会計士・監査法人のアルバイト・パート・派遣求人を探す方法まとめ

会計士・監査法人のアルバイト・パート・派遣求人を探す方法まとめ
スポンサードリンク

会計士・監査法人のアルバイト・パートを探している方は、「家庭の事情でパートで働きたい」など、様々な理由をお持ちではないでしょうか。できる限り早く、転職に成功したいですよね。

しかし、アルバイト・パートと言えど、しっかりと探せる方法を踏まえる必要があります。不安をできる限りなくした上で、満足の行く職場への転職を進めることが重要です。

そこで今回は、アルバイト・パートの会計士・監査法人求人を探す方法や、アルバイト・パート以外で働く選択肢を踏まえた転職方法をご紹介しています。

自分に合った働き方ができるよう、今回の記事をぜひ参考にしてください。

ぼっち

はかせ、ボク、バイトで会計士の仕事を探しているんだけど…どうやって探すべきかな?

はかせ

会計士・監査法人のアルバイト・パート求人は、探せばしっかり見つけることができるぞ!

…でも、アルバイト・パートに本当に絞る必要があるかどうか、もう一度考えることが大切じゃな!

公認会計士は非常勤でも求人を探すことができる

 公認会計士は非常勤でも求人を探すことができる
ぼっち

そもそも、会計士のバイトってどんなときにすべきなんだろうね。

はかせ

働くべきタイミングは人それぞれじゃが、試験合格者か、会計士登録済みなのかで募集要項が異なる場合もあるから注意が必要じゃ!

あなたが会計士・監査法人のバイトを探す理由は、下記のどれかに当てはまるでしょうか?

  1. 独立し集客が軌道に乗るまでの間、仕事がほしい
  2. 在学中に会計士の資格を取得したので実務経験を積みたい
  3. 会計士として仕事をしてきたが、結婚や子育て、介護で非常勤で働きたい

このようなケースに当てはまる場合には、会計士のバイト・パートを探すべきでしょう。

ただし、「試験合格者」なのか「公認会計士登録済み」なのかで状況が異なる点に注意しましょう。募集要項によっては、条件がついている場合があります。

会計士資格を活かしたパートは会計事務所か監査法人

会計士資格を活かしたパートは会計事務所か監査法人
はかせ

会計士としてアルバイト・パートをする場合には、会計事務所や監査法人でのバイトがおすすめじゃ!

会計士の資格を活かした働き方には、下記のような種類があります。

  1. 会計事務所のバイト
  2. 監査法人のバイト
  3. その他、予備校講師などのバイト

中でも、会計事務所や監査法人では、正社員として働くことと同様の仕事内容・繁忙期ですが、福利厚生はないものの、高給が見込めます。

学生の方の場合は、予備校の講師、採点バイトなど、試験合格者としてのスキルを活かしてアルバイトに応募することができるでしょう。

会計事務所や監査法人でのバイト・パートは、下記のような求人情報サイトで検索することができます。ぜひ登録しておきましょう。

ただし、アルバイト・パート以外で働く選択肢も同時に検討することが大切です。特に、一度会計士を辞めた方が再就職する場合や、「派遣」という形態で仕事をすることなど、広く働き方の選択肢を取っておくことも必要でしょう。

下記では、アルバイト・パートだけではなく、派遣の仕事を探したい方向けの転職サービスをご紹介しています。

派遣で長く働ける職場を探すなら「転職エージェント」がおすすめ

派遣で長く働ける職場を探すなら「転職エージェント」がおすすめ
はかせ

派遣の仕事を探すなら、通常の転職サイトではなく、会計士の転職に特化したエージェントを活用することがおすすめじゃ!

派遣・アルバイト・パートだけではなく、派遣を含めて会計士の仕事を探したい方は、上記でご紹介してきた一般の転職サイトだけではなく、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントは下記の理由からおすすめできます。転職が不安な方こそ、下記のメリットをしっかりおさえておきましょう。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成)
  • 時間がかかる転職活動でもサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

特に、転職先の内部情報を教えてくれたり、自分の求める条件(休日のとりやすさ・給与など)に合った求人を紹介してくれる点は、「待遇の良い職場」を見つけるためにイチバン大切なことですよね。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。また、正社員への転職はエージェント活用がほとんどの場合必須です。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきます。転職エージェントは馴染みのない方が多いと思いますので、登録後の流れをつかんだ上で登録してしょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

経理職の転職で活用すべき転職サービス

公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら『ジャスネットキャリア』

https://career.jusnet.co.jp/

『ジャスネットキャリア』の特徴

ジャスネットキャリアは、公認会計士・税理士などの有資格者をはじめとした、会計、税務、経理・財務分野の 転職支援・求人情報サイトです。

エージェントが一人ひとりからのヒアリングに基づき、キャリアステージに合った最適なキャリアプランを提案。

どんな人にオススメ?

  • 好条件の求人を探したい方。
  • 転職活動をしているが、時間があまりなく本格的に活動できていない方。
  • 多数の掲載求人から自分の志望している条件を探したい方。

転職実績No.1『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「公認会計士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|公認会計士の転職を成功させよう

まとめ|公認会計士の転職を成功させよう
はかせ

転職エージェントを使えば、自分に合った派遣の求人を見つけることができるじゃろう!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職サイト」と「転職エージェント」に登録してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、アルバイト・パートの会計士求人を探す方法や、アルバイト・パート以外で働く選択肢を踏まえた転職方法をご紹介してきました。

場合によっては、アルバイト・パートの求人だけではなく、派遣の仕事を含めた働き方を検討することも必要です。

今回の記事を参考にして頂き、ぜひ自分に合った転職先を見つけてくださいね。

スポンサードリンク