アテンドの意味とは?ビジネスシーンで使われる用語の正しい使い方

アテンドの意味とは?ビジネスシーンで使われる用語の正しい使い方
スポンサードリンク

「アテンド」には、どのような意味・定義があるのでしょうか?

アテンドは一言でいうと「世話をする」「同伴する」といった意味合いがありますが、ビジネスシーンでの用法によって、細かなニュアンスには大きな違いがあります。

取引先との接待が多い職場で働いている場合には、上司から接待の準備などを指示される場合もあります。そういうときにアテンドという言葉が用いられます。

しかし、ニュアンスがわかりにくかったり、意味がしっかりつかめないのがカタカナ語の弱点です。自分が使わない場合でも、意味をしっかりおさえておくことが大切です。

そこで今回は、アテンドの意味や定義のほか、具体的な用法・使い方について解説していきます。少しでもアテンドの意味に不安が残っている方はぜひ参考にしてください。

「転職活動を始めたい」と少しでも考えている方は、ぜひ下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

「アテンド」の意味・役割とは?

「アテンド」の意味・役割とは?

 

「アテンド」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

ここでは、アテンドの本来の意味から解説していき、ビジネスシーンで活用されるアテンドの意味までご紹介していきます。

 

「アテンド」の本来の意味・定義

アテンドの本来の意味と定義は、「(人に)付き添って世話すること」「接待すること」を表します。

[名](スル)付き添って世話すること。接待すること。

引用:アテンド – コトバンク

人に付き添って世話をすることは「介添え」ともいいます。

この言葉の英単語が「アテンド(attend)」というわけです。

介添えをおこなう人物のことを「介添人」と言います。結婚式で新婦に付き添う人のことを指すほか、旅行のバスガイドさん、観光地の案内係なども介添人です。

また、介護におけるお世話係や障がいを持つ人のサポートをする役目を果たす人のことを介添え人と言います。

どのようなシチュエーションであっても、人のそばに付き添ってサポートする役割を果たすことが「アテンド(attend)」になります。

それが転じて、ビジネスシーンでは得意先への「接待」やサポートする役割をするときの「アテンドする」という意味になりました。誰かがメインで出席する場に自分もサポート役として一緒に行く、のような意味合いを持ちます。

ビジネスシーンでは、上司のサポートを中心に仕事をおこなう若手社会人も多いです。「お供します」と同じような意味だと覚えておけばOKです。

 

アテンドの語源とは

アテンドの語源は、先ほども少し解説した通り、英単語の「attend」に語源があります。「attend」の本来の意味は、下記のようなものです。

  • 出席する
  • 参列する
  • 随行する
  • 付き添う
  • 看護する
  • 伴う
  • 通う

このように、attendには様々な意味がありますが、そのうち日本語のアテンドの意味として活用されているのは「付き添う」「看護する」「出席する」の意味でしょう。

たとえば、「キャビン(フライト)アテンダント」のアテンダントは「attendant」で「世話をする人」を意味します。

ただし「アテンションプリーズ」のアテンションは「attention」は「注意」を表しますので、意味が異なります。

 

ゴルフで使われるアテンドの意味

ゴルフ用語のひとつとしてアテンドがあります。これは、「世話をする」の意味合いが含まれている使い方です。

ゴルフでは、ロングパットや地形によってホールが見えないときに、ホールのフラッグをキャディーに持ってもらうことを指します。

ゴルフ場をともに周りサポートしてもらうキャディーは、プレイヤーの世話をする役割を担います。よって、アテンドの意味に繋がりますね。

また、ホールが見えないときにフラッグを持ってもらい注目する点では、アテンションの意味に近いかもしれませんね。

 

旅行業・接客業で使われるアテンドの意味

接客業や旅行業界でもアテンドが多用されます。

アテンドはおもにサポート役を通して顧客にさらに満足してもらうためのサービスのことを指します。

旅行会社のアテンドサービス

旅行会社が提供するアテンドサービスというものがあります。アテンドサービスとは、旅行会社の担当者が付き、旅行中に案内をしてくれるほか、各種サポートをしてくれます。

個人のプラベート旅行だけではなく、会社での視察・出張などのビジネス用途でも利用できるのがアテンドサービスの特徴です。

ホテルスタッフのアテンドサービス

ホテルスタッフは、宿泊しに来る客のサポートをおこなうのがメインの業務になります。たとえば、部屋の手配や鍵の管理のほか、荷物持ちや駐車手伝い、客室案内など様々なサービスをおこないます。

こういった客の世話をするという役割を担うホテルスタッフの仕事も「アテンドサービス」です。

また、スタッフ間では「アテンドする」という用語の使い方をするケースもあります。

デパートのアテンドサービス

大手百貨店やデパートでのアテンドサービスもあります。

今では少なくなりましたが、デパートスタッフが客への要望を聞き提案したり、希望の商品が置かれている売り場へ案内したり…といった仕事がアテンドサービスに当てはまります。

普通のスーパーでおこなわれている売り場案内やクレーム対応なども、お客様のアテンドという意味では当てはまるのかもしれません。

 ブライダル業界の「アテンダー」

ブライダル業界には、「介添人(アテンダー)」というスタッフがいます。

主に披露宴や結婚式時に親父の世話をする人のことを指します。

挙式などでは、新婦の服装がとても重要です。ドレスの乱れや細かな要望に対処するためには、担当者としてアテンダーが付き、お世話する必要があります。

 

ビジネスシーンで使われるアテンドの意味・用法とは

ビジネスシーンにおけるアテンドの使われ方は、旅行業やブライダル業界で使われるアテンドよりも使い方があいまいなものになっています。

たとえば、上司の現地視察への付き添いもアテンドですし、取引先、お得意先などの接待もアテンドに含まれます。

なので、とにかく付き添いやサポートが必要なシチュエーションでは「アテンドする」というと意味が通ることになります。

ただし、このような使い方は日本独特のものであることに注意が必要です。アテンドはもともと英語なので、英語圏でも「attend」が用いられることがありますが、その意味合いは異なります。

英語圏における「attend」のビジネスシーンの使われ方は「看護師」「ベビーシッター」など、世話人や介護人などの世話をする職業についている人にサポートしてもらうケースだけです。

たとえば、ベビーシッターに子どもを見ていてもらうことに「attend」を使います。

取引先の上司やビジネス関係の相手をサポートするなら、attendではなく…

  • take care of ~
  • intorduce someone to ~
  • take someone around

などで表現しないと、英語圏で「世話をする」「サポートする」のニュアンスで伝わりませんので、注意しましょう。

 

アテンドの同義語・類義語

アテンドの同義語・類義語としては、先ほど解説した介添人以外にも種類があります。

  • 案内人
  • 世話役・世話人
  • 補佐役
  • 随行員
  • 同伴者

同義語・類義語をおさえておけば、仮にビジネスシーンで「アテンド」を使われても、そのニュアンスが分かるでしょう。

 

アテンドを用いた例文・用法

アテンドを用いた例文・用法

 

ここでは、アテンドを用いた例文を主にビジネスシーンから切り取ってご紹介していきます。自分が使わなくても、ビジネスシーンでは誰かがアテンドという言葉を使うことは十分ありえます。

雑談で使うことはあまりないと思いますが、商談や重要な会議内容で、用語の認識に差があると思わぬ誤解が起きてしまい、判断を間違えるケースもあるので、用法を知っておきましょう。

 

「取引先をアテンドする」

「取引先にアテンドする」とは、「取引先を接待するための準備をする」「取引先をもてなすための用意をする」というニュアンスになります。

たとえば、接待であれば会食の準備や店の確保のほか、道案内や事前連絡、交通手段の確保など、戦法に連絡すべきことはたくさんあります。

アテンドする担当者を決めておけば、それらの業務に間違いがないように管理することもできます。

 

「通訳者・案内係にアテンドしてもらう」

通訳者のサポートを受けたり、旅行や出張などで案内をしてもらったりする場合には、アテンドを受ける側なので「アテンドしてもらう」になります。

アテンドには、付き添うという意味合いがあるため、「付き添ってもらう」というニュアンスになりますね。

 

「ウェディング業界のアテンドスタッフ(アテンダー)に依頼する」

結婚式・披露宴、その他イベントのサポートスタッフはアテンダーです。食事を運ぶスタッフや会場案内のスタッフなど、客をサポートするスタッフはすべてアテンドしていることになります。

また、結婚式や披露宴は演出がとても重要です。

当日の演出のために事前に何度か打ち合わせを行なったり、新郎新婦の要望をヒアリングしたうえで準備を開始するのも、アテンドに含まれます。

 

「アテンドナースに同伴してもらう」

アテンドナースは旅行に同伴してツアー団体客の看護をおこなう看護係のことです。ツアー客と一緒に旅行先に出向き、ケガや病気などの看護を担当します。


ここまで、アテンドの様々な用法について解説してきました。

今回ご紹介したアテンドの用法以外にも、ビジネスシーンを中心に用いられるタイミングがきっとあると思います。

特に、得意先や取引先との関係性を保つための仕事をしている方にとっては、耳にすることが多い用語かもしれません。

ただし、微妙にニュアンスが間違っていたり、ニュアンスが伝わりきれていないケースもあるので、ビジネスシーンで正確なコミュニケーションをしたい場合には、アテンドを避けて他の言葉で言い換えたほうが無難です。

 

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ

 

ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

 

1 転職サイト選びは慎重におこなう

これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。

転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。

しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。

転職サイト選びに悩んでしまう理由は、「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。

下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。

転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

2017.12.25

 

2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する

転職活動を始めたいけど、なぜか不安…そんなふうに思っている人が最初にやるべきことは「転職活動の全体の流れ」をおさえること。

たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。

それと同様に、転職活動も全体の流れを通して学び、その上で実際に始めることで、成功率が格段にアップします。

余計な不安を感じずに、前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。

おすすめ記事:【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

2017.12.25

 

3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。

ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。

忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。

もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。

下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。

ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

2017.12.25

 

まとめ|アテンドの意味を正確に知ろう!

まとめ|アテンドの意味を正確に知ろう!

今回は、アテンドの意味や定義のほか、具体的な用法・使い方について解説してきました。

アテンドという言葉は微妙なニュアンスが含まれやすい言葉なので、自分で使う場合だけではなく、上司や同僚からアテンドという言葉を使われたときにも注意が必要です。

今回の記事内容を参考に、アテンドの用法についてしっかりおさえておきましょう。

スポンサードリンク