乖離の意味とは?使い方と例文、解離とのニュアンスの違いを解説

乖離の意味とは?使い方と例文、解離とのニュアンスの違いを解説
スポンサードリンク

「乖離」とはどのような意味・定義を持つ言葉なのでしょうか?

乖離は日常生活ではあまり頻繁に使われない言葉ではありますが、ビジネス文書や形式が硬い文書ではよく用いられる言葉です。また使う機会がない一方で、意味は多少複雑です。

似ている語句なども多くあるため、一つ一つの意味を正確に知っておかないと誤用する可能性があります。

そこで今回は、「乖離」の本来の意味や定義を解説した後に、乖離の例文や使われ方、そして類語との違いなど、解離のニュアンスを理解するための情報を解説しています。

いつ使うか分からない極かもしれませんが、覚えておいて損はありません。少しでも「意味があやふやだな…」と感じる方は、ぜひ参考にしてください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

「乖離」とは?|意味と定義を解説!

「渉外」とは?|意味や仕事内容・役割を解説

 

「乖離」という言葉はどのような意味・定義を持つ言葉なのでしょうか?

ここでは、乖離の基本的な意味と定義を解説しつつ、語源や由来、関連する語句とのニュアンスの違いまで、様々な観点から乖離の意味を解説していきます。

 

「乖離」の意味・定義

「乖離(かいり)」とは、物事の結びつきが離れることを表す言葉です。物事とは人間関係や人の心といった抽象的な概念のこと全般を表します。

[名](スル)そむきはなれること。結びつきがはなれること。「人心から乖離した政治」

引用:乖離 – goo辞書

政治への関心が薄れて行きていることを「政治からの乖離」と表現したり、人間関係が希薄になることを「人間関係の乖離」と表現したり…何かと何かの結びつきが離れてしまうことを表現します。

また、意思や目的が相反する関係性になってしまったときや、本来は運命共同体のような関係だった2つの存在が離れてしまうことを指す場合もあり、使い方は多彩です。

人・モノに限らず、結びつきが強いものが何らかの理由で離れてしまうことを「乖離」と呼ぶことができます。

ただ、乖離には「乖く(そむく)」という言葉が使われているため、人の感情や考えが宿っているものに関して使うのが一般的です。

物理的なものは、人間関係だと「離別」、物理現象だと「剥離」「分離」とそれぞれ当てはまる表現があるため、使い分けが重要になるでしょう。

また、「解離」といった似たような言葉と間違われて使われることもあるため、実際にビジネスシーンや日常生活でこの言葉を使うときには、意味の違いに注意する必要があります。

 

乖離の語源・由来

「乖離」という言葉は簡単なようで少し複雑な言葉です。そのため、漢字の言葉ではありますが、語源・由来について見ていきましょう。

乖離は「乖く(そむく)」「離れる(はなれる)」という言葉どおり、2つの関係がお互いに背き離れる状態のことを表す言葉です。

「そむく」には下記6つの意味があります。

① 人の意志にしたがわない。命令や意向に反する。
② 裏切る。反逆する。
③ (世間・人などから)はなれる。すてる。
④ 決まりなどに違反する。反する。
⑤ 予想される結果と反対になる。
⑥ うしろを向く。背中を向ける。

引用:背く・叛くとは – コトバンク

そむくという言葉は、人の命令や意向に反した行動を取ることを指すだけではなく、「裏切る」「離れる」といった意味も含まれています。

「音を仇で返す」「信頼を裏切る」「違反する」など、ポジティブな意味合いが含まれていない言葉が連想されます。

また、もともとは従っていたものや守っていた決まりに背を向ける意味があります。

 

乖離の例文・使い方

乖離という言葉は、強く結ばれていた2つの物事が離れることを表す言葉。ですが、物事といっても様々なものが当てはまるため、ピンと来る人は少ないかもしれません。

「〇〇が乖離する」というときの〇〇に当てはまるものは、下記のようなものです。

  • 心の距離
  • 考え・意見
  • 議論
  • 人間関係

要するに、物理的なものの離反ではなく、抽象的な概念に関して用いることが多い言葉です。それを踏まえたうえで、いくつかの例文を見ていきましょう。

  • 会社の経営層と現場の社員の考えや方針が乖離してしまう
  • 政治的関心が薄れ、民心が乖離する
  • 募集要項のイメージと実際の職場の雰囲気が乖離している
  • 理想と現実が乖離している
  • 最近、彼/彼女とマンネリ化していて、気持ちが乖離しているように感じる
  • 物価と賃金が乖離していて、景気が良くなっている感覚はない

また、乖離という言葉は金融業界・株式市場で「乖離率」という言葉で用いられています。乖離率とは、株価移動平均線と現在の株価の差を表す指標のことです。

株価移動平均性は、一定期間の株価の平均値を線で結んだ指標のことで、その差を観るとどれだけ現在の株価が変動しているかをチェックすることができます。

どの場合でも、乖離という言葉は人の心や感情、その他の抽象的な物事に対して使われることが多いです。それ以外のこと(物理的に離れること)を表す場合は、その他の類語を用いて表現します。

 

乖離と類語との違い

乖離には様々な類語があります。抽象的に2つの物事が離れ離れになることを表すには乖離が最も適している言葉ですが、それ以外のもっと具体的な表現では、ほかの類語を使ったほうが分かりやすい場合があります。

ここでは、特に乖離とニュアンスを間違えやすい言葉との意味の違いを解説していきます。

解離と乖離の違い

「解離(かいり)」は、読み方が乖離と同じですが、意味合いは少し異なります。乖離は、もともと強い結びつきがあった2つの物事が離れることを表します。

一方、「解離」は、もともと同じもの(1つのもの)だったものが分かれることを指します。

たとえば、会社を経営している創業者メンバーのうち1人が、社長の意見や方針に納得いかず辞めることは「乖離」と呼ぶことができます。

しかし一方で、会社の創業者2人がそれぞれの事業を2つにわけて経営し始めたという場合には、会社というもともと1つのものを分けた、という意味で「解離」になるでしょう。

今の例を読んでお分かりいただけたかと思いますが、この「解離」と「乖離」の使い分けは頭で考えると少し複雑に感じます。

そのため、ニュアンスで「これは乖離だな」と事例を分析してみるのも面白いかもしれませんね。

 

差異と乖離の違い

「差異」と解離も間違えやすいので注意が必要です。「差異」とは、「他のものと比較したときの違い」のことを指します。

そのため、「差異がある」という場合には、もともと違うものを比較したり、その差を表したりするというニュアンスがあります。

たとえば、「人の命よりもお金が大事」と考えている人は、そうでない人と考え方に差異がある、と表現できます。

一方、もともとは「人の命のほうがお金よりも大事だ」と考えていた人が、とある出来事を境に逆の考え方になった場合には「もともとの考え方と乖離している」と表現できるでしょう。

もともと一緒だったものが離れたことを解離、元々別のものを比較したときのことを差異とおぼえておけば間違いありません。

 

剥離と解離の違い

剥離とは、物理的にものが剥がれて取れることを表す言葉です。そのため、人の心などが離れることを剥離とは言わない点に注意が必要です。

「剥離」という言葉もまた、「乖離」と似た音の響きや漢字が使われており、意味や使い方を混同してしまう方も少なくないと言われています。

塗装が剥がれる、カバーが剥がれる、シールが剥がれる…などと言う表現にのみ使います。

 

その他の解離の類語一覧

  • 離隔:物事が離れ隔たること
  • 離別:人と別れて会えなくなること
  • 分離:ものが分かれて離れること
  • 隔絶:隔たり、かけ離れること
  • 決別:(人間関係などで)きっぱりと別れること

シチュエーションによって上手に使い分けるためうえでは、解離、差異、乖離、離別、分離といった言葉を覚えておけば十分でしょう。

ただ、言葉選びを間違えるとまったく違う表現になってしまうため、注意が必要です。


ここまで、「乖離」の本来の意味・定義を確認しながら、乖離の語源、例文、類語を参考に「乖離」の使い方やニュアンスを学んできました。

形式張った資料を書くときや、ビジネス文書を作成するときなど、乖離を使う場合があるかもしれません。市場や顧客のニーズに関して何らかの資料をまとめるときなどが該当するのではないでしょうか?

いつ使うか分からなくても、意味を知っておくだけで役立つ時があるかもしれません。そのときのために、ぜひ意味を抑えておきましょう。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|乖離の意味を正しく理解しよう

まとめ|乖離の意味を正しく理解しよう

今回は、「乖離」の本来の意味や定義を解説した後に、乖離の例文や使われ方、そして類語との違いなど、解離のニュアンスを理解するための情報をご紹介してきました。

乖離はあまり多用されませんが、日常で使わない言葉ほど実際に使うときに困るものもありませんよね。あまり使わない言葉ほど学ばなければならないというのはちょっと皮肉ですよね。

しかし、覚えておいて損することではありませんし、ビジネス文書等を参考にする場合には乖離という言葉を覚えておくことにメリットがある場合も多いでしょう。

そのときのことを想定しつつ、ぜひ今回の記事を参考にしていただき、役立ててみてくださいね。

スポンサードリンク