日起きます。

そうでないと、毎日同じように発生する仕事をイチから考え始めなければなりません。それは非効率なので、ある程度確立された方法を使って仕事をしていくのは重要なことなのです。

しかし一方で、業界や企業、企業内の部署間で、当たり前とされているセオリーが違うことがあります。

たとえば、上司への報告の順序や仕事の進め方などは、それぞれにセオリーと呼べる特徴がある可能性が高いです。

そのため、異動や転職など環境が変わったときに、「セオリー通りにやればいいんだ」と思いこんでいるのはNGです。

セオリーは思い込みが含まれている可能性もあるので、新しい環境で仕事をするときには、毎回セオリーを見つけていくことが大切になります。

 

3 ビジネスセオリーは実践が大切

自己啓発本や管理職向けビジネス書などを読む方は、セオリーと名の付いた本を手に取った方もいるかもしれません。世の中には様々な経営者や好業績を挙げたビジネスパーソンの書籍が存在します。

持論が含まれている可能性はもちろんありますが、多くの経験や仕事のスキルをもとに執筆されているビジネス書であれば、ビジネスセオリーとして学ぶ価値は大きいです。

しかし、ビジネス書はどうしても「読んで満足」してしまいがち。本当は読んだ後に本の内容を実践することが大事なのにも関わらず…です。

ビジネスセオリーは学んだだけでは意味がなく、実践が大切です。本の内容の一章分だけでも実践できれば、視野が広がることだって多いです。

しかし、100冊読んでひとつも実践しなければ意味がありません。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|セオリーは営業よりも幅広い業務を担当する

まとめ|渉外は営業よりも幅広い業務を担当する

今回は、「セオリー」の本来の意味や定義を解説しながら、ビジネスシーンで使われるセオリーの意味についても詳しくご説明してきました。

セオリーに限らず、ビジネスシーンでは本来の意味とは少し異なるかたちで使われる言葉や、定義があいまいなまま広く浸透している言葉がたくさんあります。

ただ、正確に仕事をこなしていくためには、指示内容や求められている仕事は何なのかを言葉の意味から正しく汲み取ることが大切になります。

今回の記事をぜひ、あなたの日々の仕事にも活かしてみてくださいね。

スポンサードリンク