小児ST(言語聴覚士)への転職!少ない求人を見つける方法を解説

小児ST(言語聴覚士)への転職!少ない求人を見つける方法を解説
スポンサードリンク

小児科のリハビリ科などで活躍する言語聴覚士がいます。あなたも、小児STの現場で働きたいと考えている言語聴覚士の一人ではないでしょうか。

実際に小児STの転職情報・求人情報を調べてみると、応募できる数自体が少ないことが分かります。そのため、「小児STとして働きたいけど、諦める」という選択肢を取ろうとしている方も多いでしょう。

しかし、求人が出されるタイミングを完璧に予測することはできませんが、希望する条件の求人を効果的に見つける方法はあります。

今回は、小児STとして働きたい言語聴覚士の方向けに、具体的な求人の探し方や転職方法について解説しています。

今回の記事を参考にすることで、あなたの求める仕事内容の求人を一番効率的な方法で探すことができます。ぜひ参考にしてください。

ぼっち

はかせ、ボク言語聴覚士として「小児リハビリ」の仕事がしたいんだ。

転職先を見つけるための方法を教えてほしいな。

はかせ

わかった!

まずは小児STの仕事内容や、転職方法を知っておこう。

入念に準備すれば、自分の求める仕事がきっと見つかる。諦めずに転職活動を進めていこう!

小児ST(言語聴覚士)の仕事内容

小児ST(言語聴覚士)の仕事内容

 

ぼっち

小児STの仕事って、具体的にどんな仕事なのかな?

はかせ

仕事内容を見ると、一般的な言語聴覚士と業務内容はほぼ同じじゃ。

しかし、実際に働いている体験談を聴くと、「やりがいを持ってやっている」方が多い印象じゃ。

小児科STとして仕事をする場合、転職先は「小児リハビリ科」が設置されているリハビリテーション専門の病院になります。

また、仕事で連携する人の中には、言語聴覚士のみならず理学療法士や作業療法士も含まれるでしょう。

小児科STとして働いている体験談を紹介している情報サイト「キャリアガーデン」では、「小児リハビリを目指した理由 (体験談)」と題した体験談が寄せられています。

むずがったり、一つのことにこだわったり、下をむいてしまったり、大きな声を出したり、いろいろなお子さんがいて大変なこともたくさんあります。

それでも、リハビリに通っているお子さんたちが、これまでできなかったことができるようになったり、言葉が増えたりすると自分も元気をもらった気がするものです。

出典:「小児リハビリを目指した理由 (体験談)」- キャリアガーデン

言語聴覚士として働くことのうち、特に小児科に特化して働くという選択肢があります。発達過程における子どもたちをサポートできる小児科STの仕事に魅力を感じる方も多いでしょう。

下記では、小児科STとして働きたい方が、具体的にどのような方法で求人を見つけるべきかについて解説しています。

小児STの求人を見つける方法

小児STの求人を見つける方法

 

ぼっち

でも実際、求人を探すのは難しいよね。。。

はかせ

確かに、そのとおりじゃ。

転職の時期や、需要によって求人が出される状況は変化する。

だからこそ、転職市場の変化に耐えられるように転職活動を続けていくことが大切じゃな。

「小児科ST」の求人をすでに探している方はすでにご存じかもしれませんが、転職サイトで該当する求人を探しても、なかなか求人が見つからないのが現状です。

そのため、小児科STとして転職したいと考えている方は、1年〜半年ほどの期間を取って、長めに転職活動を続ける必要があるでしょう。

また、ひとつの転職サイトに登録しただけでは転職先が見つからない可能性が高いため、複数の転職サービスを活用した転職活動をおすすめします。

小児科STのみならず、ほかの様々な言語聴覚士の求人を探したい方は、下記おすすめ記事より、言語聴覚士におすすめの転職サービスを参考にしてください。

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「言語聴覚士」におすすめの転職サイトTOP5

小児STの求人を探す方向けに、下記では具体的な転職方法をご紹介しています。

小児ST(言語聴覚士)は「転職サービスの複数活用」をすべき

小児ST(言語聴覚士)は「転職サービスの複数活用」をすべき
ぼっち

小児STの現場で働くためには、どういう方法で転職活動をするべきなのかな。

はかせ

まずは、複数の転職エージェントを活用することが大切じゃ!

転職当初から、相談にのってくれるエージェントに希望条件を伝えておけば、親身になって転職をサポートしてくれるはずじゃ。

小児STへの転職を検討する場合には、先ほども述べたように長めに転職活動期間を確保する必要があります。そしてその場合、複数の転職サービスを活用することが最も効率的です。

具体的には、「総合型転職エージェント」+「言語聴覚士の転職に特化した転職エージェント」に登録することになります。

総合型転職エージェントとは、業界に特化せずすべての業界の転職求人を扱っている大手転職エージェントのことを指します。

転職エージェントを使うメリットは、下記のとおりです。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成)
  • 時間がかかる転職活動でもサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

転職エージェントは、通常の転職サイトとは異なり、登録した転職者の希望や条件を聞いた上で、転職者の条件に合った求人を紹介してくれます。

転職エージェントは、併用することで自分の求める求人が見つかる可能性が高くなります。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきましょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

言語聴覚士の転職で活用すべき転職サービス

ここでは、最初に「総合型転職エージェント」、2番めに「特化型転職エージェント」を紹介しています。同時に登録して、求人を見つけられる体制を整えましょう。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

介護・福祉・看護の転職・求人サイト『ツクイスタッフ』

https://www.tsukui-staff.net/landing/af/national/161124d/t00c00l00e00.html

『ツクイスタッフ』の特徴

全国33支店で運営しているため、地域に密着した求人情報が豊富で求職者のニーズを幅広くカバーすることができます。

介護資格を持ったキャリアアドバイザーが多数在籍し、専門知識をもって求職者をしっかりフォローしています。

どんな人にオススメ?

  • すでに働いているが転職を考えている方。
  • ブランクがあり、仕事復帰を考えている方。
  • 多数の掲載求人から自分の志望している条件を探したい方。
ぼっち

ほかの転職サービスはどこで見れるの?

はかせ

言語聴覚士におすすめの転職サービスは、下記でも紹介しているぞ!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「言語聴覚士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|言語聴覚士の転職を成功させよう

まとめ|言語聴覚士の転職を成功させよう
はかせ

なかなか見つかりにくい求人だとしても、諦めずに探すことが大切じゃ!

もちろん、仕事の都合や年収アップ・キャリアアップのための転職に方向性も替えても良い。

いちばん大切なことは、しっかりと目的を持って転職活動を続けることじゃな!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職エージェントに登録」してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、小児STとして働きたい言語聴覚士の方向けに、具体的な求人の探し方や転職方法について解説してきました。

言語聴覚士として、新たなキャリアを目指すには時間がかかる場合があります。しかし、自分がやりたいと感じる仕事を目指すためには、何よりも妥協しない転職先選びが重要です。

今回の記事を参考に、ぜひ転職活動を成功させてください。

 

スポンサードリンク