言語聴覚士の転職活動が不安?求人を探す前に知っておきたい情報

言語聴覚士の転職活動が不安?求人を探す前に知っておきたい情報
スポンサードリンク

言語聴覚士として転職したいと考えている方の中には、具体的な転職活動の方法や、転職先の探し方がよくわからず、転職に二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、転職先が決まっていない言語聴覚士の方や、転職活動に不安が大きい言語聴覚士の方に向けて、言語聴覚士の転職先や転職活動のポイントを解説していきます。

今回の記事を参考にすることで、余計な不安を抱えること無く転職活動を進めることができます。

ぼっち

言語聴覚士の経験を活かして転職しようと考えているんだけど…

転職は何となく不安なんだよね…。

はかせ

ぼっちよ、大丈夫じゃ!

まずは、言語聴覚士にはどんな転職先があるかを確認しておこう!

そのあと、具体的な転職方法を学んでいくのじゃ!

 

 

言語聴覚士が資格を活かせる転職先一覧

言語聴覚士が資格を活かせる転職先一覧
ぼっち

言語聴覚士の資格を活かして働ける職場って何があるのかな??

はかせ

幅広く転職先の選択肢が選べるように、ここで言語聴覚士の代表的な転職先について調べておこう!

1 医療機関(病院・クリニック)

病院・クリニックなどの医療機関で働く言語聴覚士が最も多いでしょう。

交通事故や病気によって言語機能に悪影響があった患者さんに向けて言語能力・コミュニケーション能力・摂食嚥下能力の治療を行う求人が多いです。

医療機関への転職は難しいですが、医療関係の求人を取り扱う転職サイトを活用すれば、求人を探すことができるでしょう。

 

2 保健センター・保健所

行政サービスである「保険センター」「保健所」で勤務する言語聴覚士の方も多くいます。

保健センターでは、医療機関で行うような治療・リハビリ業務ではなく、たとえば子どもの保護者による言語発達・コミュニケーションに関する相談役になることが主となる業務です。

保健所では、保健センターと同じ相談業務のほか、病気や事故による後遺症に悩まされている方々へのアドバイス・相談、高齢者の加齢による聴覚障がいといった悩みに対応します。

どちらの場合も、言語聴覚士としての経験・スキルを活かした業務になりますので、地域で言語聴覚士の仕事を探したい方は求人情報誌などで探すことが望ましいでしょう。

ただし、求人数がもともと少ないというデメリットがあります。

 

3 ことばの教室

言語能力やコミュニケーションに障がいを持つ子どもたちに対して、能力発達の支援を行う業務を行うのが「ことばの教室」です。

ことばの教室に来る子どもたちの症状には、吃音症や難聴などがあります。よって、言語聴覚士の知識・スキルが求められる職場です。

言葉の教室も、求人はあまりないのが現状です。ST向けの求人を多数掲載している転職サイトや、求人紹介をしてくれる転職エージェントを活用した求人探しをおすすめします。

 

4 特別支援学校(養護学校)

「特別支援学校」とは、障がいを持っている子どもたちを教育する機関の総称です。言語聴覚士は、特別支援学校のうち「ろう学校」などの職場で働くことが多いようです。

特別支援学校へ正社員として転職するためには、「特別支援学校教員」の資格が必要なため、言語聴覚士の資格を持っているだけでは転職することができない点に注意しましょう。

 

5 教育センター

「教育センター」では教育に関する様々な事業を行っています。その一環として、言語能力やコミュニケーション能力の発達支援を行う教育センターでも、言語聴覚士が求められています。

特別支援学校で働くときのように資格が必要なわけではありませんが、教育現場で働く教員としての仕事になるため、言語聴覚士との役割とは異なる業務も多いでしょう。

そのため、「教育に携わりたい」と考えている言語聴覚士の方が転職すべき業種になります。

 

6 障がい者福祉施設・障がい児療養施設

障がい者福祉施設・障がい児療養施設において働く言語聴覚士は、医療機関で働く言語聴覚士と同じく需要があります。

福祉施設・療養施設では、障がいによって言語能力やコミュニケーション能力の発達が困難になっている施設利用者に向けたリハビリを行います。

また、福祉分野の求人には専門の転職サイトがあるため、求人も探しやすいでしょう。下記でご紹介している転職サイトを通して求人を探すことをおすすめします。

 

7 老人保健施設

老人保健施設では加齢による言語能力・聴覚能力・コミュニケーション能力に障がいが生じたり、病気によってリハビリが必要になった高齢者の方々にリハビリを行う言語聴覚士が求められています。

医療分野と介護福祉分野の両方を満たす環境ですので、介護業界でキャリアを積んでいきたい方は、老人保健施設へ転職すべきでしょう。

介護福祉分野には専門の転職サイトがあるため、それらを活用した転職活動をおすすめします。


ここまで、言語聴覚士が転職活動を成功させるポイントについて解説しました。

転職活動では、まず自分がどのような転職先を選ぶかを決め、その後に具体的な転職活動の流れを知る必要があります。

下記では、言語聴覚士が転職活動を始めるにあたって必要なポイントをまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

言語聴覚士が転職活動を成功させるポイント

言語聴覚士が小児科への転職活動を成功させるポイント
ぼっち

…でも、実際に転職活動を進める方法がよくわからないな…

はかせ

大丈夫じゃ!

「転職活動でやるべきこと」を整理しておこう!

下記では、転職活動で必ずやるべきことを説明しています。

すべて参考にして頂き、スムーズに転職活動を進めていきましょう!

 

1 条件を明確にする

転職活動で最も大切なことは、転職先に求める条件を明確にすることになります。

条件とは、下記のポイントです。応募する求人を決める前にしっかり考えておきましょう。

  • 「給与」「勤務地」「休日」などの待遇条件
    ⇒募集要項をよく見る
  • 社風や人間関係などの職場環境
    ⇒職場見学・エージェントに教えてもらう
  • 仕事内容や任される業務の範囲
    募集要項・会社HP・エージェントに教えてもらう

転職エージェントでは、紹介してくれる職場の社風や上司の特徴などの独自データを持っている場合がほとんどです。

転職後に「イメージと違った職場だった」ということがないように、あらかじめ転職先に求める条件を整理した上で、応募する求人を決めましょう。

 

2 面接対策を行う

面接対策は、採用面接を突破するために必ず行うべき準備です。

就職活動のとき以上に、業務経験や具体的な仕事のスキルなどについて質問されることが多いため、必ず事前に準備しておく必要があります。

面接対策は、下記のポイントに沿って行いましょう。

  • 自己PR
    ⇒あなたの経験・スキル・資格を整理しておく
  • 職種の志望動機
    ⇒なぜ言語聴覚士として働きたいのか?
  • 会社を選んだ志望動機
    ⇒他の会社ではなく、なぜこの会社なのか?

面接対策は、転職エージェントがサポートしてくれます。

一人で転職面接対策をすることに不安を持っている方は、エージェントにサポートしてもらいながら面接準備を行いましょう。

 

3 退職手続きの準備をしておく

退職手続きは、今の仕事を円満に辞めるために最低限行うべき準備のことを指します。

手続きのやり方を知っておくと、転職で余計なことに悩んでしまうのを避けることができます。

  • 退職する旨を上司に伝える
  • 退職届・退職願を会社に提出する
  • 書面の手続きを行う

退職手続きは、実際に転職活動を始めてからでも遅くありませんので、焦る心配はありません。

書面の手続きで必要なものは、下記のとおりです。

会社に返却するもの

  • 健康保険証
  • 社員証明書
  • 制服・備品など

会社から受け取るもの

  • 源泉徴収票(転職先での申告や年末調整に必須)
  • 雇用保険被保険者証(雇用保険を受け取る際に必要。1年以内の転職なら雇用期間が通算になる。)
  • 年金手帳(14日以内に転職先が決まっている場合:転職先で年金加入に必要。転職先が決まっていない場合:退職後14日以内に国民年金に自身で加入する)
  • 離職票(失業給付やハローワークに提出する場合必要。一般的には退社後送付される。)

手続きは煩雑ですので、心配な場合は転職エージェントや今の職場の信頼できる上司、会社の窓口に相談しておきましょう。

 

4 転職エージェントを活用する

優良企業への転職を目指すのであれば、転職エージェントを必ず活用すべきです。

転職エージェントを使えば在職しながら転職活動ができるので、リスク無しで転職したい求人を見つけることができます。

転職エージェントのメリットは、下記にすべてまとめています。

転職エージェントのメリット

  • 利用は無料
  • 自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる(何度でも)
  • 転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内情、給与の相場)
  • 面接や入社日のスケジュールを代行してくれる
  • 転職活動の手続きをサポートしてくれる(履歴書などの作成・面接対策)

つまり、あなたの転職をすべて無料でサポートしてくれるのが、転職エージェントになります。

転職エージェントは、あなたが求人に採用されることで利益を得るため、正社員転職を目指すあなたと目的は同じです。

大手エージェントであれば、「無理やり転職させられる」「ブラックな職場を紹介される」といったこともないため、安心して活用できるでしょう。

また、転職エージェントは4つ以上登録して使い分けると、転職成功率がアップするデータがありますので、複数のエージェントに登録しておくと良いでしょう。

下記では、転職エージェントに登録したあと、どのように転職活動が進むのかを解説しています。

使うのが少し不安な方は、まず最初に「登録後の流れ」を参考にしましょう。

 

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ
ぼっち

転職エージェントに登録したあとって、どんな感じで転職活動が進むの?

はかせ

大まかに流れをつかむために、「転職エージェントに登録後〜内定」までの流れを紹介しておくぞ!

転職エージェントに登録したあとの流れは下記の通りです。

転職エージェントごとに若干の違いがありますが、情報入力後にエージェントから連絡が来る点は同じです。

<転職エージェント登録後の流れ>

  1. 個人情報入力を入力したあと「転職相談」の日程調整の連絡が来る(一週間程度)
  2. 担当のエージェントと転職相談を行う。(対面か電話)
  3. 相談内容を踏まえてエージェントから求人紹介の連絡が来る
  4. 求人を選ぶ(希望するものがない場合は2へ)
  5. 面接の日程調整・履歴書や職務経歴書の作成をエージェントがやってくれる
  6. 面接対策・内定を得るためのアドバイスをもらい、面接を受ける
  7. 入社日・給与などの待遇交渉をエージェントが行ってくれる

決まったタイミングでしか相談ができないわけではありません。

場合に応じて、こちらから連絡することもできます。また、今の職場を辞めるための相談なども受けてくれます。

 

言語聴覚士の転職で活用すべき転職サービス

転職実績No.1『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

出典:https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

 

介護・福祉・看護の転職・求人サイト『ツクイスタッフ』

出典:https://www.tsukui-staff.net/

『ツクイスタッフ』の特徴

全国33支店で運営しているため、地域に密着した求人情報が豊富で求職者のニーズを幅広くカバーすることができます。

介護資格を持ったキャリアアドバイザーが多数在籍し、専門知識をもって求職者をしっかりフォローしています。

どんな人にオススメ?

  • すでに働いているが転職を考えている方。
  • ブランクがあり、仕事復帰を考えている方。
  • 多数の掲載求人から自分の志望している条件を探したい方。

ぼっち

転職エージェントって、ひとつ登録しておけばいいの?

はかせ

転職エージェントは複数活用することで最も転職成功率がアップするデータがあるんじゃ!

下記の記事に掲載されているエージェントのうち、2つ〜4つのエージェントに登録しておくと良いじゃろう!

複数の転職サービスを活用して、転職を成功させるんじゃ!

 

まとめ|言語聴覚士の転職を成功させよう

まとめ|言語聴覚士の転職を成功させよう
はかせ

転職エージェントを使えば、自分に合った求人を見つけることができるじゃろう!

ぼっち

わかったよ、はかせ!

まずは「転職エージェント」に登録してみるね!

…それにしても、はかせはどんな仕事をしているの?

はかせ

それはお母さんに聴きなさい。

今回は、転職先が決まっていない言語聴覚士の方や、転職活動に不安が大きい言語聴覚士の方に向けて、言語聴覚士の転職先や転職活動のポイントを解説してきました。

言語聴覚士の転職活動では、転職先を決め、求人を多くの選択肢から吟味することが大切です。

今回の記事を参考に、転職活動をぜひ成功させてくださいね。

スポンサードリンク