歯科衛生士の仕事が大変?働き続けても決して楽にはなりません!

歯科衛生士の仕事が大変?働き続けても決して楽にはなりません!
スポンサードリンク

「歯科衛生士の仕事が大変…」「仕事がきつすぎて辞めたい」と感じている歯科衛生士の方は多いようです。

特に、個人開業医のもとで歯科衛生士として仕事をしていると、人間関係の密接さや医院の雰囲気などが「合わない」と感じる方も多いでしょう。

長く働いている分、悩みがあっても「自分の実力・配慮が足りないせいだ」と感じてしまっていませんか?その感覚はとても大事ですが、悩みの原因はあなた自身にない可能性が高いです。

今回は、仕事が大変で悩んでいる歯科衛生士の方に向けて、歯科衛生士が悩みがちなことや、悩んでいる歯科衛生士が転職すべき理由について解説しています。

この記事を読むことで、歯科衛生士としてより働きやすい職場を見つけるための方法を知ることができます。ぜひ参考にしてください。

ぼっち

歯科衛生士の仕事が辛くて辛くて…もう辞めたいレベル…

はかせ

そんなに悩んでいるのか…

でも、仕事が大変である原因を自分のせいにするのは間違っている場合も多いんじゃ。

まずは、歯科衛生士が悩みがちなことについて学んでいこう。

歯科衛生士は大変?悩みがちなことは「職場の人間関係」

歯科衛生士は大変?悩みがちなことは「職場の人間関係」
ぼっち

はぁ…仕事、本当に大変だわ…

はかせ

そうか…実際、自分で解決できることなんてほとんどないに等しいからな…

しかし、自分がどんなことで悩んでいるのかを整理することも大切じゃぞ。

まずは、歯科衛生士が仕事で悩みがちなことについて、しっかり知っておくんじゃ。

歯科衛生士は大変と感じるのは、どんなときでしょうか?

ここでは、代表的な歯科衛生士の悩みについて紹介しています。

<歯科衛生士が仕事で悩むこと>

1 人間関係が辛い

歯科医院で働く上で最も大変なことは、歯科医師・ほかの歯科衛生士や歯科助手、その他スタッフとの人間関係でしょう。

歯科衛生士として働く職場の規模で大きく状況は異なりますが、一般的に個人開業医の衛生士として働く場合が多いため、「狭い空間で密なコミュニケーションを取る」仕事がほとんどを占めます。

また、医院のコンセプトや他スタッフの性格によって雰囲気も大きく変わります。

そのため、「自分に合う/合わない」という状況がカンタンに起こりうるのではないでしょうか。

2 拘束時間が長い・業務が多忙である

前提として、「現場による」のですが、基本的には歯科衛生士の仕事は多忙です。

特に、少人数で仕事を回している現場だったり、人手不足が続いている職場での忙しさに精神的・体力的な疲労が溜まっている方も多いのではないでしょうか。

少人数規模の医院の場合は、歯科衛生士が助手や受付スタッフの役回りを担うこともあります。この場合、本来の仕事以上に業務量が増え、「大変」と感じている方も多いでしょう。

このような状況だと、自分の都合に応じて有給を消化することができないどころか、通常の休日も少ない・取りづらいといったことも十分起こりうるでしょう。

3 「患者=お客様」だからこその悩みがある

歯科衛生士に限らず、医療現場に従事する仕事の場合、「お客様」はイコール「患者」です。

患者に対する医院や歯科衛生士の責任が大きいため、一般企業よりもさらにデリケートな対応が求められることが多いでしょう。

そのため、ときには理不尽なクレーム・苦情が発生し、納得のかない「言いがかり」のような文句にも対応せざるを得ない場合があります。

ここまで、歯科衛生士の方が仕事で「大変」と感じる悩みについて解説しました。このほかにも、もっと具体的なケースで悩んでいる方も多いかもしれません。

ただし、どんな理由であっても、「あなた一人で悩みを解消する」ことには限界があります。

下記では、仕事が大変と感じる歯科衛生士の方が、具体的にどのような方法で悩みを解決するべきかについて解説しています。

歯科衛生士の悩みは「転職」すれば解決します!

歯科衛生士の悩みは「転職」すれば解決します!
ぼっち

悩みはほとんどの場合、自分だけじゃ解決できないよね。。。

特に、人間関係の悩みは、自分が辞めるか、相手が辞めるかしかないもんなぁ。

はかせ

そうじゃな。

ただ、そう悲観的になる必要もないんじゃ。歯科衛生士の求人は想像以上に多いし、転職する方法も整っている。

「歯科衛生士の仕事が大変」と感じている方の中には、もうすでに歯科衛生士の仕事に魅力を感じたり、やりがいを感じたりする気持ちの余裕はない場合が多いのではないでしょうか。

その気持ちを「甘え」などと言う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

特に、仕事の忙しさや人間関係の煩わしさを解消するためには、あなたの努力や我慢よりも「職場を変える」ことが必要です。

さきほどご紹介した歯科衛生士が抱きがちな悩みは、ほとんどの場合「自分一人」で解決することは不可能です。そのため、あなたがもっと気持ちよく働ける職場を目指し転職することが最も良い方法なのです。

では、実際に悩まず気持ちよく働ける職場を探すためには、どのような方法で転職すべきなのでしょうか?

悩みを持つ歯科衛生士の転職はエージェントがおすすめ

悩みを持つ歯科衛生士の転職はエージェントがおすすめ
ぼっち

悩みを解決するためには、転職することがイチバンの方法だってことは理解したよ。

でも、転職活動って不安だし、失敗しそうで嫌だな〜

はかせ

不安な気持ちは分かるぞ。

しかし、転職エージェントを活用して転職活動をスタートさせれば、自分の求める環境の職場を探すことは十分に可能なんじゃ!

歯科衛生士が転職活動を始める場合、転職エージェントは下記の理由からイチバンにおすすめできます。転職が不安な方こそ、下記のメリットをしっかりおさえておきましょう。

<転職エージェントのメリット>

  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • その他の相談でも親身にサポートしてくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成)
  • 時間がかかる転職活動でもサポートしてくれる
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)

青文字で記載しているメリットは、転職活動で最も必要なサポートではないでしょうか。

特に、転職先の内部情報を教えてくれたり、自分の求める条件(休日のとりやすさ・給与など)に合った求人を紹介してくれる点は、「良い職場」を見つけるためにイチバン大切なことですよね。

エージェントは無料で登録できますし、最後までお金を取られることはありませんから、活用しない手はありません。

では、転職エージェントを活用した転職活動の流れについて見ていきましょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

歯科衛生士の転職で活用すべき転職サービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)
  • 面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。
  • 自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。
ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

おすすめ記事:【お得な情報が見つかる】「歯科衛生士」におすすめの転職サイトTOP5

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

まとめ|歯科衛生士の転職を成功させよう

まとめ|歯科衛生士の転職を成功させよう
はかせ

仕事の大変さのほとんどは「職場」に原因がある!

ネガティブになりすぎず、しっかり今の自分の現状を見直すことが大切じゃ!

ぼっち

わかったよ、はかせ!まずは「転職エージェントに登録」だね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、仕事が大変で悩んでいる歯科衛生士の方に向けて、歯科衛生士が悩みがちなことや、悩んでいる歯科衛生士が転職すべき理由について解説してきました。

歯科衛生士は、これからもさらに求められる仕事です。ですから、今の職場よりももっと働きやすい職場で、年収アップやキャリアアップを目指すことこそ、本当に大切なことなのです。

今回の記事を参考に、ぜひ転職活動を成功させてください。

スポンサードリンク